挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その造型は魂にも似て 作者:道化屋

第四章 次なる舞台への渡り鳥

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/39

4-7 告げるは絶望ではなく

「随分と手こずらせてくれた」

 巨人が姿を表すと同時、そんな呟きが聞こえた。

「まさか奥の手を隠し持っていたとはな。どいつもこいつも内規を無視してくれたものだ」

 団長だ。黒い猟犬に先導されている。当然、その背後から続くのは【番人】。
 クライセンの姿はない。どこかに待機させているのだろうか。

「シュレンめ。熱意の足らぬ男と思っていたが中々どうして。心の中では火種を燻らせていたというわけか」

 闇の中、瓦礫の群れを押し退け団長が迫る。その目に映っているのは、本来の体に戻った副団長。そして手を繋いだ俺とリーフィなのだろう。

「ふむ」

 団長が苦笑を漏らした。

「若人二人が手を取り合っている。絵になる光景だな。その仲を裂くのに、いささかためらいを覚えないでもない」
「今からでも、考え直す気はありませんか」副団長が言った。「例え『護紋の輩』に戻れたとしても、過程を知ったら姫は悲しみますよ」
「叱責を受けられるのも、姫の側に戻れればこそだ」
「……まったく」

 周りを省みない一途さは、これだから厄介だ。そんなぼやきが聞こえた。

「それで、貴様等はどうするのだ?」
「どうする、とは?」

 答えたのは俺。

「ヴィオが【神の造型(マッスルボディ)】を解いている。お前たちの目は死んでいない。何かを企んでいるのは明白だ」
「はい。そうです」

 臆することなく答えた。

「俺たちは、貴方に勝つつもりですよ」
「そうか」

 団長は嬉しそうに笑った。

「ならば見せてみろ若人よ。貴様らの意地が、俺の忠誠に勝るというならば」
「はい」

 目を閉じたまま、リーフィが頷いた。

「示します」

 ――幾羽もの鳥が舞い上がった。
 崩れた壁の奥から、水面を漂っていた鳥の群れが一気に飛び立つように。

 その全てがリーフィの作り上げた【伝書鳩】だ。数にして六羽。見通しの悪い瓦礫の山へと逃げ込んでいたのは量産した【巨鳥】を隠す為。
 俺たちの意地を目にした団長は、目を見開き――、 

「はっはっはっは!」

 弾けんばかりの笑い声を上げた。

「なるほど、合作(・・)。そう来たか、実に素晴らしい」

 その笑顔に険はない。心の底から面白がっている様に見えた。そして。

「これは流石に、耐え切れんな」

 あまりにもあっさりと――敗北を認めた。
 シュレンの見立て通りだったか。いかな【滅私奉姫の番人(フェイスレス)】と言えど、圧倒的な幻料(ファテ)で作られた【伝書鳩(メッセージバード)】の群れには耐えられない。
 いやそれにしたって。焦がれた目的を挫かれれば、落胆なり激怒するのが相場だろう。なのにこの穏やかさは何だ。俺たちの成長を心底喜んでいるような、この笑顔は。
 解らない人だ。本当に、掴みどころのない。

「これから俺は」

 懐から葉巻を取り出して横銜えにした。火が灯される。

「その群れに、絶望を告げられるわけか」

 煙と共に、そう吐き出した。

「いいえ」

 だが俺は首を振った。そしてリーフィの横顔を盗み見る。幼馴染は、模型(モデル)の維持と操作に集中している。

「他人は、関係ない」

 だから俺が代弁する。心をひとつにした今、きっとリーフィも同じ気持ちでいてくれる筈。

「立ち止まらないために。障害を飛び越え、先へと進むために造ったんです。この模型(モデル)は」


「次なる舞台への――渡り鳥です」


 俺の宣言と共に。
 渡り鳥の群れが空に舞った。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ