挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
外見ファクター 〜エステへGo!〜 作者:おせろ道則
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/19

第九話 ゴーイング・バスルーム

 二人は、両側に扉が連なる細い廊下を歩いた。
 廊下の壁は、うす水色でさわやかな印象を紗枝に与えた。
 そして紗枝は、廊下の突き当たりに通された。
 そこには体重計があった。
 横美祢先生が尋ねた。
「お手洗いは行かれますか?」
「あ、はい。行きまーす」
 紗枝はぴくんと耳を動かして、返事した。
 実は、紗枝はこのエステのトイレに入るのが初めてだった。
 トイレの扉は、更衣室の向かいの壁にあった。
「じゃあ、ちょっとすいません」
「どうぞどうぞ、ごゆっくり」
 横美祢先生はにっこり笑って体重計の前で待った。

―んっ?
 トイレの扉の前で、まず紗枝は、ドアノブが普通ではないのに気がついた。
 トイレのドアノブなのに、まるで客間につながるような豪奢ごうしゃなノブなのだ。
―なんか、トイレに行く感じじゃないなあ。
 紗枝はドキドキしながらトイレに入った。
 トイレは、小さな部屋くらいの広さだった。
 トイレの中にも洗面台があり、そこもやはり更衣室並にゴージャスだった。
 更衣室の洗面台と同じく、ここのも金の蛇口で、脇にはアロマ石鹸がおいてあった。
「ひゃー、どこもかしこも、やっぱり豪華」
 紗枝はささやいて、それから便器を観察してみた。
 曇りひとつない洋式便所。
 フローラルな香りが広がっている。
 紗枝は、ロールペーパーの取り付け口を見てみた。
 ペーパーが差してある芯棒は、プラスチックではなく、なんと銀だ。ペーパーの上にとりつけられた笠は、花と小鳥の浮き彫り模様がほどこされ、こちらもやはり銀製。
「すご〜い……」
 紗枝は感動しながら、ようやく当初の目的のために、便器の蓋を開けた。
 すると、何と金箔が漂っている!
「うわ! 輝いてる!」
 紗枝は思わず便器に顔を近づけ、それを凝視した。
「ありえない、ありえないわ」
 そういいながら、紗枝はちゃっかり便座に座った。
 こんなトイレで用を足す者は、どこかの国のVIPしかありえないと思っていたのに、そのトイレを今自分が使っている。
 紗枝はもう、自分が何者なのか、分からなくなってきそうだった。

「ああすごかった」
 トイレから出てくると、横美祢先生が十分間も待ちぼうけをくらって、体重計の前で待っていた。
 紗枝は顔を青くして、ダッシュで体重計の前へ走った。
「す、すみません」
「ああ、紗枝さん。大丈夫ですよ、用は済みました?」
 紗枝は顔を真っ赤にした。
 別の意味に解釈されたおかげで許されたのが、逆に恥ずかしかった。
「では、体重をはかってみましょうね」
 横美祢先生がいって、紗枝を体重計の前にすすめた。
「は、はい」 
 紗枝は気を取り直して、背筋を伸ばした。
 体重は、紗枝が一番気にするところである。
 ここのエステでは、施術前と施術後の二回、体重をはかる。
 同時に体脂肪もはかるので、汗で体重が落ちたのか、それとも脂肪が落ちたのか、そこで判断するのである。
「はーい、ではどうぞ」
 横美祢先生がボタンを押した。
 紗枝は体重計の前に立った。
 そこではっとした。
 体重計の前にも全身鏡がある。
 自分の、ぽっちゃりした脚を見つめ、紗枝は一抹の焦りと共に、決心をあらたにした。

―ここから変わるんだぞ。
 ファイト、あたし。

 そして紗枝は、右足を体重計に乗せた。
「あ」
 タオル分の四百グラムはちゃんと引いてくれてある。その細かな気遣いに、紗枝は感心した。
 ちちち、と体重計が音を鳴らした。
 紗枝の体重と体脂肪が、数値として現れた。
「う」
 紗枝は声を詰まらせた。
 この前、自分で家ではかったよりも太っている。紗枝は顔を青くした。
 横美祢先生が、カルテにそれを記する。
「う〜ん、ちょっと体重の割りに、体脂肪が多いかな」
 先生はいった。
「ああ、そうなんですか」
 紗枝はひやりとした。
「大丈夫ですよ、こちらに来る皆さんは、そこからきちんと痩せていくんですから」
 カルテを閉じ、横美祢先生は微笑んだ。
 紗枝はそれを聞いて、ほっと息をはいた。
「はい、じゃあ、こちらのお部屋にどうぞ」
 横美祢先生が、突き当たりの右手の扉に手招いた。
「はい」
 紗枝はツバを飲んで返事をした。

―さあ、始まる。あたしのエステコース。
 お金は絶対無駄にはしない。
 ここであたしは綺麗になるんだ。

 ゆっくりと扉が開かれる。紗枝は背筋を伸ばして、その先へと進んでいった。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ