挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
世界はいつも 甘くない 作者:くろやぎさん
2/16

ジャングルは登山に含みますか?



 「…ゴクッ。」

 ゆっくりと足を引く。中腰から一歩踏み出た体勢から、そろりそろりと後ろに下がる。テントの端までたどり着き、どさりとザックを地面に落とした。

 「…ぶっっはぁ~!? なんだこれ! なんだこれ!! …え? なにどうなってんのこれ??」

 荒い呼吸を繰り返し、混乱をぶちまけて、どうにかこうにか落ち着きを取り戻そうとする。…ぶっちゃけホントどうなってんのマジで!!

 (いや、外はまだ白み始めたばかりだった、ような? …4時だよな? とにかく見間違いかも…。)

 生唾を飲み、意を決して、慎重に、四つ足で這いながらテントの入り口へ向かう。そしてやはり、そ~っと入り口をめくりあげて外を窺った。

 「…嘘やんこれぇ~。」

 外は明るかった、ちょうど朝日が昇り何かの鳥の鳴き声が聞こえた、スズメか? 違うか、クァ~って鳴いてるし。
 そしてやはり、目の前は崖だった、てっぺんだった、高さ100mぐらいか? ビルでいえば二十数階。落ちたら死ぬ高さだが、感情が麻痺してるのかまじまじと下を覗いてしまう。口をあんぐりと開けて、あ、ちょっと崩れた。

 「うおおおおぉ~~!!?」

 尻もちついてテントの中にダッシュで下がる。マジこえぇ~!?
 再び息を整え、先ほどよりさらに慎重に周囲を見回す。

 (朝? だよな。そして崖の上。高い、死ねる。そして、…森。広い、端が見えない、ジャングルか? ブラジルか? ここどこだよ、『秘密基地』ちゃうし。)

 ついつい心の声が投げやりになってしまう。落ち着かなくてはいけない。まず考えるのは、誰が・何時・何処で・どうなった?

・俺が → 夜中、寝ている間に → 『秘密基地』が → 崖になった。

 …違うな。色々抜けてるし、項目が合っていない。あとバカっぽい。落ち着かなくてはいけない。もう一度、寝てからの事を考える。

 俺は昨日、間違いなく『秘密基地』で寝て、数時間後、激痛で目を覚まし、午前4時を確認し(これは腕時計とも時間は合っていた)、そして外は広大な森と崖だった。そういえば背後は確認していない。…後ろも森だ。森の暗がりを見ていると、まだ目がチラついている。明るい場所を見ても、注意してみればチラつく何かが見える。…体が心配だ。
 …これは、自分が移動したと考えていいのだろうか? 時間が違う、場所が違う、とくればあの激痛のタイミングで移動した? 激痛の原因は? ここはどこ? 時差約2時間、日本じゃない? …分からない。 

 …とりあえず、何か食べよう。そして動こう。ここは俺の知らない場所だ。そして、誰もいないところだ。携帯は圏外、情報はない。体調も不明だ、大丈夫なのか?
 家族、友人、会社の同僚、そして生活と仕事の事、色々なことを思いながらも朝食をとった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まずは持ち物の確認だ。と言ってもあまり多くはない。予定では一泊二日だったのだ。
 今役に立ちそうなものを順番に並べていく。
 ・コンパス、マルチツールナイフ、サバイバルナイフ、ファーストエイドキット、サバイバルシート、ガスバーナー、クッカー・カトラリーのセット、トレッキングポール、メタルマッチ、LEDランタン、タオル2枚、シェラフ、テント、水筒、単眼鏡。大体こんなものだ。
 服装も軽装だ。キャップ、手袋、スポーツインナー、シャツ、シェルパーカー、コンバーチブルパンツ、登山靴、あとはソーラー式の腕時計。
 食料は、これが一番やばい。何度も言うが一泊二日の予定だったのだ。そんなに持ち歩いているわけがない。ゼリー飲料とカロリーバー、飴数個、レトルトセット2袋、固形スープの素、缶詰3個、予備の水2L弱。これだけだ。自分では十分マージンを取ったつもりだ。
 あとは、今は役に立たない地図とか、スマホとか、ティッシュとか、色々だ。

 俺は本格的に登山はしていないし、する時間も金もない、なんちゃって登山家だ。慣れた自然を満喫していただけだ。一応、泊りとかするので山岳保険は入っていたが。ならこれで十分だろう?
 これだけで、何が出来るだろうか。ここで救助を待つか? 救助って来るのか? 食料は本当に切り詰めれば二週間くらいは持つだろう。但し、動き回らなければ。その後は動く力もなく餓死するだけだ。
 もっとサバイバル勉強しとけばよかったのか?いや、ないな。これでも登山計画はしっかり立てたし、この状況はそれで計算したリスク以上だ。救助を前提としたサバイバル知識はあるが、野生の世界で生き抜く知識などない。この森は何処まで続いているんだ? 近くに人のいる町や施設が無ければアウトだ。それをあてに探すだけでも危険だ。
 結局、どちらにもリスクがある。だが、最低でも、水は必要だ。水場を探しそこで判断しよう。

 (とにかく生きねば。…生き残らねば。そして早く帰らなければ、生活が危うい!? 帰ったらクビでしたとか、軽く絶望だ。同僚の清水さんと最近仲良くなれたのに。帰ったら清水さんを、デートに誘うんだ! …フラグだ。やめよう。)

 現状を確認したところで、そろそろ出発しよう。目指すは背後の森だ。崖の方は降りられる場所は見当たらないし、その先も見渡す限り森だけだ。選択肢は、後ろにしかない。ただ、崖の反対に突っ込むのではなく、崖沿いに移動してみようと思う。崖から見下ろす森には、大きく開けた線が幾筋か通っていた。川の可能性がある。確認できれば水脈に検討がつくかもしれない。

 そうして俺は、生きる希望を探しに森の中へと足を踏み入れた。


ノリだけでは、やはりキツイですね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ