挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その造型は魂にも似て 作者:道化屋

第二章 想いの強度

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/39

2-2 信じてもらえず

「どうやって二人を言い包めたのやら」

 執務室を辞して広間に出ると、ケラケラと笑い声が聞こえた。軽薄に笑う声の主の姿に一体誰だと一瞬眉をひそめる。日に焼けた浅黒い顔――リヒトか。大胆に髪型を変えているせいですぐに判らなかった。
 俺たちを胡散臭そうに見るのは、その隣に立つクライセン。

「リーフィ」

 似非淑女が俺の隣に視線を据えた。

「見損ないましたわよ。コジロウにわざわざ勝ちを譲るだなんて。そこまでして幼馴染に箔をつけたかったんですの?」
「なっ――!」

 途端、リーフィの顔が紅潮する。

「誰がそんなことを」
「コジロウがあなたに勝った、ですって? 残念ながら、嘘を吐く才には恵まれなかったようですわね」

 クライセンがリーフィに向けて首を振る。

「本当です」
「信じられるものですか」

 吐き捨てた。

「野蛮な殴り合いならばともかく、模型(モデル)を使った一対一の勝負であなたが負けるだなんて」
「何と言われようと、本当なんです」
「そうでしょうね。それが手心を加えた結果だとしても」
「偏見です。私は本気で」
「親しい相手に全力を尽くせる性格だったかしら?」
「コジロウが私に勝ったことが、そこまで信じられませんか」

 おい、何だこの面白い光景は。負けた本人が勝った相手を必死で擁護してるぞ。リーフィ、それじゃ駄目なんだよ。お前が強く主張すれば主張するほど信憑性は失われていく。一番効果的なのは、私だって負けたくなかったと泣いてみせることじゃないのか?

「まー、絶対に有り得ない話ってわけでもねーだろ」

 意外なところから援護が来た。リヒトだ。

「コジロウが勝つとしたら速攻を仕掛ける他にない。状況にも拠るだろうけどさ。リーフィが【伝書鳩】(メッセージバード)を作り上げる前に勝負を決めたって可能性もあるだろー?」
「……ふん」

 クライセンが俺を見下した。道端のゴミでも見るような目だ。

「奇襲と身の軽さで勝ちを拾ったというわけですわね。本当、創作家(クリエイター)らしくない」

 どうぞどうぞ、好きに罵ってくれ。

「それでも私には想像が出来ませんわ。有り余る幻材料(ファテ)を身に蓄え、新人とは思えぬ質の高い技術を持ち、誰もが認める必着の傑作を持つリーフィが、コジロウごときに負ける姿など」

 団長と同じ疑問。当たっている。実際、切り札を出さなきゃ俺は勝てなかった。

「それはっ!」

 リーフィが説明しかけたのを見てぎょっとする。しかしすぐに思い留まったらしく、口は閉じられた。俺の異常な体質については他言無用。たった今釘を刺されたばかり。

「だーから、速攻で勝負決めたんだって。もしくは決闘成立したのがよっぽと近い距離だったんじゃねーの? 間合いが遠いと滅法強いけど、肉薄されるとボロ出す時あるし」

 ちらりと横を窺うと、リーフィが口を尖らせていた。図星を突かれて悔しいのだろう。並みのチンピラなら簡単に転がせる程度に体術に通じちゃいるが、後がないところまで追い詰められると、妙な勝負弱さを見せることがある。

「………」

 男爵令嬢は、納得いかないという表情のまま顔を背けた。

「しかしなんでまた、お前ら二人が決闘したかね? こっちの予定じゃ、こうして執務室から出てくるのはコジロウと、あのボンボンだった筈なんだが」
「リヒト」
「いーじゃん。隠す意味もないだろ。どうせ勘づいてんだし」

 だよな、と言わんばかりの視線に眉を寄せる。

「そう睨むなよ。こっちは失敗したんだ。どうあれリーフィに勝ったんだ。自信もついただろ?俺らからすりゃ、逆効果もいいとこだ」

 相方の軽口にクライセンは乗ってこない。シュレンをけしかけた企みについては、そこまで乗り気ではなかったのかもしれない。

「てなわけで、安心してくれ」

 降参とばかりに両手を挙げて、リヒトが言った。

「しばらくは大人しくしてるさ。少なくともお前をここから追い出そうと企むのは、お預けだ」

 そう言い残すと、二人は入れ替わりに執務室へと入っていく。俺とリーフィは顔を見合わせ、互いにため息を漏らした。


  ○ ○ ○


 ベッドの上で無造作に寝転び、ぼんやりと考え続ける。とうとう他人が知るところとなった自分の力についてだ。

「やっぱ、相当変なんだな……」

 顔の上に翳した掌を見ながら独り言ちる。ずば抜けた回復力だとは思っていたが、副団長の反応を見て改めて実感した。
 俺の体に幻材料(ファテ)が戻る速さは、本当に異常なのだ。
 だからといって、否定する気持ちはない。容量がほとんどない俺にとっては、谷底で掴んだ蔓糸のようなものだ。ただし不気味であることに変わりはない。
 問題は――どう付き合っていくかだよな。
 仕方なく団長と副団長には明かしたものの、正直、まだ自分だけの秘密にしておきたかった。珍獣扱いされて体を調べ回されるのは御免だ。発動するにはちょっとした前提もあるしな。

「相談、してみるか」

 どうせバレちまったんだ。一人で考え込んでいても仕方ない。少しばかり過保護な幼馴染に意見を求めてみるとしよう。さっき部屋に帰ったばかりだから、まだどこにも出かけてはいない筈。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ