挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ノブ&ユウ長編ミステリーシリーズSFバージョン「トゥシー イントゥザ ヒューチャー」

ユーペリオン

作者:奈備 光
美貌の政府職員が殺された。事件を解決する間もなく、次々に起きる奇妙な事件。その黒幕とは。地下200メートルの世界で繰り広げられる、得体のしれない相手との新たな戦い。
地球に帰還した最後の人類三千人が、その存続を賭けて希望のない戦いに臨みます。
絶望の中、最後の戦術は。人類は絶滅するのか。
そして、最後に残った謎は解き明かされ、数百年に渡る旅の結末はどのように締めくくられるのだろうか。

「ノブシリーズ=生駒&優 長編ミステリー小説シリーズ8」
※「ニューキーツ」から続く、長編SFミステリー4部作「トゥシー イントゥザ ヒューチャー」の最終編にあたりますので、この作品を読んでいただく前に、「ニューキーツ」「サントノーレ」「パリサイド」の順にお読みくださった方が楽しんでいただけると思います。

では、よろしくお願いいたします。
プロローグ
プロローグ
2015/12/21 20:20
もうひとつのプロローグ
2015/12/27 18:30
1章
1 賢明なチョイスね
2015/12/31 17:10
2 金髪ポニーテール
2016/01/02 11:46
3 あの頃に戻りたい?
2016/01/05 19:32
4 パーティのオープニング
2016/01/11 21:58
5 仕事場の噂話
2016/01/20 17:52
6 溶けていく時間
2016/01/24 21:32
7 君の手を離したくないがね
2016/01/27 18:33
8 署長がお呼びです
2016/02/03 18:13
9 議事録にはどう書いてあったのでしょう
2016/02/06 19:43
10 ごめんね、ンドペキ 偉そうなこと言って
2016/02/11 16:21
2章
11 レイチェルの命令
2016/02/12 20:51
12 あいつ、なかなか一癖ある
2016/02/18 22:20
13 そんな気持ちだからダメなのよ
2016/02/21 19:07
14 不安定でもどかしくて……
2016/02/29 20:02
15 もう騙されないわ
2016/03/05 22:02
16 歩き続けなくちゃ
2016/03/11 23:26
17 ここって留置所?
2016/03/14 20:08
18 あんた、助かったんだよ
2016/03/17 21:21
19 反抗期ってことで
2016/03/24 20:02
20 「もう少し待って」だから、何を?
2016/03/31 20:53
21 野菜炒め、やっといて!
2016/04/01 19:45
3章
22 あの時のような告白?
2016/04/03 18:45
23 イメージトレーニングは終了
2016/04/05 23:01
24 おいおい。置いて行くなよ!
2016/04/08 22:28
25 自分のモテ期の話をする奴
2016/04/13 21:49
26 やったね! きっとマスターが勝つよ!
2016/04/16 20:51
27 ターゲットねえ……。それって……?
2016/04/18 20:40
28 ああ、なんて間抜けな私!
2016/04/20 20:40
29 VVVV!
2016/04/25 21:18
30 現在の状況をどう見ますか?
2016/04/29 22:17
31 みんな押し流されてしまう!
2016/05/01 19:06
32 雨は降ってないみたいだけど……
2016/05/04 20:01
33 戻るって、どうやって
2016/05/06 20:59
34 ここから先に行くわけにはいかない!
2016/05/08 20:50
35 君の話は後回しでもいいかい?
2016/05/13 22:24
36 単刀直入に聞こう
2016/05/18 19:51
37 アンドロですから
2016/05/23 19:42
4章
38 いや! ちょっと待て!
2016/05/26 20:57
39 この人、そっちに行っちゃって
2016/05/27 20:45
40 十分急いでいるし、それにもうすぐや
2016/05/28 19:21
41 お菓子の類も頼みます
2016/06/08 20:43
42 私が、ではなく人類が
2016/06/09 22:13
43 睡魔にも襲われるだろうから
2016/06/10 21:05
44 奴が作り出したものかなって
2016/06/13 20:32
45 重要なファクターになるような気がする
2016/06/17 20:32
46 いわば、自分と同類項
2016/06/22 22:19
47 じゃ、行ってみるか
2016/06/26 20:50
48 パリサイドはキスもできないのか?
2016/06/30 21:49
5章
49 風を感じる!
2016/07/02 18:57
50 いやだ! 私も行く!
2016/07/06 18:13
51 もう、息もできないわ
2016/07/07 21:16
52 それにお前は誰だ?
2016/07/10 18:51
53 どっちを向いとんじゃ!
2016/07/11 19:53
54 カシオペア座と北斗七星で
2016/07/15 21:00
55 出来損ないの親だったんだ
2016/07/17 20:23
56 ちょっとだけでいい! 時間をくれないか!
2016/07/20 21:33
57 お尻を出しなさい!
2016/07/22 20:08
58 娘さんの反応って?
2016/07/24 19:22
59 あんたは俺に何をくれる?
2016/07/28 19:03
60 俺が前に言ったこと、覚えているか?
2016/08/04 22:03
61 私は私だ
2016/08/06 16:51
62 ナイフとコロン
2016/08/08 22:34
63 シャワーも浴びずに僕はベッドに潜り込み
2016/08/09 19:51
64 きっと、男の嫉妬じゃないか
2016/08/12 20:28
65 それはお前のでまかせか?
2016/08/13 09:44
66 手間が省けましたな
2016/08/20 21:08
6章
67 気持ちは古臭いけど、この体はいたって若い
2016/08/21 21:05
68 誰かがキスをしたらおとなしくなるとか
2016/08/22 21:21
69 ご命令とは?
2016/08/24 22:28
70 私たち家族にとって神聖ともいえる場所
2016/08/25 18:35
71 プレッシャーを掛けるなよ
2016/08/26 20:54
72 ああ、じれったい!
2016/08/28 17:03
73 実況中継
2016/08/31 20:34
74 思いの丈をぶつけなさいよ
2016/09/02 18:31
75 ほら! 足元をちゃんと見て!
2016/09/03 21:21
76 血の池地獄や針の山なんてない
2016/09/04 17:21
77 ストレスによる突然死
2016/09/06 22:19
78 どう気をつけたらええんや?
2016/09/07 20:48
79 想像しただけで、脂汗が出てきた!
2016/09/08 20:53
80 その身体、気に入ってるか?
2016/09/10 21:02
81 思い付きでやってるんやないか
2016/09/13 22:11
82 そんな昔のことを根に持って
2016/09/15 19:01
83 闘いは始まっている
2016/09/17 20:10
84 もういい加減、結論を
2016/09/18 21:14
85 まあ、いじわる作戦ともいう
2016/09/20 22:01
7章
86 楽観的にいこう
2016/09/22 19:32
87 どけ! どけ! どけ!
2016/09/25 22:59
87 一掬いだがにゅーめんまで入っている
2016/09/28 21:11
88 ダメダメダメダメ! 絶対にダメ!
2016/09/29 21:07
89 役に立たないけどお守りみたいな存在
2016/09/30 22:35
90 そんなチャラい話で
2016/10/01 18:15
91 さあ、二人とも、もう寝なさい
2016/10/02 19:37
92 俺達アンドロにゃ、さっぱりわからんよ
2016/10/03 21:15
93 私のアイデンティティに関わるものやから
2016/10/05 19:49
94 チョコレート、あれは台無しだな
2016/10/07 21:26
95 消えるんじゃないぞ!
2016/10/08 21:49
96 何を言ってるんだ! チョットマ!
2016/10/10 20:22
98 あなたはあなただから
2016/10/11 19:46
99 すべての感情、すべての感覚、すべての記憶、すべての想い
2016/10/12 18:45
8章(解決編)
100 はっ! 図々しい!
2016/10/13 21:41
101 遅刻したかも!
2016/10/14 21:08
102 私、間違ってないよね
2016/10/17 21:46
103 言わなくてもいいことだったのでは
2016/10/20 21:55
104 お父さん、頑張って
2016/10/22 21:13
105 話をややこしくしようとしてないか
2016/10/25 22:17
106 死体がなぜそこにあるのか
2016/10/27 20:44
107 どうぞ、その先を
2016/10/31 21:12
108 やっぱり分かる?
2016/11/03 22:46
エピローグ
ちょっと悲しいだけ……
2016/11/05 19:50
cont_access.php?citi_cont_id=747048065&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ