挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

フラワーアルケミストと異世界旅行

作者:此峰 優
 両親を無くした孤独な少年、龍ヶ谷竜之介。
 母は病で倒れ、機械考古学者である彼の父親は突如行方不明になってしまった。

 孤独な毎日にやることは、父親の影響なのか勤勉や体の鍛練…あとゲームと言ったところ。
 ある日父親の部屋で見つけた二冊の本によって、彼は一人の少女に出会うことになる。

 出会った理由は…彼女が俺を偶然召喚しちゃった!?

 しかも召喚した彼女はこの世界でたった一人の錬金術師!?

 同じく両親を失った少女フィオラと出会った異世界で、何故か父親の痕跡を見つけることとなる竜之介。

「親父は…この世界に来ていた…?」



 世界各地にある大陸で、様々な仲間と共に旅をし、目的の物を求めて危険を犯し…達成感に浸る。
 困っている人が居れば少年は助け、少女の力は奇跡を振り撒く。

 異世界に馴染む中、道を切り開き、周りを助ける竜之介の武器は…機械や現実世界、ゲームでの知識…そしてその物だった。



 母の形見に閉じ込められた力、賢者の花の恩智。

 世界を彩る花や植物の危機。

 異世界に巣くい、少女を狙う影の者達。

 色んな人間と出会い、旅をし、異世界の果てで得た真実とは…


 これは母の大切な花をもう一度咲かせたい少女と異世界に父親の痕跡と夢を追い求める少年の物語。

 母の形見を握りし少女は異世界に何を願う。

 父の背中を追う少年は何を求める。

 いつしかそれは二人を繋ぐ真実になる。


 異世界錬金術ファンタジーここに開幕!
 ギャグもあるよ!(重要


※注意だよ!※

※主人公が例の如くまさに卑怯なほどチートです。あとウザイ。
チートかよぉwwって方は読まないことをおすすめいたします。

※話が長引いてしまったりする可能性があります。

※一ページ1500~4000文字相当を想定して書くつもりですが変動する可能性があります。

※何分小説を書くのが初心者のゴリラなので、人肌に暖めたミルクより少し冷めたくらいの目で見てください。

※場所の違い、視点の描写、文法等、曖昧な部分が表れますが、そこは600W位のレンジで1分程暖めて見てください。

※いい大人が中二病末期で描く作品です。
黒歴史待ったなしですので強火の火を掛けてから落し蓋をして見てください。

こんなのでも宜しければ見てください!
お願いします!何でもしm
運命の始まり
2017/09/25 01:28
一人の少女
2017/09/26 05:01
騒がしい訪問者
2017/09/28 04:58
超常の力
2017/09/29 03:42
錬金術?
2017/09/30 02:17
動物にして植物
2017/10/01 02:43
少年の知らない世界
2017/10/02 03:15
偶然のX乗
2017/10/03 01:38
引っ越し先は異世界
2017/10/04 02:36
また明日
2017/10/05 03:06
夢で夢を見る
2017/10/06 02:20
優雅な朝食
2017/10/07 03:32
見せたい記録と苦い思い出
2017/10/08 02:37
二人の夢は過去を背負って
2017/10/09 03:30
文字の習得
2017/10/10 19:26
明日に備えて
2017/10/10 23:49
奇妙な運命辿るべき真実
2017/10/11 03:53
それもまた偶然そして夢
2017/10/12 03:09
東の大陸の街
2017/10/13 00:36
竜之介流実演販売
2017/10/13 04:58
目的達成一段落
2017/10/14 02:08
食事処の元気な少女
2017/10/15 02:18
若き料理長
2017/10/16 02:00
依頼のために
2017/10/17 02:00
準備完了
2017/10/17 22:30
東の森
2017/10/18 02:24
森を抜けて
2017/10/19 02:28
東の湖、湖面に浮かぶ花
2017/10/20 02:00
巨大な影
2017/10/21 01:59
逃走
2017/10/22 03:10
チャンスを待つ
2017/10/23 01:47
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ