挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
外見ファクター 〜エステへGo!〜 作者:おせろ道則
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/19

第六話 体と一緒に「こころ」も磨こう

「え?」
 紗枝はきょとんとして店長の顔をみつめた。
 店長は凛々しくいった。
「確かに、第一印象の良し悪しというのは、大幅に外見から判断されるなと思います。
 でもね、その先、相手といい人間関係を築くかという話になると、外見だけじゃもたないと思うんです。
 長く付き合っていくとなると、『こころ』の比重が大きくなってくるんじゃないかしら」
 紗枝はうなずいた。
 店長は続けた。
「だからね、外見と同じく内面も大事だと私は思います。
 それにね紗枝さん。両者って、実は切り離せないものなんですよね。
 たとえば、昨日まで一緒にスーツを着て働いていた同僚が、ある日、ぼろぼろの、くっさいTシャツと、破れたジーンズで出勤してきたら?
 みんな、『どうしちゃったの、あいつ?』って思いません?
 その人を見る目が、何かしら変わるでしょう」
「うん、確かにそうです」
 紗枝はいった。
「つまり、『どうしたの? 何かあったの?』と、内面について考えるんですよ」
「ああ、ほんとだ!」
 紗枝は手をうった。
「みんな、内面と外見が、ある部分でつながっていることを、ちゃんと分かっているわけです。
 そうすると、内面の充実度というのは、自然と外見にも現れてくるのだと私は思います。
 私たちエステシャンは、お客様の外見を磨いていくのと同時に、内面を磨くお手伝いもしているんです。
 そうしていきたいんです」
「はい、すごい……そう聞くと、私……」
 段々と紗枝の表情に、生っ粋の明るさが戻ってきた。
「店長、なんだろう、私、とにかくもっと綺麗になりたいです!」
「えらい!」
 店長がパンとひざを叩いて、ソファーから立ち上がった。
「ちょっとこっちへ、紗枝さん」
 店長は左の壁の扉を開き、小部屋に紗枝を押し込んだ。
「て、店長」
 紗枝はどぎまぎした。
 狭い部屋で、二人は顔がくっつく位に近づいた。
―うわあ、ほんとに綺麗な肌! 
 紗枝は顔を赤くした。
 店長の美しい顔が、紗枝の十センチ目の前にある。
―こんなに綺麗なら、男じゃなくてもときめくよ!
 彼女に惚れそうな紗枝の手をとって、店長は真面目な顔でいった。
「その言葉、待ってましたよ、紗枝さん。
 そんな男のことは忘れて、ドカーンと綺麗になりませんか」
 ドカーンと? 
 紗枝は少し、引きつった笑いを浮かべた。
「えーと、つまりは?」
 秘密を耳打ちするようにひそひそと、しかし興奮して、牧野店長はいった。
「集中コースを組んで、体質改善しちゃうんです」
「コース!」紗枝は小声で驚きの声を上げた。
 店長が紗枝の手を強く握った。
「やる気のある人は、大歓迎です。
 弟からも、熱心な子だって聞いてましたし。
 店長の権限をフルに使って、あなただけの特別メニューを作っちゃいます」
 そう言い切ると、牧野店長はまじめな顔になって、紗枝の顔をじっと見た。
「紗枝さん。でもね、さっきの話なんですけど。
 人って絶対、もともと綺麗なんですよ」
「え?」
 紗枝はきょとんとして、店長の顔を見た。
 店長はにっこりと微笑んで、もう一度いった。
「人って、もともと綺麗なんです。
 私たちはね、紗枝さん。エステで何をしているかといえば、生活習慣等でゆがんだ身体を元に戻す施術をしているんです」
「ゆがみを治す施術ですか?」
「そうですよ。だからもともと持っている、その人本来の綺麗な体に戻していくんです。
 紗枝さんはもともと綺麗なんですよ」
「私がもともと綺麗なんですか……」
 紗枝は、ドキドキしながら真摯に店長を見つめた。
 店長はいった。
「私は、外見とは『外見(そとみ)ファクター』であって、
『視覚的コミュニケーション』だと思っています」
「そとみファクター?」
 つまり、因子いんし
 すごい言葉だなぁと、紗枝は思った。
「外見ファクターを磨いて、いっそう綺麗なあなたに近づきましょう、紗枝さん」
 そして紗枝の手を握っていた店長は、ついには紗枝の両肩に手をおき、きらきらとした瞳で彼女を見つめた。
「がんばりましょう!」
「……はい、店長」
 紗枝は力強くうなずいた。
「決めました。
 あたし一生懸命、綺麗になります!」



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ