挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ 作者:壱弐参

第七章 ~聖戦士編・中編~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

210/269

209 舞

 あれから旅籠屋に戻り、フェリス嬢は空間転移魔法陣からクッグ村へと戻って行った。
 ほっと一息吐くブライト少年を横目に、俺は項垂れるポチの横顔を見ていた。

「あー、あー、今日は色々歩き回ったしなぁ……もう足が棒だよ、はははは」

 咄嗟に出てしまった俺の言葉を、ポチは静かに受け取った。

「私も……脚の裏が肉球ですー」

 知ってる知ってる。
 元気がないせいかギャグのキレはよくても笑えない。笑いたくても笑えない。

「父上、少しお話したいのですが、よろしいでしょうか?」
「ん? どうした?」

 俺は問題を抱えるもう一人のチャッピーの言葉に耳を傾けた。
 しかしチャッピーは首を横に振ったのだ。

「ここではちょっと……」

 これにはポチもブライト少年も目を丸くしたのだ。
 ブライト少年に黙って……というのであれば、過去何度かあるが、母親のポチにまで内緒の話となると、ちょっとした変化だ。
 俺はポチに「ブライトを頼む」と目配せした後、チャッピーを外へ連れ出した。
 といっても旅籠屋の裏庭だったりする。
 俺は客用のものなのか、見つけたベンチの上に腰を下ろすと、チャッピーはその上に足を曲げて座り込んだ。

「おい、重いんだけど?」
「まぁまぁ父上。たまの親子水入らずではありませんか」
「そうは言っても正面が全部真っ黒だよ。いいから隣座れ隣っ」
「むぅ、仕方ありませんね」

 俺はベンチの上をポンと叩き、チャッピーは仕方なくという感じで隣へ移った。
 周りから見ると、とてもシュールな光景だろう。
 背の高い紫死鳥がベンチに座っているのだから。

「それで、どうしたんだ?」

 俺の問いに、チャッピーはしばらく口を開かないでいた。
 チャッピーもチャッピーで思うところがあるんだろうな。
 紫死鳥として生まれて約一年。父である俺と、母であるポチは未来の存在で、用が済んだら未来へ帰ると言われてしまったのだ。ポチとよく話し合った末の結論としてチャッピーに話したが、やはりこの短期間で消化する事はなかなか出来ないだろう。
 そして今回の紫死鳥の件。厄介過ぎる問題だ。
 種族の問題で、この世に紫死鳥が一頭だけしか存在を許されないとしたら、未来にいたあの紫死鳥…………つまりあの時代にチャッピーがいない事になる。
 いや、もしかしたら俺たちが出会ってないだけであって、どこかで生きているのかもしれないが、俺たちが過去に行くまでのあの日まで、チャッピーは俺たちの前に姿を現していない。
 己の存在自体が危うくなると踏んで姿を現さなかっただけなのか、それともチャッピーのこの時代で……?
 それに、現代で会った紫死鳥は俺との別れ際に何て言った?
 確か…………あの時俺は紫死鳥に名前を聞かれて名乗ったんだ。それから「…………なるほどな。では、一つ貸しだアズリー。いずれ返済に来い」だったか?
 あの時紫死鳥は俺たちの存在に気付いていた? もしかしてあの段階で気付いたのか?
 五千年以上前に出会った魔法士だと?
 だけど……だけどあの時紫死鳥はポチが間の抜けた欠伸(あくび)をした時に俺たちへの殺意を消した。
 つまり、俺よりポチの方が印象深かった?
 だが今回…………紫死鳥の前に姿を見せたのは、俺、フェリス嬢、チャッピーのみ。
 ポチはずっと藪陰に隠れていたはずだ。
 という事は…………やはりこの後、ポチと紫死鳥が互いを見据える時が来るという事。
 未来でチャッピーと出会わなかった。だからこそポチは俺に「貸し」を……――――。

「父上」

 長い静寂を破ったチャッピーは、自分なりによく考え、よく言葉を選ぶように話し始めた。

「父上たちがこの時代の人間ではない事。未だに私の小さな頭では理解しきれていません」
「……あぁ」
「声を出せずにいた。父上たちに聞く事が出来なかった。私がこの先どうすればよいのか」

 短い言葉の中に、チャッピーの気持ちが見えた気がする。

「父上たちが元の時代に戻る時、私は……?」
「…………あぁ、連れて行く事は出来ない」

 前にも言った言葉だが、チャッピーは改めて自分に言い聞かせるように聞いてきたように思える。

「私は……その先どうすればよいのでしょう?」

 単純な質問だったが、その質問は、俺の喉をきゅっと締め付けた。
 だが、言わなければならないだろう。親として、悠久の時をほぼ一人で生きて来た者として。
 チャッピーは、それを知ってか知らずか……いや、おそらくそれをわかってポチではなく俺を選び、そして聞いてきたのだ。
 なら答えるしかない。当たり障りがなくも、厳しく長い悠久の暇潰し(、、、)を。

「そうだなぁ。まずは世界を飛び回ってみるとか?」
「世界を?」
「あぁ。チャッピーは俺にはない雄大な羽を持ってる。それを活かさない手はないだろう?」

 チャッピーの羽を撫でながら俺は言った。

「なるほど」

 チャッピーが目を伏せて頷くと、心なしか少し笑ったように見えた。

「それからそうだな。色んな食べ物を食べる」
「それは大事です」

 即答というより、文字通り食い気味に言って来た。
 さすがポチの子供だ。

「はははは、色んなところを見て周り――」
「ふむふむ」
「飽きたらフルブライド家やアダムス家に遊びに行けばいい」
「ブライトとフェリスの家を、ですか?」

 キョトンとしたチャッピーは、首を傾げて聞いた。

「あぁ。ここだけの話な? あの二つの家は、俺たちがいた時代まで栄えてるんだよ」
「ほお? それ程ですか」

 フルブライド家は最近没落したとか聞いたが、その家の人間は生きてるしな、間違いは言ってないだろう。

「内緒だぞ?」
「はい」

 二人だけの秘密……そんな親子の言葉に、チャッピーは嬉しそうに返答した。

「だからチャッピーは、あの二人の家を守ってやるといい」
「中々面白そうです」
「勿論、守ってやらなくてもいい」
「……? それはどういう事ですか?」

 俺の急な方向転換に、チャッピーは目を丸くした。

「つまり、今のは、全部俺が言った事だろう?」
「はい」

 これまでの説明を思い返すように肯定するチャッピー。

「それを、チャッピー自身が決めてもいいって事だ」
「私自身が……ですか?」
「そっ。自分から進んでやる事で、色んな事が勉強出来るぞ?」
「そういう意味でしたか」

 言葉の意味を理解したようで、チャッピーは再び目を伏せた。

「しかし指針というものも必要だ」
「指針?」
「チャッピーがこれからする事の大前提。根本にあるような気持ち、方針、目標みたいなものだ」
「目標……」

 一言そう呟くと、チャッピーは首を(ひね)って考え始めてしまった。
 しばらくその様子を見ていると、チャッピーは何かを思いついたように俺に聞いてきた。

「因みに父上の指針というのは?」
「簡単さ。弱い者いじめはしない。悪人とモンスターを除いてだけどな」
「おぉ……!」

 チャッピーは俺の指針を聞くと、すっと立ち上がった。
 ベンチの前まで歩き、月夜の中、大きく羽を広げると、深紫(こきむらさき)の羽根が舞い、一瞬俺の視界を幻想的なものへと変えた。

「父上! 私は決めました! 私は弱い者いじめをしません! そして世界を見るのです! あぁ! あぁ楽しみです! 私の生きる目標! 指針が決まりました!」

 歓喜するように声を昂らせるチャッピーに、無邪気で雄大な天獣を見た。
 いつの間にかポカンと開いていた口に気付かぬまま、俺はしばらく喜びの舞いを見せるチャッピーに見とれていた。

「…………父上?」

 チャッピーが落ち着き、俺の顔を覗き込んだ時、短くも美しい舞台を見ていたような感覚から目を覚ました俺は、チャッピーの頭から首を何度も撫で、小さく「そうだな」と呟いた。
本当にたまに、で申し訳ありませんが、別作の「魔法世界の超能力者」も更新しました。最初に書いた小説ですが、是非読んでやってくださいm(__)m
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ