挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その造型は魂にも似て 作者:道化屋

第二章 想いの強度

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/39

2-12 手痛い損失

「しばらくは使い物にならないだろうね、リヒトは」

 執務室の中。机を挟んで俺と向かい合った副団長はやれやれと言わんばかりの口調で言った。

「あいつの【名刀】(マサムネ)は、本人じゃなく他の奴に貸し与えた時にこそ真価を発揮する模型(モデル)だった。重宝したんだけどねえ」

 人質の救出を目的とした仕事の際、奴は確保した人質に模型(モデル)を貸し与えていた。その瞬間、本来ならば荷物にしかならない素人が頼れる戦力と化すのだ。仕事においては、有益この上ない模型(モデル)だった。

「あそこまで粉々にプライドを砕かれちゃ、もう能力は発揮出来ないだろう。心の整理をつけて、改めて刀と殺陣に想い入れを見つけ出さない限りは」
「申し訳ありません」

 責められているようで、頭を下げずにはいられなかった。

「仕方ないね。決闘を提案したのはリヒトの方だ。自業自得って奴だよ。それよりあんた――しばらく身辺には気をつけるんだよ」

 突然の忠告に面食らう。どういう意味だ? 俺の身に良くないことが起こるとすれば……。

「まさか、クライセンに復讐されるとでも」
「そうじゃない。ただアタシの言葉を覚えておきな。感情に任せて突っ走るんじゃない。何を決めるにも、よく考えて、慎重にだ。いいね?」

 何か知らないが、とにかくこれ以上余計な揉め事は引き起こすなということか。クソ、俺だってそんなもの望んじゃいない。

「解りました」

 一礼して、副団長の部屋を辞した。外ではリーフィが心配そうな顔で、俺のことを待っていてくれた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ