挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

理想の王子様なんていなかったので、自分で目指すことにしました。

絵本のような王子様に憧れていた幼いレイリアは、実在の王子と婚約したことで、その幻想を粉々に打ち砕かれてしまう。

理想とする王子様なんて、現実ではいなかったんだ。……ならば、私が理想の王子様を目指そう。

それから約十年……レイリアは全寮制魔法学園で、「白薔薇の君」と呼ばれ持て囃される、女の子達憧れのヒーローになっていた。

初恋を拗らせて斜め上方向に行ってしまったレイリアと、そんなレイリアに子どもっぽく突っかかる婚約者アルファンスが繰り広げる、青春ラブコメ(予定)。

※完結に伴い、感想欄を受付再開しました。
序章
打ち砕かれた幻想の末に
2016/09/30 21:16
白薔薇の君
2016/10/01 08:13
ライバル(?)は婚約者
2016/10/01 12:58
守護獣の召喚
2016/10/01 21:10
アルファンスの召喚
2016/10/02 08:30
レイリアの召喚
2016/10/02 13:20
ユニコーンとの契約
2016/10/02 20:37
ミーアの悩み
2016/10/03 21:09
第一章 初恋の呪い
アーシュ・セドウィグという男
2016/10/04 22:22
初恋の呪い
2016/10/05 21:27
忘れていく記憶と、覚えている人
2016/10/06 23:10
「あの人」の正体
2016/10/07 10:01
精霊学の先生
2016/10/08 22:31
ウンディーネの実態
2016/10/09 10:33
レイリアの決意
2016/10/10 22:48
目と耳を借りて
2016/10/11 23:38
ウンディーネとの対峙
2016/10/12 23:51
VS ウンディーネ
2016/10/14 00:02
助けに来た王子様
2016/10/15 00:19
ウンディーネの危機
2016/10/15 23:44
アーシュの回想
2016/10/16 21:38
まるでそれは水の中に落ちるように
2016/10/17 23:21
溺れ、堕ちる
2016/10/18 23:16
解決と引っかかり
2016/10/19 23:31
愛される人
2016/10/20 21:33
夢で見る過去
2016/10/21 23:49
彼が奪われた物
2016/10/22 21:30
アーシュのお願い
2016/10/23 22:17
ミーアとアーシュ
2016/10/24 21:48
ミーアの「愛」
2016/10/25 12:31
ミーアの婚約
2016/10/26 23:40
「覚悟しろ」
2016/10/27 22:41
第二章 片想いな対抗心
剣の授業
2016/10/28 23:18
ザイード・レパーディアという男
2016/10/30 10:12
ヘルハウンドの正体
2016/10/30 22:51
学園教師の胸の内
2016/10/31 23:45
悪魔の定義
2016/11/01 23:58
光属性の教師
2016/11/03 11:50
「理想」の教師
2016/11/03 23:38
巻き込むなら
2016/11/05 11:29
葛藤の理由
2016/11/05 23:21
みえてきた物
2016/11/06 23:27
開幕
2016/11/08 00:05
戦闘開始
2016/11/08 23:50
上級魔法が使えないなら、頭を使いましょう
2016/11/10 23:23
レイリアの闇
2016/11/12 22:31
闇を受け入れる
2016/11/14 23:26
決着
2016/11/16 00:14
交錯するそれぞれの想い
2016/11/17 00:05
君を、信じるよ
2016/11/19 21:03
ザイードの闇
2016/11/21 00:04
井の中の蛙
2016/11/22 00:18
認めたくない羨望と、膨らむ妬心
2016/11/23 11:59
目指すべきもの
2016/11/24 00:00
望む未来に必要なもの
2016/11/26 00:05
新しい絆
2016/11/26 23:57
かつて見えていなかったこと
2016/11/27 23:44
第三章 はりぼての理想
薄紫の手紙
2016/11/30 00:02
マーリーンの過去
2016/12/01 23:48
消えた手紙と謎の傷
2016/12/03 12:05
手紙の主
2016/12/04 10:05
カーミラ・イーリスという少女
2016/12/04 23:59
トラドル地方の豪雨
2016/12/07 00:30
三つ目の傷
2016/12/08 00:12
マーリーンとの約束
2016/12/10 00:30
三つ目の呪い
2016/12/11 12:18
破られた約束
2016/12/12 00:07
「偽善者」
2016/12/13 00:05
一人は、淋しい
2016/12/15 00:09
君と友達になった日
2016/12/16 00:43
風の高位精霊
2016/12/17 14:59
蓋の下のアフェの実
2016/12/18 13:30
最善の手助け
2016/12/19 00:18
伝言鳥
2016/12/21 00:25
親の心子知らず
2016/12/23 11:10
目的と手段
2017/01/30 23:11
四つ目の朝
2017/02/01 23:35
温かい手
2017/02/08 23:01
見えない手
2017/02/14 23:18
偶像の愛で方
2017/02/21 23:35
君を守るよ
2017/02/27 23:26
まずは頭を使いましょう
2017/03/07 23:52
幸福な子ども
2017/03/15 23:09
エルド・イーリスの事件
2017/03/19 00:11
守れ、なかった
2017/03/22 23:38
完成する逆五芒星
2017/03/23 23:31
一本に繋がる
2017/03/25 00:25
四つ目の不幸の理由
2017/03/27 23:57
許せない人
2017/03/29 00:00
世界をあげる
2017/03/30 23:10
幕切れはあっけなく
2017/04/01 11:41
不幸な子ども
2017/04/02 23:18
白昼夢の幻想
2017/04/03 23:18
悪魔が囁く
2017/04/05 23:04
私を、憐れんでください
2017/04/06 23:15
崩壊する理想
2017/04/07 22:54
後悔しない選択
2017/04/08 23:17
君と一緒にいる為に
2017/04/09 21:34
間違いなく正しいと言えること
2017/04/11 21:26
私は許さない
2017/04/12 22:21
抱えたまま生きて行く
2017/04/13 23:00
新たな騒動の種
2017/04/16 10:50
第四章 子どもが大人に変わる時
さよなら。愛しい子
2017/04/16 22:56
似ている二人
2017/04/17 23:07
人道というものは
2017/04/19 22:55
ラファの目的
2017/04/20 23:04
後悔しない選択は
2017/04/21 22:34
生まれながらの大精霊
2017/04/22 23:20
火の愛し子
2017/04/24 23:29
拒否された加護
2017/04/26 23:14
大嫌いな「あいつ」
2017/04/28 23:18
君の特別になる為に
2017/04/30 10:54
怒りの理由
2017/04/30 23:23
狭い世界で泣く子ども
2017/05/01 23:45
叶わぬ願い
2017/05/03 10:01
迷ったら、直感で
2017/05/03 22:57
再構築されていく世界
2017/05/04 23:20
隠していること
2017/05/06 21:18
デジャヴ
2017/05/09 23:03
愚かな妬心
2017/05/10 23:50
身勝手で残酷な理由
2017/05/13 10:14
君がいるから強くなれる
2017/05/14 10:00
分からないもの
2017/05/15 23:47
招かれざる狂言回し
2017/05/16 23:40
消せない罪
2017/05/18 23:13
悪魔は、囁く
2017/05/19 23:28
貴女と一緒に逝けるなら
2017/05/20 23:10
彼女の生きた意味
2017/05/22 23:23
もう、要らない
2017/05/23 23:45
また巡り合えたら
2017/05/24 23:46
彼女が戻って来られた理由
2017/05/27 22:36
ファーストキスは知らぬ間に
2017/05/28 23:01
やっとわかった
2017/05/29 22:39
デジャブ
2017/05/31 23:09
存在自体が下ネタです。
2017/06/01 23:17
光に溶けた君を想う
2017/06/03 11:34
サミリディルの花言葉
2017/06/03 23:40
最終章 君と紡ぐ物語
理想の王子様になんてなれない
2017/06/12 22:15
彼の変化
2017/06/14 22:49
突きつけられる可能性
2017/06/15 23:22
進むべき道
2017/06/17 10:05
ツンデレな私の親友
2017/06/18 11:02
全てをひっくるめて
2017/06/18 23:19
どうしてこうなった
2017/06/19 22:42
それでもきっと、恋だった
2017/06/20 23:33
女の子は強い
2017/06/22 23:01
理想とはほど遠くても
2017/06/23 23:28
送る言葉
2017/06/27 23:44
雛の時代
2017/06/29 23:30
扉の先に
2017/06/30 23:25
最後の勝負
2017/07/01 16:43
愚かな子ども
2017/07/02 23:02
初めての舞踏会
2017/07/04 23:13
子どもはどっち?
2017/07/05 22:54
貴女はだあれ?
2017/07/06 23:00
消せない罪
2017/07/08 11:26
無力な子ども
2017/07/08 23:14
生まれて初めて
2017/07/09 23:05
君の理想になりたい
2017/07/12 00:01
今、君を迎えに行く
2017/07/12 23:30
どうしてこうなった
2017/07/13 23:35
言えない言葉
2017/07/15 10:57
君と紡ぐ物語
2017/07/15 22:10
番外編
【番外編】アルファンスの憂鬱1
2017/07/29 22:44
アルファンスの憂鬱2
2017/07/31 10:13
アルファンスの憂鬱3
2017/08/01 10:22
アルファンスの憂鬱4
2017/08/02 11:42
アルファンスの憂鬱5
2017/08/03 11:59
アルファンスの憂鬱6
2017/08/04 12:11
アルファンスの憂鬱7
2017/08/05 13:30
アルファンスの憂鬱8
2017/08/06 23:19
アルファンスの憂鬱9
2017/08/07 13:54
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全17部分)
  • 1817 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 23:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 1870 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全134部分)
  • 1669 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 2174 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 00:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 1981 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部分)
  • 2242 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:06
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 1773 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全43部分)
  • 1954 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 02:04
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 2772 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全532部分)
  • 1736 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 23:39
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 1829 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 1791 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 1782 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 1848 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 07:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全114部分)
  • 2351 user
  • 最終掲載日:2017/12/18 00:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 2096 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 1765 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 1832 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 2336 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 1759 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 1694 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 12:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 2218 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 2253 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全78部分)
  • 2317 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 18:00
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全175部分)
  • 1996 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 07:00
転生先が少女漫画の白豚令嬢だった

 私の前世の記憶が蘇ったのは、祖父経由で婚約破棄を言い渡された瞬間だった。同時に、ここが前世で好きだった少女漫画の世界だと思い出す。漫画の主人公に意地悪の限りを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全110部分)
  • 1672 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部分)
  • 1840 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 04:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 2900 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
↑ページトップへ