挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/57

31.遠吠え


 とりあえずは様子を見てみるか。
 シャドウ・ウルフの下位版……レッサー・シャドウ・ウルフってところか?
 長いな。レッサー・ウルフでいいか。
 初めて見るモンスターだし、なによりモモが魔石を食べて、『スキル』を得たモンスターだ。気にならないと言えば、嘘になる。

「うーっ……!」

 モモ、静かに。
 ……珍しいな、モモがこんなになるなんて。
 今まではどんなモンスターを見ても騒がなかったのに。
 どしたんだろう?

「モモ、どうしたんだ?」

 訊ねると、モモは急に俺に体を擦り寄せてきた。
 しかもいつもより強めに。
 ぴったりくっ付いて離れない。
 夜は冷えるからすごく温かい……じゃなくて。

「……モモ、まさかとは思うが、俺があのレッサーウルフたちの事を、じっと見つめてたから不機嫌になった……なんて事はないよな?」

 するとモモは、ぴくんと反応した。
 そして「くぅーん」と寂しそうに鳴く。

 ……まさかの正解だった。

「いや、モモ。あれ、モンスターだから。別に飼おうと思って見つめてたわけじゃないからな?」

「くぅーん?」

 モモはほんとう?って感じで見つめてくる。
 ホント、ホント。
 俺はモモが居れば十分だから。
 アレ、ペットじゃなくて、モンスター。ただの経験値だからね。
 俺がそう言うと、モモはようやく納得してくれたようだ。
 離れる前に、もう一回身体を強く擦り付ける。
 可愛いなぁ、もう。

「―――と、いかん。よそ見をしてる場合じゃなかった」

 再びホームセンターの方へ視線を移す。
 レッサー・ウルフたちは、まだ駐車場の付近をウロウロしていた。
 用心深い性格なのか、見張りの居る入口には一定以上近づかないで、車の下に潜ったり、地面の匂いを嗅いだりしていた。

 見張りの学生二人は気付いていない。
 それどころか、呑気に欠伸なんてしてる。
 おいおい、もう少し危機感もてよ……。見張りの意味ないだろ。

 うーむ、バレていないのであれば、このまま狩ってしまうのも手か?
 『危機感知』の反応からみても、レッサー・ウルフの強さはそれ程でもなさそうだし。
 せいぜいゴブリンとホブ・ゴブリンの中間くらいだろうか。
 『影』のスキルがどの程度かは気になるが、おそらくそっちもモモの方が上だ。
 奇襲が成功すれば、間違いなく俺たちが勝つだろう。

 いや、でも、待てよ?
 そもそもレッサー・ウルフに、奇襲は成功するのか?
 俺の持つ『気配遮断』や『潜伏』は便利なスキルだが、『匂い』までは消す事は出来ない。
 それはモモで実証済みだ。
 あの手のモンスターは、嗅覚が優れてるってのがお約束だ。
 アイツらがモモと同等以上の嗅覚をもっているなら、近づいた瞬間に俺に気付かれる。
 奇襲という、俺の持つ最大のアドバンテージが生かせなくなる。

 ならば、このまま見て見ぬふりをするのが一番だろうか?
 その上で、彼らとレッサー・ウルフが交戦してる間に、混乱に乗じてホームセンターの物資を頂き、逃走する。
 我ながら呆れる位、下種な作戦だが、俺にとっては一番確実でメリットがある。

 というか、そもそもあの学生たちレベルってどのくらいなんだ?
 俺の現在のレベルは7。
 比較対象が無いから、それが高いのか、低いのか分からない。
 あの子達のレベルが分かれば、俺の立ち位置も把握できるんだけど。

 うーん、でも出来れば、あの子達にはまだ死んで欲しくはないんだよなぁ。
 別に情が移ったとか、食料の件で悪いと思ったとかではない。
 単純に、今後を考えれば、彼らには生きていてもらった方が、俺にとって都合がいいのだ。
 特に西野君とか言う学生は、かなりのリアリストだ。
 アイテムボックスの件で、警戒されたかもしれないが、上手く事を運べば共闘関係を築けるかもしれない。表だって接触はしなくても、連絡を取り合う方法はあるわけだし。

 ショッピングモールや、自衛隊の時のような、どうしようもない状況とはわけが違う。
 順調にレベルを上げてくれれば、彼らは良い感じの戦力になってくれるだろう。
 あのハイ・オークに対抗する為の。
 逃げるにしろ、戦うにしろ、戦力は多いに越したことはない。
 俺とモモだけでは出来る事に限界があるわけだし。

 ―――と、そんな風に俺が悩んでる間にも、レッサー・ウルフたちは動き出していた。
 駆け出し、学生たちの居る入口へと近づいてゆく。
 そこに来て、ようやく彼らもモンスターの存在に気付いたようだ。

「も、モンスターだあああああああああ!?」

「敵襲ッ!敵襲ゥゥゥゥッ!!」

 大声で叫び、中にいる仲間に伝える。
 既にレッサー・ウルフの牙は、目前まで迫っている。
 一人はギリギリで躱した。
 躱されたレッサー・ウルフはそのまま壁に激突する。
 その瞬間、見張り役の少年は、手に持った鉄パイプを叩きつけた。

「ゴアアアアア!」

「このっ!このおおおおお!」

 何度も何度も鉄パイプを叩きつける。
 堪らないと思ったのか、レッサー・ウルフは飛び跳ね、少年から距離をとった。
 もう一人の方は……?

 見れば、もう一人の少年は、腕に噛みつかれていた。
 叫び声をあげながら、必死に振りほどこうとするが、レッサー・ウルフは離れない。

「くっそ!そいつから、離れろおおおおおおお!」

 もう一人の学生が、噛みついていたレッサー・ウルフに鉄パイプを叩きつけて無理やり引き剥がした。
 鉄パイプを使っている姿が、妙に様になっているな。
 もしかして、杖術か棍術辺りのスキルだろうか?

「大丈夫か?」

「痛ぇ……痛ぇよ、うぅ……うぁぁぁ」

 噛みつかれた腕が、かなりひどい事になっていた。
 肉が抉れ、骨が見えている。
 四匹のレッサー・ウルフはじりじりと距離を詰める。
 二人の顔に焦りと恐怖が浮かぶ。

「二人とも、大丈夫か!」

 だがその瞬間、中から西野君が現れた。
 その後ろには、数名の学生たちの姿もある。
 見張りの少年たちの顔に安堵の色が浮かぶ。

「大野!二人を奥へ!急いで手当を!残りは防衛だ!」

「「「おうッ!」」」

 学生たちは各々武器を構え、レッサー・ウルフと対峙する。

「グルル……」

 しばらく両者は向かい合っていたが、数の不利を悟ったのか、レッサー・ウルフたちはゆっくりと後退し始めた。
 撤退するのか?
 だが、俺の予想は外れた。
 一体のレッサー・ウルフは首を上げ、空に向けて吠えたのだ。

「ウォォォオオオオオオオオオオオオオオン!!」

 それにつられるように、他のレッサー・ウルフたちも吠え始める。

「な、なんだ?」
「アイツら、何かするつもりか?」
「ハッタリだろ?今の内にやっちまおうぜ」
「まさか……急いでソイツらを倒すんだ!早く!」

 学生たちが訝しげな表情を浮かべる中、唯一西野君だけが、焦った表情になった。

 なんだ?
 何か知らんが、ヤバい気がする。
 その予感は正しかった。
 『索敵』に反応があった。
 モンスターの気配がする。ここに集まってきている。
 それも、一体や二体じゃない。
 どんどん増えていく。
 『危機感知』が警鐘を鳴らす。

 マジか。
 アイツら、仲間を呼びやがった……!
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ