挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/57

32.なんで俺の方に来るのだろうか?


 周囲にモンスターの気配がどんどん増えてゆく。
 それも一種類だけじゃない。
 ゾンビやゴブリンの気配もする。
 あの遠吠えは、同種のモンスターだけでなく、周囲のモンスターを引き寄せる効果があるのか?いや……レッサー・ウルフたちの動きに応じて、他のモンスターが漁夫の利を得ようとしてるって可能性もある。
 どちらにしても、油断したな。
 引き際を見誤ったかもしれない。

 よし、逃げよう。
 あっちこっちからモンスターの気配がするけど、一点突破すれば俺のステータスなら可能だろう。
 でもその前にだ。

「……こいつらを何とかしないといけないよな」

「グルルル……」
「ウゥゥゥッ……!」

 俺とモモの周囲を囲む様に、暗闇から現れるレッサー・ウルフたち。
 その数、四匹。
 先程の遠吠えで、真っ先に駆け付けてきたのだろう。
 『潜伏』や『気配遮断』を使ってる筈なのに、俺に気付いたって事は……。

「やっぱ、匂いで分かるのか……」

 予想歩通りとはいえ、相性最悪だな。
 俺のスキルのメリットが全く生かせない。

「ていうか、お前らを呼んだのは向こうだろ?あっち行けよ」

「ガルルルル……」

 試しにそう言ってみるが、当然言葉が通じる筈もない。
 むしろ、警戒の色を濃くしながら、近づいてくる。
 やる気満々の様だ。

「……モモ、狩るぞ」

「わん!」

 仕方ない。こいつらは、ここで狩っていく。
 コイツらを振り切って逃げることも可能かもしれないが、向こうは嗅覚が優れている。
 俺やモモの『匂い』を覚えられて、追跡でもされれば厄介だ。
 おまけにコイツらは群れで行動している。
 継続的に追われ続けるなんて事態になったら最悪だ。

 俺はアイテムボックスから包丁を取り出し構える。
 レッサー・ウルフたちは警戒しながらも、少しずつにじり寄ってくる。
 前後左右を囲み、一斉に襲い掛かる算段なのだろう。
 でも、こっちにも多対一の戦い方はあるんだよ。
 レッサー・ウルフたちがさらに一歩、踏み出す。

「―――効果範囲内だな」

 その瞬間、俺はレッサー・ウルフたちの頭上目掛け、家電や自販機を解き放つ。
 初見殺しの家電殺法。
 突如、頭上に現れた落下物にレッサー・ウルフたちが驚く。

「グルッ!?」
「ガウッ!?」
「――ガッ!?」

 避けきる事も出来ずに、三体のレッサー・ウルフは下敷きになる。
 ゴブリンに比べて、耐久は低いようだな。
 グチャッと鈍い音が響く。

≪経験値を獲得しました≫
≪経験値が一定に達しました≫
≪クドウ カズトのLVが7から8に上がりました≫

 レベルアップを告げる天の声。
 嬉しいが、それを気にしている余裕はない。
 辛うじて今の攻撃を避けた一体が、こちらへ向かってきている。

「モモ!」

「わん!」

 モモの『影』が伸びる。
 それはレッサー・ウルフの足に絡みつき、動きを阻害する。

「ガァッ!?」

 身動きが取れなくなるレッサー・ウルフ。
 レッサー・ウルフもすぐに『影』を出そうとするが、そんな時間は与えない。
 直ぐにその頭上に向けて、再び自販機をたたき落とす。

≪経験値を獲得しました≫

 地面に転がる四個の紫色の魔石。
 それを素早く回収し、モモへ投げる。
 モモは完璧にキャッチして、そのまま食べた。

「どんどん増えてるな……」

 レッサー・ウルフの遠吠えは今も続いている。
 続々と集まってくるモンスターたち。
 ゴブリンやゾンビを含めて、視認できるだけで数十体。
 ホブ・ゴブリンの姿も確認できた。
 一体、どこにこれだけ隠れていたんだか……。
 少しでもモンスターの少なそうな箇所を探す。

「よし、モモ!向こうからなら、逃げられそうだ!行くぞ」

「わん!」

 悪いな、学生たち。
 俺は逃げる。
 頑張って生き延びてくれ。
 ちらりと、ホームセンターの方を見る。
 学生たちはレッサー・ウルフやゴブリンを相手に奮闘していた。
 避難民も数名戦いに参加している様だ。中には角材を持って戦っている奴も居る。

 西野君はどこかと思って探すと、皆の背後に居た。
 大声で指示を出しながら、仲間に向かって手をかざしている。
 何だ、アレ? 手から放たれる淡い光。
 その光に当たった学生たちの速度や力が増しているように見える。
 もしかして支援魔法とか?そう言うスキルもあるのか?

「でも妙に動きが控えめだな……」

 防衛に徹しているようにも見える。
 それに……なんか思ったよりも、戦ってるモンスターの数が少なくないか?
 もっと一杯居た筈だけど?
 他のモンスターたちはどこに行った?

「ん……?」

 そして、気付いた。
 入口から離れた駐車場の中心。
 モンスターたちは、そこに集まっていた。
 彼らが囲む様にして戦っているのは、一人の女子高生だ。
 ギャルっぽい見た目で、髪をサイドテールに結んでいる。
 彼女は二本の鉈を振り回しながら、モンスターを相手に奮闘していた。

「嘘だろ……なんだ、ありゃ?」

 その女子高生の体からは、湯気の様なモノが出ていた。
 それにこの暗闇でも、その瞳が赤く爛々と輝いているのが見える。
 彼女の鉈は、モンスターたちの体を切り裂き、蹴りあげられたゴブリンは数メートル近く宙を舞った。あ、パンツ見えた。
 レッサー・ウルフが『影』で拘束しようにも、女子高生は無理やり影を引き千切って、鉈を振り回し続ける。
 彼女の叫びと共に、次々にモンスターが斬り伏せられてゆく。
 傍から見てても、異様な光景だった。

「明らかにスキルだよな、あれ……」

 『強化』……?
 いや、『狂化』だろうか?
 多分、戦闘能力を底上げするスキルだ。
 もしかして彼女が不良グループの主力なのか?
 他の学生たちは、彼女の邪魔をしない様に、防戦に徹しているようにも見える。

「……意外と、なんとかなりそうだな」

 学生たちの戦力は、俺の予想以上に充実してるみたいだ。
 あれなら、自力で何とかするだろう。

「……っと、呑気に戦闘を眺めてる場合じゃないな。さっさと逃げ―――」

 そう思った瞬間―――ぞわりと寒気がした。

 『危機感知』が警鐘を鳴らす。
 『敵意感知』が反応を示す。
 なんだ?
 何か居る……!

「ウォォォオオオオオオオオオオン―――………」

 遠吠えが聞こえた。
 声のした方を見れば、先程まで俺が休んでいた建物の屋上。
 そこに一体の魔物が居た。

 月をバックに佇むその姿は、どこか幻想的ですらある。
 『暗視』のおかげで、その姿がはっきりとわかる。
 レッサー・ウルフよりも一回り以上大きいその姿。
 間違いない。
 俺がこの世界になって、初めて轢き殺した魔物。

「……シャドウ・ウルフ」

 しかも俺がひき殺した個体よりも更に大きい。
 ライオン並みの大きさがありそうだ。
 闇の中で爛々と紅く輝くその双眸は、明らかに俺とモモを見つめていた。

「だから、何でターゲットが俺らなんだよ……。あっちに行けよ」

 問いかけてみるが、返答など有る筈がない。
 そもそも、この距離で聞こえてるかどうかも分からない。
 だが、俺にはシャドウ・ウルフが嗤ったように見えた。
 影を纏いながら、建物から降りてくる。

「……どうやら、逃がすつもりはなさそうだな」

「わん」

 モモも、『影』を出し、臨戦態勢に入る。
 どうやらコイツを何とかしない限り、ここから逃げる事は出来なそうだ。
 シャドウ・ウルフから視線を外さずに、素早くステータスを操作する。

≪SPを10消費して、アイテムボックスのLVをあげますか?≫

 イエスを選択。

≪SPを消費しました。アイテムボックスがLV10に上がりました≫

 遂にアイテムボックスがLV10の大台に到達する。

 その瞬間、頭の中に再び天の声が響く。
 それを聞いて、俺は笑みを深くした。

「よし、行くか、モモ!」

「わん!」

 気合を入れ、俺とモモは前へ駆け出した。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ