挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

名称未設定の枠外の世界(エクストラワールド)

作者:mad 3075
その時、少年はそこに居た。全てが紅く染まり、鉄の臭いが漂うその場所に。
 年の頃は十歳くらい、ぼさぼさの黒い髪の毛に細い手足。病的にも思える程の白い肌。その目は光を失い、焦点が合っていなかった。そしてその服は紅いもので染まっていた。
何をするでもなく、ただ、そこに居た。少年の周りにはかつては人であったであろう「モノ」が転がっていた……
第一章 始まり
プロローグ
2017/08/24 00:28
プロローグ(2)
2017/08/24 00:32
第一話  いつもの朝
2017/08/24 00:35
第二話 そいつとの出会い
2017/08/24 00:39
第三話 能力者との出会い
2017/08/24 00:44
第四話 初めての戦闘
2017/08/24 14:01
第五話 能力顕現
2017/08/26 23:17
第六話 呉島の姉
2017/08/29 13:29
第七話 能力学校
2017/08/29 14:47
第八話 小さな旅館
2017/08/30 01:17
第九話 妹
2017/09/05 01:45
第十話 無言の少女
2017/09/15 22:09
第十一話 無口?な少女
2017/09/16 13:34
一二話 能力学校①
2017/09/26 23:26
15話 能力学校②
2017/10/12 23:29
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ