挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

その造型は魂にも似て

作者:道化屋
 創作家という、超常の力を使う者たちが存在する世界。
 主人公は、そうした力を扱う適正に恵まれたコジロウという少年。
 しかしコジロウには、ゲームで例えるならば、魔法の才能はあっても最大MPが少なすぎてまともに魔法を使えないという致命的欠点があった。
 「小さな器」と揶揄され、同じギルドメンバーからも疎まれ、それでも折れることなく自分を貫かんとする。

 これは、彼が才能と向き合う物語。

 蒸気機関が発明された頃の近世ファンタジー世界を舞台として展開。
 いわゆる能力バトルもの。主人公は一芸に抜きんでたタイプ。全四章、執筆済み。
 2012年に出した同人誌の改題作品。挿絵はサークル絵担当。
 サークル内の作品紹介URL
 http://www.kagehoushi.org/4th2nd/
序章
プロローグ
2017/12/02 19:15
第一章 決意ある流星群
1-1 廃業のススメ
2017/12/03 18:06
1-2 釣り合わない幼馴染
2017/12/04 19:28
1-3 金? 銀?
2017/12/05 21:00
1-4 お節介
2017/12/06 20:34
1-5 ギルド会議
2017/12/07 21:08
1-6 小さな器
2017/12/08 21:05
1-7 耐え忍ぶ意義
2017/12/09 21:10
1-8 免許証にまつわる伝統
2017/12/10 21:28
1-9 決意の雨
2017/12/11 21:35
第二章 想いの強度
2-1 番狂わせの報告
2017/12/12 21:25
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ