挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その造型は魂にも似て 作者:道化屋

第四章 次なる舞台への渡り鳥

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/39

エピローグ

 ムーア・バイセンを三ヶ月の禁錮刑に処す。

 執政府が団長に下した処分の内容だ。罪状は、噛み砕いていえば無実の人間に罪を着せようとしたこと。被害者はもちろん俺だ。
 正直、高名な団長のこと。あれやこれやとゴネたなら、簡易裁判を長引かせることも減刑も成った筈なのだ。しかし一切を弁明することなく粛々と処分を受け入れた。更には俺の異質に関しても今後口外しないという約定付き。後処理に関しては副団長が全て取り仕切ってくれたのだが、どんな魔法を使ったのやら。

 いや、もう違うか。団長、副団長。この呼び名は相応しくない。
 ギルド『霧雨の陣』は、団長がギルド主宰権を失うに伴って、解散となったからだ。

「これで俺たちも晴れて野良落ちか」
「野良は免許証(ライセンス)を持ってない人のことでしょ。混同しないの」

 テーブルの向かいに座る銀髪に叱られた。
 トゥーン通りにある屋外のカフェテラス。同じ年頃の若者で賑わう中、俺たちは白い丸テーブルに座り、細々とスナックを口に運んでいた。たまには挑戦も良いだろうと、今日は珈琲を頼んでみた。背伸びしたはいいが、正直、眠気覚まし以外で飲もうとは思えない味だった。

「それで、他の奴はどうするって?」

 突き抜けるような青空を見上げながら、訊いた。

「クライセンはそのまま警察の連結組織に厄介になるみたい。休学してた大学に戻るって話もあるらしいけど」

 リーフィは東雲茶が注がれたカップを下ろすと、手元の書類の内容を読み上げた。
 団長と共に俺たちを犯罪者扱いした男爵子女だが、騙された被害者でもあると認定されて、多少の罰金で済んでいる。

「リヒトはそもそも行方知らず。ハヴェスト家からも出て行っちゃったって」
「シュレンは? ギルドがなくなった以上、今度こそ親衛隊行きな気がするけどな」
「私は何も聞いてないなあ」

 へえ、あれだけリーフィに首ったけの男がどうしたことだ。

「ただ、お兄さんは持ち直したみたいよ。駄目元で試したヴィオさんの模型(モデル)が効いたんだって」
「そいつは何よりだ」

 兄貴の快復も目出度いが、前に聞いた話の通りなら、これであいつにも自由勝手の猶予が出来たことになる。

「ヴィオさんは幻創協会に籍があるから、問題なし。……はあ、結局、所属を慌てて探さなきゃいけないのは、私たちだけってことよね。今年の新人に混じってギルド探しかあ」
「どうにかなるだろ」

 何気ない一言だった。だがリーフィの顔には驚きが浮かぶ。

「何だよ」
「いいえ? 随分と前向きだなーと思いまして」
「ふん」

 焦ってもしょうがない。世の中、なるようにしかならない。どんと構えていることも時には必要だ。

「おやおや、昼間っからデートかい?」

 ――唐突に、冷やかし声が聞こえた。

「流石、心をひとつにして合作を作り上げただけあって、仲睦まじいことこの上ない」

 声の主は確認するまでもない。元副団長だ。座ったまま顔だけを横に向ける。見慣れた肉体美が俺たちのテーブルに近づいてきた。

「歩いてたら、たまたま見かけてさ」
「相変わらず、幻料(ファテ)を着てるんですね」

 ヴィオーチェ・リファエル。関係者から体を鍛えるのが趣味と思われている女だが、それが真っ赤な嘘だと、俺たちはもう知っている。

「随分と面白い模型(モデル)ですよね」

 あの時は急いていて深く訊けなかったので、ここぞとばかりに質問をぶつける。

 模型(モデル)について深く訊くことはマナー違反。だが、気にする必要はないだろう。この女は俺にについて散々調べ倒したのだ。

「しかしなんでまたその外見なんですか。筋肉が好きなら実際に鍛えればいいでしょうに」
「馬鹿言うんじゃないよ」

 鼻で笑われた。

「アタシは筋肉が好きなんじゃない。人間の体が好きなのさ」
「はあ」
「人の体はイイよ? まさしく神の造りたもうた芸術さ。ひとつの目的を果たす為に洗練された肉体は特に素晴らしい。
 鍛え抜かれた戦う男の体に惹かれる。絶妙なバランスを保つアスリートの体もまた素敵。男を惑わさずにはいられない蟲惑な女体のラインは反則ってね。遠い国では、巨漢達がぶつかり合う格闘技があるんだが――あれも良い。ま、ただ目的もなくブクブク脂肪がついただけの体は論外だけど」

 目を輝かせ、俺たちには到底解らない境地を語る偽筋肉女。
 こちらの呆れを見て取ったか、言葉を切るとふっと鼻を鳴らして胸を叩いて見せた。

「そんなものだろ? 模型(モデル)なんて。他人には理解されない情熱の滾りが生み出すものさ。己の内で燃えるこだわりを作り出してこそ最も輝くんだ。だからアタシは」
「【神の造型(マッスルボディ)】があれば、戦士の肉体と、女としての魅力に溢れた体。その両方を同時に備え続けることが出来ますもんね」
「ご明察」

 大した想い入れだよ。イカれてる。

「それにね」

何故か俺を見る。

「これだと、幻料(ファテ)の量も少なくて済むんだ」
「え?」
「あんたほどじゃないが、アタシも幻料(ファテ)容量は少ないクチでねえ。平均の半分ちょいしか持ち合わせていない。本当は理想の肉体を一から作り上げたかったんだけど、材料が足らなくて。結局は自分で着ることにしたんだ」

 ――そうか。そうだったのか。
 本当、紐解いてみないと解らないもんだな、人ってのは。

「ところで、お二人さん。進路はお決まりかい?」
「まさに今、それを考えていたところです」

 途端、リーフィの顔が曇った。

「どこか紹介して下さい。二人くらい募集があるところ」
「別に二人じゃなくてもいいだろ」

 俺が言うと、ぎょっと顔を引きつらせた。

「ええ! だって、折角」
「いや、今回のことで思ったんだよ」

 腕を組む。

「お前が側にいると結局どこかで頼っちまう。独り立ちできない。だから、ここいらで一人で頑張ってみるのも手かなと」
「……もうっ!」
「ってえ!」

 思わずテーブルに突っ伏した。天板一枚を隔てた下で、俺の足が蹴飛ばされたのだ。まだ完全に治ったわけじゃないって解ってるのか、こいつ!

「ははははっ!」

 横から豪快な笑い声。クソ、笑い事じゃねえ。

「そんな二人に耳寄りな話だ。丁度団員を募集しているギルドがあってね、どうだい? もちろん募集は二人以上」
「ホントですかっ?」

 素知らぬ顔で足を離したリーフィが、身を乗り出した。

「どんなギルドですか? 団長の経歴や拠点は」

 確認した内容に思わず吹き出してしまう。そりゃそうだ。あんな事件の後じゃ、団長の経歴や人柄は確認せざるを得ないよな。

「団長の名前はヴィオーチェ・リファエル」

 元副団長は、しれっと自分の名を告げた。

「……えっ?」
「拠点はここ、ルノウハン。元々宿屋として使われ、先日まで別のギルドがアジトにしていた物件をそのまま使う予定だね」

 俺たちはあんぐりと口を開ける。おい待て。ちょっと待て。

「候補は今のところ二人。団長と、シュレン・ラ・インボルドっていう準爵家の次男坊さ」
「ギルド主宰権……持ってたんですか」

 得意気な顔に質問をぶつけると、まあね、と副団長改め団長は大きく頷いた。

「正式な立ち上げには五人要る。だから、あんた達二人が入ってくれれば残り一人だ。正式認可にぐっと近づけるんだが――どうだい、参加してくれるかい?」

 断られるとは微塵も考えてなさそうな自信満々の笑み。
 俺とリーフィは互いに顔を見合わせ、そして同時に吹き出し、

「喜んで!」

 声を揃えて、そう応えたのだった。
 これにて完結となります。
 最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございました。
 ここで終わっても問題ないように作ったつもりですが、同時に続けられる余地も残しています。
 同人ソフトの作業と並行するのは無理だな、ということで今の今まで手つかずのままになっているのですが…。
 続きを書きたいいう未練もたっぷりあるので、完結は未チェックのままとさせて下さい。

 サークル「影法師」にて連載中のビジュアルノベル「マイナスエイヴ」もよろしくお願いします。
 こちらはダークヒーロー色の濃い復讐譚。
 ホームページにてフリー配布中。近々最新の四話公開予定です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

酷幻想をアイテムチートで生き抜く

 内気で目立たない高校生(隠れ中二病)が、残酷なリアルファンタジーに転移して知恵と勇気となけなしの能力で生き抜く物語です。  本人は、魔剣の勇者になりたかったら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全305部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 21:21
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 09:12
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全563部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 19:41
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全401部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 00:01
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-

 各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全328部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 21:00
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
ギルドの新人教育係(自称)

 冒険者カーマセンは毎日酒を呑む。  酒代はたまに狩りをして稼ぐ。  そして新人の冒険者が来れば因縁を付ける。  理由は秘密だ。  そのカーマセンの住むイスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全45部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/05 22:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

いじめられっ子だった無力な少年が、落とし穴を掘っていた。 いじめの主犯を穴に落とすために。 殺すための武器も用意していた。 だが、落とし穴に落ちたのは、醜悪な豚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全250部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/07/11 19:00
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/28 04:15
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
二度目の地球で街づくり~開拓者はお爺ちゃん~

当方90歳で大往生。そんなつもりで永い眠りにつこうとしたけれど、今際の際、走馬燈から飛び出したのは幼馴染の神様だった。 お願いはたった一つ。未来の地球を引っ掻き//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/02 18:35
転生したから新世界を駆け巡ることにした

赤田川ヨウは飛行機事故に巻き込まれ、失意のまま死亡すると異世界で第二の生を受けていた。 男爵家に生まれたものの前世の記憶が災いして生活に馴染めず、厄介払いをかね//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全174部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/11/30 21:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
おっさん冒険者ケインの善行

 おっさん冒険者ケインは、いつもの薬草採取の途中で幸運にも、超レアアイテム『蘇生の実』を手に入れる。  一度は売って金に変えようと思ったケインだったが、仲間の命//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全76部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 18:07
第二の人生はゴブリンから始まる ~弱小、不遇、差別からの成り上がり

 不幸にも交通事故に遭った大学生の俺。気が付けば此処は天国の門前? 若い女神様は言いました。 「貴方には生まれ変わって新たな人生を歩んでいただきます」  ひょん//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全207部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 15:24
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 07:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全180部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 00:00
おっさんと女子高生、異世界を行く ~手にした能力は微妙だったけど、組み合わせたら凄いことになった~

 おっさんが異世界と元の世界を越えて織りなす、姪と二人三脚での異世界行。  ◇ ◇ ◇  勇者として異世界に召喚された主人公たち。  突然手に入れた能力に歓喜し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全24部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 01:12
普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。

普通のおっさんである近江正樹は、帰宅途中に神の気まぐれで異世界へと送られてしまう。 剣と魔法の異世界をチート能力を使いながら目的もなくぶらつき、眠くなったら魔法//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全136部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 00:10
四度目は嫌な死属性魔術師

 中々発展しないどころか何時衰退と崩壊のコンボを決めるか分からない問題だらけの世界ラムダ。  その世界も含めた複数の世界の輪廻転生を管理運行する神様は、問題を解//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全290部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 06:10
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全116部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 00:00
( ´・ω・`)勇者はお払い箱→まものの森でスローライフ→魔王認定される→いい加減ぶちキレました(←次ココ)→ずっと俺の無双ターン

【三章完結!】ちらりとでも読みにきてー( ´・ω・`)ノ  至高の恩恵(ギフト)を授かり、勇者となった男がいた。彼は魔王を倒し、人の世に平穏をもたらした最大の貢//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全45部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 21:03
治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~

 酷い雨の日、特にこれといった特技のない高校生、兎里健はひょんな事から仲良くなった二人のイケメンと美人に巻き込まれ異世界に召喚されてしまう。  特に目立った特技//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全164部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 20:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
↑ページトップへ