挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
さよならの夜 作者:中川あき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/12

あの路地で勇哉の手が温かかったのは、私の手が冷たかったからだ。
「……路地で友香の手を握った時……とてもふわふわしていて、強く握っていても、頼りなくて怖かった……友香がしっかり握ってくれているのは分かったけど……でも、怖かった……」

ドンッ!

屋台でりんご飴を買ったのは、勇哉だった。
私はその後ろにいた。
勇哉がりんご飴を買う様子を見て、屋台のおじさんには、霊感があるのだと思い込んで納得していた。私は別の客だと思われたのかな、と思ったものだった。
でもそうではなくて、私の姿が屋台のおじさんに見えていなかったのだ。つまり、屋台のおじさんには霊感なんてなかったのだ。
「友香がりんご飴を買うって言い出すんじゃないかと思ってひやひやしたよ。結果的に僕が買えたから良かったけど……」

ドドン!

「そっか……そうだったね」

ドドン!ドン!

「あの事故で死んだのは……私だったんだっけ」

ドン!
『ドン!』
花火の音と、あの車ー私を轢いていった車の音が被って聞こえてきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ