挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
外見ファクター 〜エステへGo!〜 作者:おせろ道則
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/19

第十話 セルライトの、ほぐし方

 紗枝はどきどきしながら、施術室に通された。
 この前の体験インドマッサージでは、緊張のあまり半分パニックになっていたので、なかなか部屋の隅々まで見ることができなかった。
 今日は落ち着いて施術室を見ることができる。紗枝はこの部屋にあるものすべてを、興味をもって見回した。
 その前に、エステサロン『ビューティー』の構成を説明しよう。
 このエステサロンは、十二個の施術室があり、一部屋が大体三畳ほどの個室である。
 各部屋で、マッサージや美顔、カウンセリングが行われている。
 そのため、目的に応じて、部屋に備え付けてある設備が違う。
 紗枝が通された部屋は、真ん中に大きなモスグリーンのベッドが備え付けられていた。
 ベッドは表面がナイロンで包まれていて、汗をかいても、それ以上しみこまないようにしてある。
 壁には、効果的にやせるダイエットのノウハウが書かれたポスターが貼ってあった。
 その隣には、人間の経絡を全身図で説明したポスターがあった。
 扉から向かって左脇に、小さな戸棚があった。アロマオイルと、ストップウォッチがおいてある。
 横美祢先生が、扉を閉めていった。
「はい、ではタオルいたただきますね」
「はい」
 紗枝は、するりとタオルを身体からほどき、紙ナプキン一枚で立ち尽くした。
 そのまま、ベッドに仰向けになるよう、すすめられた。
 ゆっくりと、折った膝をベッドの上で伸ばしながら、紗枝は赤面した。

―こうやって、誰かの前に裸同然で寝ころぶなんて恥ずかしいなぁ。

 紗枝はまだ、エステに対して戸惑いをぬぐいきれていないようだった。
 何せ紗枝は、体育会系だ。ダイエットと考えると、まずトレーニングする事を思いつく。
 自分の身体は、自分で動かす。そしてエネルギーを消耗する。
 ダイエットといえば、常に動くこと、能動的であり、そこに食事制限が入るのだと彼女は決めてかかっていた。
 しかし、「誰かに触られる。自分が受身になる」という、このエステというダイエット方法。
 それはまるで、紗枝には甘えのように感じるのだった。
「ええと、今日は何をするんでしょうか?」
 紗枝は尋ねた。
「そうですね、今日は、『スペシャル』で、太ももをほぐしましょうか」
 横美祢先生がいった。
―出た、スペシャル。
「スペシャルは二人でやりますからね」
「え?」
 そのとき中島先生が施術室に入ってきた。
「あ、中島先生」
 紗枝は顔を上げて先生を見た。
「お待たせしました紗枝さん。今日は私が一緒に入らせてもらいますね」
 白い歯をきらりとさせて、中島先生は笑った。
「こんにちは、紗枝さん。隣で私も、聞いてますから」
 中島先生のうしろから、店長がひょっこりと顔を出した。
「あ、店長!」
「がんばってね、紗枝さん」
 店長は微笑んで、扉の前から姿を消した。
「ではでは。紗枝さん、うつ伏せになってもらえますか」
 中島先生はいい、戸棚からボトルを出して、オイルを手に塗り始めた。
 横美祢先生もオイルをとり、紗枝の両足に塗り始めた。
―わあ。なんだかいい香り。
 そうか、今から二人で両足マッサージかな?
 紗枝はベッドにおでこを押しつけて、手は横に伸ばした。
 そしてどきどきしながら、マッサージされるのを待った。
 が、次の瞬間、激しい音が部屋に響いた。
「べちべちべちべちべちべちべちべち!」
―な、なにこれー!? いっ、痛いよー!!
 エステでは聞こえるはずも無いような音が、紗枝の両太ももから響いた。
 二人のエステシャンが、紗枝の太ももを、両手で思いっきり叩き始めたのだ。
 それはまるで、民族楽器の太鼓を叩く、原住民の宴のようだった。
―うそー!
 紗枝は思わず歯を食いしばった。
 こぶしを強く握る。
 二人は激しく、紗枝の脚をはたく。
 そして今度は、手をチョップの形にし、ずがずがずがずがと、またも彼女の太ももを叩き出した。
―あいたー!
 紗枝は涙ぐみそうになったが、ベッドにかじりついて我慢した。
「こうやって……、ね。固まった筋肉をほぐしていくんですよ」
 息を切らせながら、中島先生は、なおも紗枝の太ももをひっぱたく。
 そしてようやく叩くのが終わると、今度は紗枝の太ももを、繃帯でぐるぐる包み始めた。
「ええ、これは何ですか?」
 紗枝はぎょっとしていった。
「この特別なテープで、ほぐした脚を、綺麗な形に整えるんです。そしてこれから三十分、サウナタイムになりますね」
 横美祢はそういい、ベッドの脇のボタンを押した。
 そして、ベッドの下から大きくて厚いサウナシートを取り出して、紗枝の体全体を包み始めた。
―きゃああー、これじゃあミイラじゃない!
 紗枝は、シートに体を固定される自分の姿を、とても恥ずかしく思った。
 そのうちに、ベッドがじわじわと熱を帯びてきた。
「それじゃあ、紗枝さん。また見に来ますからね」
 二人のエステティシャンは、手をふって部屋から出て行った。
 紗枝は一人部屋に取り残され、急にぽつんとなった。
 沈黙すること、十五分。
「うう……めっちゃ暑い〜。三十分なんてもたないよ!」
 紗枝はうめき声を上げ始めた。しかし、時間まで紗枝は耐えた。

 横美祢先生が様子を見に来た時、彼女はぐったりとなっていた。それでも紗枝はがんばった。彼女の根性は強かった。
 そして、ミイラの恰好から脱した彼女は、なんと施術後、一・二キロもやせていた。
体脂肪も〇・四パーセント減っている。
「すごいです紗枝さん!」
 横美祢先生は大喜びで、カルテに体重を記した。
「は、はあ。やりました」
 体重計を降りて、紗枝はふらふらなまま笑顔を作った。
―しかし……

 ここって、ほんとにエステなの?

 そして紗枝は、突然にやーっと笑った。
 なぜだか笑いたくなったのだ。
 横美祢先生が、びくりとして紗枝に尋ねた。
「どうしました。気分でも?」
「いえ、大丈夫です」
 すると今度は、紗枝は落胆するように笑って、ついには、背を反らせて、高らかと笑った。
 それにつられて、横美祢先生も笑い出した。なぜだかおかしくなって笑った。
 涙目になりながら、紗枝は思った。
 今後、エステティックサロンのイメージは、セルライトと共に砕かれていくのだろうと、思った。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ