ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9055CL

悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ

あらすじ 神薬《悠久の雫》。これを飲んだ者は悠久の時を生きられる。
才能がない男《アズリー》は、偶然精製する事に成功したこの神薬を飲み、不老の体となった。
才能は無かったが、時間はあった。五千年という長い年月を経て会得した、魔法や研究の数々。
使い魔《ポチ》と共に、見聞を広めるべく、旅を始めるアズリー。
目指す場所は最高難度を誇るダンジョン《魔王の懐》。研究ばかりに没頭した故、甘さや若さが残るアズリーが描く冒険の書、《賢者のすゝめ》をお楽しみ下さい。

●2015/7/10 アース・スターノベル様より書籍化が決定しました。詳細は活動報告にて。発売日等はまた後日の報告となります。
●2015/9/2 第一巻の発売日は2015年9月15日です。イラストは『武藤此史』先生に担当して頂きます。
●2016/1/1 第二巻の発売日は2016年1月15日です。
●2016/2/28 第三巻の発売が決定しました。応援、本当にありがとうございます。
●2016/5/14 第三巻の発売が開始致しました!
●2016/6/23 第四巻の発売が決定しました。応援、本当にありがとうございます。
●2016/9/15 第四巻の発売が開始致しました!
●2016/10/22 第五巻の発売が決定しました。皆様、本当にありがとうございます。
●2017/1/16 第五巻の発売が開始致しました! & コミカライズ決まりました! 漫画担当は「荒木 風羽(あらき ふう)」先生です!
●2017/5/15 第六巻の発売が開始致しました! & 荒木風羽先生によるコミカライズが連載開始しました!
●2017/9/25 第七巻の発売、荒木風羽先生によるコミックス第一巻の発売が決定しました。皆様、本当にありがとうございます。
作者名 壱弐参
キーワード R15 残酷な描写あり  コメディ 魔法士 錬金術師 最強かどうかは不明 戦士 剣士 愚者
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2015年 01月09日 13時19分
最新部分掲載日 2017年 11月15日 22時26分
感想 831件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 22,439件
総合評価 52,911pt
ポイント評価 3,994pt  : 4,039pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 991,886文字
N9055CL| 小説情報| 連載(全268部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
神薬《悠久の雫》。これを飲んだ者は悠久の時を生きられる。 才能がない男《アズリー》は、偶然精製する事に成功したこの神薬を飲み、不老の体となった。 才能は無かったが、時間はあった。五千年という長い年月を経て会得した、魔法や//
N5895DC| 小説情報| 連載(全21部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
現代日本で車に轢かれて死んだ豚肉は、黒銀の男児として異世界に渡った。周りにいるのは無数の魔族。魔族四天王吸血公爵の息子として寄生転生したミケラルドの半端で半端ない人生が、今始まる。現代でも半端者(はんぱもん)、異世界でも//
N3850DX| 小説情報| 連載(全20部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
《火水 風土(ひみずかざと)》は、召喚士の養成学校に通っていた。 召喚が出来ない男、として苛め抜かれた男が唯一掴んだチャンス。 召喚力増幅装置によって無理やり召喚したモノは……え、召喚士ですかっ!? 召喚士が召喚士を召喚//
N7557BY| 小説情報| 連載(全77部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 先天的な超能力を有した青年「吉田 一念(よしだ いちねん)」は、国が運営する研究機関、「国営超常現象研究所」に超能力の経過観察という名目で出入りしている。ある日、いつもの様に研究所へ行き家に帰る途中で、異次元空間に飲み//
N2687CK| 小説情報| 連載(全53部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 一流の殺し屋、コードネーム「太郎」と、それに連れ添う相棒の「アイザック」。  彼等はあるミッションをこなし、インドへ報告する為にソマリア沖をクルーザーで走っていた。何者かの陰謀により限定されたその帰投ルートは罠だった。//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n9055cl

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ