挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
さよならの夜 作者:中川あき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/12

あの時、私達は駅へと向かう路地を、2人で歩いていた。
私は律儀に道の端を歩き、勇哉は車通りが少ないからと、車道の中央を歩いていた。
「危ないよ、勇哉」
「このぐらい大丈夫ですよ、友香先輩」
ひやひやしながら私が注意しても、勇哉は平気そうに歩いていた。

そんな時、不意に私が後ろを振り向くと、猛スピードで走る車がすぐそこにいた。無音で走る車だったから、勇哉は全く気付かなかったのだ。
「……勇哉!」

私は勇哉を突き飛ばした。勇哉は飛ばされた。

それと同時に、車が私に衝突した。
その時、勇哉が街路樹に体を打ったのが見えた。その後感じたのは、とてつもない痛み。既に目の前が真っ暗になっていた。

(勇哉、街路樹にぶつかったけど……大丈夫だったの?)
朦朧とする意識の中、考えた。
(あのまま頭を打って死んだりしていないよね?)

遠くの方から救急車のサイレンが聞こえてきた。

——今考えると、こんなに早く救急車が来るわけもないのだから、きっとたまたま近くを通り過ぎた、全く関係のないものだったのだろう。

「もう間に合わない」
「多分死んでるぞ」

そんな通行人の声が聞こえる。
その時、ふっつりと意識が途切れた。

——今思うと、あの通行人たちの言葉は、明らかに私に向けられたものだった。

気がついた時にはあの街路樹の前にいた。
勇哉は、いない。
そう気付いた時、私の記憶は無意識のうちに書き換えられてしまっていた。

(……勇哉は、死んでしまった)
私が突き飛ばして、頭を打ったせいで。
私はこうやって助かってしまった。強く押したがために前によろめいて、すんでのところで車を避けてしまったのだ、と。
(私のせいで、勇哉が死んだ)
私は、そう思い込んでしまったのだ。
そして私は、あの路地を彷徨っていた。
そんな私を勇哉が見つけてくれて……

ドン!ドドン!

「……死んだのは、私」
「そうだよ、友香」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ