挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/57

30.勘違い


 学生たちの会話を聞きながら、俺は自分の頬がひきつるのを感じた。
 ヤベぇ、調子にのってやり過ぎた。
 アイテムボックスの性能を試すのが楽しかったんだよ。
 だって目で見ただけで収納って、そりゃテンションあがるじゃんか

 でも、流石に根こそぎはやりすぎたな。そりゃ悪目立ちもするか。
 ……まあ、戻す気はないけどさ。

「食料がない……だと?それは、本当なのか?」

「ああ……。俺だって、何度も確認した。でもアイツら嘘を言ってる様には見えねぇんだ。ど、どうするんだ、西野?このままじゃ、俺ら……」

 報告に来た学生の声はかなり動揺していた。
 壁越しにでも、眼鏡君や不良君も動揺してるのが伝わってくる。
 そんな中、一人冷静だったのは、やはりリーダーの西野君だった。

「……大野、食料の備蓄はどの程度残ってる?」

「えっ?えーっと、あの、その、確か僕らだけなら、三日くらいは持つ程度は残ってたけど……その、さっきの人達にあげた分が減って……だから」

「おい!グダグダ言ってないで、結論から言え、ぼけ!」

「ッ!ご、ごめんなさい!」

 しどろもどろに答える眼鏡君に、不良君が吠える。

「やめろ、柴田。そうやって、すぐにがなり立てるのは、お前の悪い癖だぞ?」

「……っす、すいません」

「大野、ゆっくりでいい。食料はどの程度、残っている?」

「ッ……!ご、ごめん。えとえと、その……か、かなり少ない……と、思う。多分、もって一日くらいかな……」

 眼鏡君の返答に、周囲の皆は沈黙する。

「そうか……分かった。この事は避難してきた人たちには聞かれてないよな?」

「あ、ああ、勿論だ」

 俺はばっちり聞いてるけどね。

「ならいい。くれぐれも、この事は悟らせるな。食料の備蓄が少ないって事を知られれば、暴動が起きかねない。他の皆にも、そう伝えてくれ」

「わ、分かった」

 そう言って、伝えに来た学生は部屋を出て行く。

「はぁ……厄介な事になったな……」

「そうっすね……」

「話を整理しよう。状況から見て、物資が無くなったのは、三回目の運搬作業が終わって、四回目が始まるまでの間だ。時間的には、およそ二時間位か。普通に考えれば、その程度の時間で、この周辺の店から商品を根こそぎ奪うなんて不可能だ」

「そうっすよね。でも、だとしたら―――」

「ああ、そういう『スキル』を持ってる奴の仕業ってことになる。それも、規模から考えて、かなり高いレベルだろうな」

「あ、アイテムボックスとか転移魔法とか、そう言う感じのスキルじゃないかな?ネット小説だと、その手のスキルってよくあるし」

 うん、正解。
 流石、眼鏡君。ネット小説愛読者なら、『鑑定』、『アイテムボックス』の二つは押さえておきたいよね。

「まったく厄介な事をしてくれた」

「畜生、どこのどいつだ!人様の物、勝手に奪いやがって!」

 いや、不良君。
 そのセリフ、完全にブーメランだぞ。
 お前らの物でもないからな。

「……」

「ど、どうしたの、西野君?考え込んで……?」

「いや……いくらなんでも、タイミングが良すぎると思ってな。俺たちが避難民を受け入れたこのタイミングで、こんな事が起きるなんて……」

「に、西野君は、その人が狙ってやったと思ってるの?」

「大野、まだ単独犯だと決まったわけじゃないぞ。俺たちみたいにグループで行動してる可能性だってある」

「あ、そっか……」

 いえ、ソロです。

「それに、あくまで偶然が重なっただけって可能性もある。まだ近くにいるかもしれない」

「探すんっすか?」

「可能であればな。でも……もし仮に、そいつが『意図して根こそぎ奪っていった』のだとしたら、厄介な事になる」

「それって……どういう事っすか?」

「分からないのか?そんな事をする理由は一つだけだ。俺たちが避難民を受け入れたのと同じ理由だよ。今の世界で、食料や日用品がどれだけ価値を持つと思う?時間が経てば経つほど、その価値はどんどん上がっていくだろう。上手く交渉材料に使えば、言う事を聞く奴はいくらでもいるだろうさ」

「そ、そうだよね……」

 いやいや、そんなつもりないから。
 やべぇ、めっちゃ勘違いされてるよ。
 そんな事、ちっとも考えてなかった。
 ただアイテムボックスの性能を試すのが楽しくて、調子に乗っただけだなんてとても言えない……。

「どちらにしても、この調子で食料をどんどん奪われれば、不味い事になる。早いとこ、まとまった食料を確保しなきゃいけない」

「捜索範囲を広めるんっすか?」

「リスキーだが、それしか手はないだろう。出来ればすぐにでも出たいが、あいにくともう夜だ。モンスターがうろついてるこの状況で、夜の探索は危険すぎる。今日は休んで、明日日の出と共に行動を開始しよう。
 それと、もし犯人の狙いが物資の独占なら、ここにもやって来る可能性が高い。十分に注意しておけ」

「うっす」
「わかったよ、西野君」

 そこで話し合いは終了したようだ。
 三人は休憩所を出て、売り場の方へと向かって行く。
 それを見計らって、俺は一旦ホームセンターを出た。

「ふぅー……」

 思わず深いため息が出る。
 どうしようかなー、ほんと、これ。
 めっちゃ誤解されちまったよ……。



 その後、ホームセンターから、少し離れた建物の中に入り、休憩スペースを確保する。
 アイテムボックスから食料を取り出して、遅めの夕食だ。
 モモも影から出てきて、ドッグフードを与える。

 今日はもう寝るか……。 色々あって疲れた。
 ホームセンターの物資については明日考えよう。
 そう思い、布団に入り眠ろうとした。

 その瞬間、『索敵』に反応があった。

「……ん?」

 それはモンスターの気配だった。
 数は……全部で四体。
 こっちに向かって来る。
 いや、正確には、俺が隠れてる建物ではなく、ホームセンターの方角へ向かっている。

「モモ、出るぞ」

「わん」

 建物から出て、ホームセンターの方へ向かう。
 身をひそめ様子を窺うと、そこに居たのは、狼のようなモンスターだった。
 あれって……俺が初めて轢き殺したモンスターに似てるな。
 確か、シャドウ・ウルフだったっけ?
 でも、あれよりも一回りサイズが小さい。
 シャドウ・ウルフの下位版って所か。
 ソイツらは、ホームセンターの周囲を徘徊し、中の様子を確かめている感じに見えた。

「ウー……!」

 モモが深い呻り声をあげる。
 犬の様な外見のモンスターだからか?
 かなり警戒心剥き出しの様子だ。

「学生たちの方は……まだ気付いてないのか」

 入口には二人の見張りがいるが、彼らは気付いた様子が無い。
 もう暗いから、モンスターの姿が視認できてないっぽいな。
 というか、『感知系』のスキルを持ってる奴は居ないのか。
 あ、居たら、俺の存在にも気付いてたか。

 どうすっかなー。
 これ、ヘタに手を出すとこじれるパターンな気がする……。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ