挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/57

43.狙撃


 レベルアップのステ振りはちゃっちゃと済ませるとしよう。
 今回もジョブの方は『暗殺者』を上げる。
 LV8にして、5ポイントは温存だ。
 順調にいけば、あと二回レベルアップすれば、LV10になる。
 そうなれば、おそらく次の上位職へ上がれるはずだ。
 『暗殺者』の上位職ってなんだろうね?
 ……物騒な予感しかしないけど。
 まあ、その時になってからでいいや。

 次にスキルの方は、『危機感知』をLV8に、『敵意感知』をLV6へ上げる。
 これで残りはゼロ。

 スキル使用してるけど、中々熟練度上がらないな。
 そろそろ『剣術』や『急所突き』辺りは、上がっても良いと思うんだけど。
 地道にモンスターを倒していくしかないか。

 さて、移動しますかね。
 あ、そう言えばこの辺りには生協があったな。
 ついでに、物資も頂いて行こう。

 ―――歩く事数分。
 生協に到着する。
 『索敵』に反応があった。
 モンスターじゃない。人間だ。
 どうやら、先客がいたらしい。

 近くに隠れて、様子を窺うと、店内に居たのは学生たちだった。
 あれは……西野君のグループか。
 数は全部で四人。その内の一人は眼鏡君だ。
 彼らは笑顔でリュックや買い物カートに、食材を詰め込んでいる。
 ようやく食料を見つけたんだろうな。かなり嬉しそうだ。

「やべー、超食い物一杯あるじゃんよ」
「ぷはー、コーラ超うめえ!ぬるいけど!ハハハハ」
「おい、ポテトも食おうぜ!どうせ全部は持っていけねーんだしよ」
「み、みんな……食べてないで、早く運んじゃおうよ……」
「あ?大野、てめー誰に指図してるんだ?」
「そーそ。西野の眼もねーんだし、少しくらい役得があったって良いじゃねーか。あ、チクったら殺すから。ぎゃはははは」
「い、痛っ。やめてよ、肩叩かないでよ……!」
「別に触っただけだろうが、いちいち大袈裟なんだよテメーは」
「そーそ。あ、大野、ポテトとって」

 うわー……典型的ないじめっ子といじめられっ子の会話って感じがする。
 眼鏡君、可哀そう。助けないけど。
 一人で黙々と荷物詰めながら、彼らのパシリしてる。

 しかし、買い物カートに荷物詰めてるけど大丈夫なのかね?
 それ結構動かす時、音響かない?
 途中で、モンスターに襲われる可能性が高くなる気がするけど……。

 まあ、俺が気にする事じゃないか。
 とりあえずここでしばらく待つか。
 数分すれば、彼らも出ていくだろう。
 その後で、俺も物資を回収すれば良い。



 それから数分後―――。
 ようやく彼らが荷物を詰め、立ち去ろうかとしたその時、『索敵』に反応があった。

「ん……?」

 少し離れた所に居る気配……人じゃないな。
 モンスターだ。
 少し身を乗り出して『望遠』で確認すると、見つけたのはレッサー・ウルフ二匹。
 少しずつこちらへ接近してきている。

 よりにもよって、コイツらか。
 また俺か?俺の方に来るのか?と思ったが、どうやら違ったようだ。
 レッサー・ウルフたちは店内に居る学生たちに狙いをつけたらしい。
 俺の方には目もくれず、生協の方へ向かってゆく。

「お、おい!アレを見ろ!」「マジかよ……モンスターじゃん」
「アレって、昨日戦ったヤツじゃね?」

 眼鏡君たちもようやくレッサー・ウルフの存在に気付いたようだ。
 ずいぶん慌てている。
 『索敵』系のスキルを持ってる奴はいないのか?
 よくそれで探索に出ようと思ったな。
 というか、そこまで慌てなくても、モンスターの襲撃くらい予想出来るだろ。
 西野君、人選ミスじゃないか、これ?

「み、みんな、何してるんだよ!早く逃げようよ!」

 学生たちが武器を構える中、一人異を唱えたのは眼鏡君だ。
 彼は食料の入ったリュックを大事そうに背負いながら、逃げようと声高に叫んでいる。

「ハァ?大野、お前ビビってるわけ?相手はたった二匹だぞ?らくしょーだろ?」
「そうだぜ!昨日、レベルも上がったし、今度は負けねーよ」
「で、でも昨日みたいに、仲間を呼ぶかもしれないんだよ?そ、そうなったら僕らじゃ無理だよ……」

 眼鏡君は、昨日の様にレッサー・ウルフが仲間を呼ぶことを警戒しているらしい。
 それは正しいな。
 あの行動には、俺もえらい目に遭わされた。呼ばれた個体が何故か俺の方ばっか来るし。
 だが、他の学生たちはそうは思わなかったらしい。

「ハッ!だったら、その前に倒せばいいだけだろうが!」
「そうだぜ!せっかくだし、レベル上げよーぜ。六花の馬鹿に、ずっと偉そうにさせる訳にはいかねーんだよ!」
「うらあああああああああ!死ねえええ!」

 彼らは駆け出し、レッサー・ウルフへと向かってゆく。
 仲間を呼ばれる前に倒せばいいか。
 うわぁー……何という脳筋理論。

 つーか、無理だろ、それ。
 コイツら、ホントに現実見えてるのか?
 昨日、あんな地獄を経験して、何でそんな言葉が出る?
 それとも、それが出来るくらい彼らはレベルが高いのか?

「うらああああ!死ねええええええ!!」
「ガルルルルルッ!!」

 レッサー・ウルフと学生たちの戦いが始まる。
 眼鏡君は参加してないから三対二か。
 数の上では有利だし、もしかして本当にレッサー・ウルフたちを瞬殺……出来てないな。
 めっちゃ苦戦してるし、むしろ押されてる。

 うん、これ現実見えてないだけだ。

 どう見たって、彼らのレベルは高くない。
 スキルも、それほど大したものは持ってないんじゃないか?
 それでよくそんなデカい口叩けたな。
 西野君から、食料や安全第一でとか言われてないのか?

 そんな彼らの様子を見て、眼鏡君の表情はどんどん青くなってゆく。
 彼は急いでリュックを背負う。

「っ……!ご、ごめん!」

「あ、おい!大野、てめえ!?」
「逃げんな、コラッ!」

 眼鏡君は、仲間を見捨てて、逃げ出した。
 その姿はどんどん小さくなってゆく。
 逃げ足速いなぁー……。

 まあ、でも正しい判断か。
 彼ら、どうやったって眼鏡君の言う事、聴かなさそうだし。
 あと多分勝てないだろうし。
 それなら多少なりとも食料持って、自分だけでも逃げ延びた方がいい。

 うん、何も間違っちゃいない。
 少なくとも、俺ならそうする。
 さて、彼らはどうなるかね?

「ハァ……ハァ……クソがッ!」
「おい、如何すんだよ……?このままじゃ……」
「うるせえ!ここまで来たら、やるしかねーだろうが!」

 学生たちは徐々に傷つき、疲弊していく。
 これ、多分死ぬな。

「うらあああああああ!」

 学生の一人がレッサー・ウルフに突撃を仕掛けた。
 だが、レッサー・ウルフも楽々と躱し、そのまま彼の首に噛みつこうとする。
 あ、これ死んだな。

 そう思った瞬間、パン!と小さな発砲音が聞こえた。

「……え?」

 突然、レッサー・ウルフの頭が爆ぜた。

「は……?」

 学生は何が起こったのか分からないと言った表情を浮かべる。
 俺もそうだ。

 何だ?今、何が起こった?

 再び、パン!と小さな発砲音が聞こえた。
 すると、もう一体のレッサー・ウルフの頭も爆ぜた。

 ……もしかして、今のって狙撃か?
 でも、一体どこから?
 あの眼鏡君のスキル?
 いや、多分違う。
 音がした方向は、彼が逃げたのとは全く別方向。
 場所は―――。

 俺は音のした方を見る。
 百メートル以上離れた場所に在る高層マンション。
 その屋上で、何かが不自然に光った。
 あそこか。

「お、おい!何かしらねーけど、今の内に逃げようぜ!」
「あ、ああ!」
「ひいいいいいいいいい!」

 学生たちは必死になって逃げてゆく。
 その情けない姿よりも、俺の関心は既に向こうの高層マンションに集中していた。

 あそこから撃った?
 だとすれば相当な距離だぞ?
 銃?……でも、この日本で?
 いや、何らかのスキルか?

 様々な疑問が頭を駆け巡る中、天の声が響いた。

≪メールを受信しました≫

 ……は?
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ