挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter1:群青の群像

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/177

荒地抜け 枯葉にまみれ 季節越ゆ

「こんなところになんで人が居るんだ?」

ファイセルは距離を詰めてギョッとした。そこに居たのは人間ではなく、ズタボロの服を着たゾンビが集まって池の水を飲んでいるところだった。水源からは異臭がし、明らかに邪悪な雰囲気を放っている。

「げーっ……ゾンビじゃないか!! できれば会いたくなかったなぁ……」
3匹のゾンビはこちらに気づいて池の水を飲むのをやめて一斉に立ち上がった。

「おまえ……水、ずぁまずる。ゆづさなィ……」
「ニク……ニィグ……ィきだニンゲン」
「イキタァイ……シぢだクナイ……」

 ファイセルは後ずさった。

 ゾンビたちはズタボロになった服を着て紫色の肌をしていた。全身が腐っており、悪臭を放ちながら腕をだらりと下げて、足を引きずってこちらににじりよってくる。

 頭には毛がまばらに残り、眼球の垂れ下がった者も居る。他にも目が白濁していたり、視点の焦点がさだまらない様子で目玉がグリグリ動いていたり、既に眼球が無かったりとその様子はまるで”個性”のようだった。

 ゾンビ達は動きこそ緩慢で、知能もわずかしか残っていない。しかし、引っかかれたり噛まれたりすれば毒に感染する。

 それに正常な人間に働く力のリミッターが死んだ彼らには無いため、引っ掻きやパンチなどは強力で、大の大人を絞め殺すのも彼らにとってはそう難しくはない。

「まずいな……聖水は使ってしまったし、リューンで仕留めるならバラバラにする気で戦わないとならない」

 リーネがアドバイスした。

「とりあえず私を池に垂らして、チェックが終わるまでゾンビから逃げ回ればいんじゃないですか? そんなに時間はかかりませんから大丈夫だと思います」

 ファイセルはすぐに池の傍に駆け寄ってリーネを垂らした。ゾンビは足を引きずりながら近寄ってくるが、走れば余裕で巻くことが出来そうだ。

「うわぁ……相変わらず匂いはキッツいし、気持ち悪いしイヤだなぁ……」

 明らかな嫌悪感を顔に出しながらファイセルは池の周りを小走りで走った。

 腐った肉体を引きずりながらのろまなゾンビが追いかけてくるが、子供が肝試しにゾンビかをからかって逃げ回る遊びがあるほどにゾンビの足は遅い。

「おぼっ、おぼぼぉ」

 ゾンビが酸を吐いた。結構飛距離があるが、ここまでは届かない。そのままゾンビを引き付けながら池の周りを3周くらいした頃にリーネがビンに戻ってきた。

「お待たせしました。中部に入ってからこの手の水は多いですね。物を溶かす性質のような水が。きっとこういう水源の水が雲になって雨を降らして森を削り、荒れ地を作る元凶なんでしょう。湧き水もこの水と同じ性質のものが多いですしね」

 言われてみれば追いかけてくるゾンビたちも池の水を飲んでいたからか、肉体の損傷が激しい。体のあちこちが腐って爛れて溶けている。吐いてきた酸も池の成分が関係しているのだろう。

「よし、とっととずらかるよ!!」

 ファイセルはゾンビを振り切るため、一気に走る方向を変えて切り返し、全速力で走り、ゾンビたちを振りきった。

 そのまま荒れ地も一直線に駆け抜けて、ツネッギィの居る森の街道まで戻ってきた。さすがに息が上がる。

「ハァ、ハァ……おっと、コインを撒くのを忘れるところだった」

 ファイセルは自分のカバンを開けてコインの入った袋を取り出そうとした時、ケルクの村でもらった謝礼金の中身を覗いていないことに気づいた。

 だが、今はそんなことを考えている時でないと思い、少し減った小銭の袋から再び小銭を撒き出した。すぐにツネッギィたちが降ってきて小銭をあさり始める。

 拾い終えると満足そうにずば抜けたジャンプ力で樹上に戻っていく。その調子で周辺の水質チェックをしながらパルパの村近郊から続くツネッギィの居る森を抜けた。

 森を抜ける頃には昼過ぎになっていた。途中の村で軽く食堂によって昼食を取り、さらに夜7時くらいまで水質チェックを続けながら南下して最寄りの村の宿に泊まった。宿でリーネとあれこれ話した。

「凶暴なアテラサウルスに、モンスターがはびこる森に荒れ地、ゾンビのいる水源。こりゃ魔法局の人が助けを求めるのもわかる気がするよ。あと少しで南部のラーグ領に入るんだ。そうすれば一安心かな。ラーグ領はなんにもないけど、豊かな農産物と治安の良さは他の地域とは別格だからね」

 リーネが感慨深そうに目を閉じた。

「ああ……すごく懐かしい感じですね。故郷の湖が近づいてくるのをラグランデ川の質の変化から感じます。まぁ懐かしいと行ってもまだ半月も経ってないのですけれどね」

 ファイセルはベッドに座って棚の上においたリーネのビンに向けて語りかけている

「今日でミナレートから旅立って10日目かぁ。ラーグ領は無駄にだだっ広くてね。でもあと4日もあればシリルに着くかな。それにしても水源に寄り道したり、リーネが休眠したりしてしまったのに意外とタイムロスがなかったなぁ」

 4年前に徒歩で自宅からリジャントブイルまで入試のために向かった武者修行を兼ねた旅の時に比べ早く到着できそうなのは、わずかではあるが肉体エンチャントができるようになっているからなのかもしれないとファイセルは思った。

「4年前は足を引きずりながら旅をしたし、歩けなくなって日が高いのに宿に泊まった事もあったなぁ。でも今回の旅は毎日、時間を許す限り歩いても足が痛いってことはなかったし。思わぬ能力が成長してるのかもね」

 リーネが興味深そうに聞いた。

「スタミナが成長したんですか?」

 ファイセルは手に顎を当てて考えていたが、すぐに結論を出した。

「まぁね。さすがに僕のチームの肉体強化の得意な女の子の足元には遠く及ばないけど。多分彼女が全力疾走したら水質チェックしながらでもこの半分くらいの日数で着くんじゃないかなぁ。夜とかもモンスターを振りきってノンストップで走り抜けられると思うよ」

 リーネは”エンプ”と呼ばれる全く魔法の使えない人達の基準でしか人間の力を知らなかったため、ファイセルの運動能力にさえ驚いていた。

 しかし、更に上が居ることを知ってますます驚きを隠せないようだった。

「リジャントブイルは水道しか知らなかったので、どんな人達が通ってるのか知りませんでした。ファイセルさんの能力にも驚いていたのに……」

 ファイセルは笑いながら首を横に降った。

「僕? あはは、僕は変わり種なだけさ。僕なんかで驚いてなんかいたらコロシアム見て心臓飛び出ると思うよ。あ、リーネには心臓ないか」

 リーネが複雑そうな顔を浮かべて手を胸に当てた。

「それがですね、最近になって私にも心臓がある気がしてるんです。いや、心臓が”出来た”ですかね? 人体の中に潜って以来、自分にも血の巡りや鼓動のような物を感じているんです」

 まさかのリーネの変化に今度はファイセルが驚いた。

「人間に近づいてる……? それって成長しているって言えるのかな?」

 まじまじとリーネを見つめるが、特に外観に変化は無い。能力にも変化は見られないようだが。

「より高位な幻魔さんたちは心臓ある無しに関わらず、鼓動の事を話すとわかってくれるんです。姉妹の中では私しか鼓動を感じる者はいません。あとはお母様くらいですかね」

 ファイセルは感慨深そうにリーネに言葉をかけた。

「まぁきっと僕と同じでリーネも成長してるってことさ。お互いこの調子で頑張っていこう!!」
「はい!!」

 2人はまた一層、冒険の意思を一つに固めて眠りについた。

 裏赤山猫の月の14日。ファイセルは朝の透き通った空気の中、一面が鮮やかな赤や黄色に紅葉した枯れ葉の森、スラジュの森を抜けていた。

「ここがラーグ領との境目付近だよ。この森さえ抜ければあとは一気に温暖になって行くはずだから、旅が楽になるね」

 ファイセルの吐く息も白く、この旅一番の寒さを迎えていた。裏亀竜の月になれば、今まで歩いてきた中央部は冬季に入る。

 この森は気候の中間地点にあり、例外的に晩年紅葉が見られる秋の気候が一年中続く。美しいスポットだが自力で訪れる観光客はほとんどいない。

 モンスターがあちこちに潜む危険な森でもあるからだ。キャラバンがツアーなどを企画しているようだが、森の勝手を知らないと案内は到底勤まらない。

「あれ、落ち葉に見えるだろ? 皮膚にくっつかれると吸血されちゃうんだよ。だ・か・らっ!!」

 ファイセルは剣を抜き、振り回して葉っぱ状のモンスターを散らしながら走った。体についた分をすぐに払いのける。

「剣も意外に持っとくべきもんだな……」

剣を鞘に収めて再び歩き出した。この辺りは極端に水源の少ない水分不足の土地だ。チェックする水源も無いので寄り道せずに街道沿いに歩いて行く。森の真ん中くらいで街道の脇から子供の泣き声が聞こえてきた。

「え~んえ~ん……グズッ……え~んえ~ん」

 リーネが全く歩みを止めないファイセルを呼び止めた。

「ちょっと、ちょっとファイセルさん! 小さい子の泣き声がしますよ。様子を見に行かないんですか?」

「うわ~ん!! え~んえ~ん!!」

 そのまますたすたと歩いて行くと一層泣き声が大きくなる。ファイセルは一旦立ち止まってリーネに解説しだした。

「あれは本物の子供じゃないよ。”デコイ・アングラー”っていってね、触角の先に人間の子供によく似た囮をぶら下げて普段はその巨体を枯れ葉の下の地中に潜って隠してるんだ」

 ファイセルは声のする方に目線をやって人差し指を立てながら解説を続けた。

「で、囮から人間の子供ソックリな鳴き声をあげて、近づいた獲物をパクリと食べるという恐ろしいモンスターさ。ツネッギィ同様に知ってさえいれば恐るるに足らないんだけど、同情心に負けてうっかり近づいたらパックリいかれるね……」

 リーネは自分の無知を恥じているようだった。

「なに、気にすることはないよ。誰だって初めは知らないもん。冒険の基本はこまめな情報収集。これ鉄則ね! 僕だって近所の村の人から話を聞いていなければここも、ツネッギィの森も突破出来てなかったろうし。さぁ、ラーグ領に入るよ」

 紅葉の森がある地点を堺に緑の森へと変わる。その明るい色から暗い色へとうつるコントラストはとても美しかった。緑の森に入ってしばらく歩くと早くも気候が変わり始めた。

 さきほどまで白い息を吐いていたのが嘘のように暖かく、春の陽気の様になった。マントが厚着に感じるほどの気温だ。

「リーネは生まれて間もないからわからないかもしれないけど、ラーグは一年中、春の気候なんだ。季節が無いのを寂しがる人もいるけど、今まで通ってきた旅路を見れば暑くも寒くもないってのがいかに恵まれてるかって話だよね」

 ファイセルはマントを脱ぎながら勝手を知ったように森の中を進んだ。

「まぁ理想を言えばみんなミナレートの気候に憧れるんだけど、あそこまで気候を人為的にコントロールするには都市の魔力技術が高く無いといけないから、そんじょそこらの村や街は過ごしにくくても我慢するしか無いんだけどね」

 歩きながら久しぶりに感じる故郷の空気を味わう。むせ返るような緑の匂いが彼らを出迎えた。森の真ん中にも関わらず、モンスターの気配がほとんどしない。

 今までの中央部がいかに不毛な土地だったか思い知らされるほどだ。もっとも、前に旅した時は寄り道しなかったのでわざわざ荒れ地に踏み入る必要がなかったので目につかなかったという事でもあるのだが。

「ファイセルさん、嬉しそうですね?」

 ニコッっと笑いながらリーネが声をかけてきた。

「ああ、一応二年ぶりの帰郷だしね。まだ森の中だけどここはもう庭のようなもんだから。そりゃ気も楽になるよ。リーネだって師匠に会うのは久しぶりだろ? 成長した姿を見せられるじゃないか」

 リーネは照れくさそうに髪の毛をいじった。

「そ、そんなぁ。私は出発した時から何にも成長してないですよ~」
「またまた~」

 二人はすっかりリラックスして木漏れ陽のさす街道を歩いていった。

 深い森ではあるが、何か危険があるわけでも無いため、水源チェックも問題なく進んだ。やはりこのあたりの水はオルバの管理下にあるためか、清く美しく飲用に適した水源が多かった。

 オルバが成分を調整した雲をラーグ領内に飛ばし、その雨が大地や池、川や沼を清めているのだ。

 街道沿いに流れているラグランデ川も美しさを更に増していて、高度が上がったためかだいぶ川幅が狭まり流れが急になっていた。

 森を抜け、人里に近づくと小さな村に大きな畑の目立つ風景が広がっていた。このあたりでも北部の穀倉地帯と同様、農業や酪農が盛んである。ラーグ領はライネンテ国内二大穀倉地帯に位置づけされているほどだ。

 未開の森林も多いが、流通のある人里では必ずと言っていいほど大きな畑があるし、国内では数少ない米の名産地の為に田んぼも多い。

 首都ライネンテでも健康志向が高まっており、ヘルシーなラーグ米は庶民からセレブまで様々な層に人気があるらしい。

 また、ラーグ領には塩湖が多いという特徴がある。サルティ・オーブの地中含有量が他の地域より高いためだと言われているが、これから作られた塩も特産品の一つになっている。

 ラーグ領は内陸のど真ん中に位置するため、塩の希少価値が高く、生活に不可欠で重要な名産品となっている。

 裏赤山猫の月の17日目の朝、ファイセル達は農村と森林を交互に歩き、一日に2~3つの集落や村を抜けて故郷のシリルの目前に近づきつつあった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ