挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
世界はいつも 甘くない 作者:くろやぎさん
1/16

日常からの、非日常

初めまして、初投稿です。
勢いだけで書いてしまいました。
 

 土曜日の午後、俺は今、山道を歩いている。理由は単純に、登山が趣味ってだけだ。
 月に一回の頻度で自然の中に身を浸せば、心も体も浄化される。そんな気がするから社会人になっても続けている唯一のものだ。
 日頃の運動不足の解消もかねて、ペースは速め。今は25歳だが油断は出来ない。体力落としたくないし腹も出したくない。
 時々すれ違い、また追い越す人達と挨拶を交わしながら、そして時折立ち止まり、周囲の景色に目を細めながら、今という時間を楽しむ。
 そんな『黄昏てる』自分が、なんだか恰好つけてるみたいで、可笑しく思いながら只々黙々と歩みを進めていく。

 日が傾きだした頃、キャンプ地に着く。と言っても周囲には誰もいない。この辺りの山は所謂、初心者向けの大して深くも高くもない日帰りが基本の場所だ。
 『キャンプ地』といったのは、今日登った山と明日登る予定の山の間、ちょうど峰に当る所を勝手に拝借しているだけだ。

 ここで一人、夜空を眺めるのが最高に気持ちいいのだ。ぼっちの様だがしかし、俺はここにぼっちになりに来たのだから問題ない。やっぱりこんな『秘密基地』的なところは、幾つになっても心躍るのだ。
 ここで心を軽くし、自身を振り返り、初心を思い出す。自問自答、色即是空、心頭滅却、あんの部長ぶっ飛ばす! とか色々思いを巡らすと、また活力がわいてくるのだ。
 まあ、誰か愚痴れる相手が居ないわけではないのだが、いや、別にここで「馬鹿野郎〜!」とか叫びに来た訳でもなし! たまにするけども。

 ともかく、何が言いたいかといえば、ここが、この大自然が! 俺の心の『原点』なのだ!! …そんな気がする。都会育ちだけれども…。

 そんな独白をしつつも、テントを張り、ガスバーナーで飯を作り、食べたら一人黄昏、満点の夜空の元でシュラフに身を包み眠りにつく。今は春だ、少し肌寒いが問題ない。

「お休みなさい。」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「…っぐぅ!? …ッガハ!!」

 いきなりの苦しさに目を覚ました。いったい何が起きているのか分からない。とにかく息苦しい、…だけじゃない! 身体中が痛い!!

「…なん、だ、これ? …どうした、ってんだ!?」

 訳も分からず、只ひたすらに痛みに耐える。この激痛が一分か、それとも十分か、時間すら分からずに悶え続ける。
 そうして耐えながら、苦しい息を整えながら、今のこの状況を考え始めた。

 (…ここ、は、テントの中? まだ暗い、いや、明るい? 朝か? シュラフ、に包まってる。怪我、じゃない? 周りは、…誰も居ない?)

 痛みの為か、なんだか目がチカチカしている。今のところ、一人でただ悶えているだけで、この痛みの原因は分からない。

 (…まずい、な。助けも何もない。…俺、死ぬの? 死んじゃうの? …ヤバい、会社、連絡、報、連、…相。)

 なんてバカな事を考えながらも、自分を抱きしめ歯を噛みしめて、只々痛みに耐え続ける。こんなの歯医者さんより痛くない、痛くない、…痛い。

 …どれほど時間が経っただろうか、あれほど身体中を走り回った痛みが段々と治まっていくのを感じる。深呼吸しながらシェラフの中から這い出る。もちろん、まだ痛い。

 「…ッフー、…っふー。…何だってんだ、まったく。」

 取り合えず、といった感じで一息つく。まったく今の自分の状態は分からないままだが、次の行動にうつる気力が湧かない。しばらくはボーっとしたい、何も考えたくない。

 ・・・・・
 ・・・・
 ・・・

 (…そろそろ、大丈夫か?)

 もうだいぶ痛みが治まったころ、ようやく頭が動き出してきた。そうしたら腹も減ってきたが、とにかく現状を確認しなければならない。手探りで側にあるはずのLEDランタンを点ける。

 (…汗はひどいが、外傷はない。…じゃあ病気か? 何かの発作か? 相変わらず目がチカチカするな。)

 ランタンの光に照らされたテントの中に、何やら霞がかった様な、それよりもはっきりとしたダイヤモンドダストの様な、埃が日に照らされた様な、そんな感じの別の何かが目にチラつく。

 (…まずは連絡だ。親、会社、病院、…というか今何時だ?)

 今回の休暇はもう引き上げだ、と残念に、そして体調に不安を覚えながらもシェラフの枕元にあるスマホを手に取る。…午前4時、圏外。

 「…ん?」

 時間はまだいい、結構早い時刻だ、誰も起きてはいまい。しかし、圏外とは、なんぞ?今時携帯が通じない場所は極々少数、勿論ここはそんな場所じゃない。
 首をかしげながらも、この状況に少し危機感を覚える。このままでは最悪ここでボッチの腐乱死体だ。白骨になるまでには見つけてくれるよね?

 「…とにかく下山の準備をしよう。あと飯。」

 暗い中での山中行動は危険だ。とにかくすぐに動ける様に態勢を整えておこうと不安を押し殺し動き出す。荷物をいったんザックに詰めなおし、ランタンを持って外へ出る。

 「…。……。oh。」

 思わず変な声がこ漏れ出た。

 だってね、だって、…ねぇ?。

 一歩出たら、目の前が、崖っぷちだったんだもの。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ