挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/58

13.コンビニ泥棒



「よし、入るか……」

「わん」

 周囲にモンスターの姿が無い事を確認して、俺とモモはコンビニに入る。
 店内の電気は消えていた。
 床には砕けたウィンドウガラスや商品が散らばっており、モンスターが暴れたというよりかは、人が火事場泥棒を働いたという感じの荒れ方をしていた。

「意外と物が残ってるなー……」

 持ちきれなかったのか、結構な数の食い物や飲み物が店内には残されていた。
 俺は片っ端からアイテムボックスに収納していく。

 でも流石に量が量だ。
 これ全部収納するのには、かなり時間が掛かるかもな。
 物品を収納しながら、店内を歩き回る。
 すると、気になる物を見つけた。

「……ん?」

 無造作に床に転がっていた『それ』に手を伸ばす。
 それは青い小石だった。

「これ……まさか魔石か?」

 色といい、形といい、俺が今まで倒したゴブリンの魔石にそっくりだった。
 収納してみると、案の定『ゴブリンの魔石(極小)×1個』と表示された。

「ここで戦闘があったのか……?」

 でも、だとしたらどうしてここに魔石が落ちたままになってるんだ?

「……慌てて逃げたからとか?」

 例えば、火事場泥棒をしている最中に、偶然ゴブリンに出くわし、何とか倒して慌てて逃げたとしたら、そんなの確認してる暇もないだろう。その後に聞こえるアナウンスも含めれば、とてもその場にいようだなんて思えないだろうし。

「ま、これはありがたく頂戴しておこう」

 俺はそれをモモに渡す。
 モモは嬉しそうに魔石を食べた。
 見つかった魔石はアレ一つだけだった。



 次のコンビニの裏側に回る。

「へぇーコンビニの裏側ってこうなってるんだな」

 店内にあるスタッフ用の出入り口から奥へ入り、中を見渡す。
 コンビニの裏側って初めて見るな。こんな感じになってるんだ。
 お、ペットボトルの隙間から店内が見える。
 なんか新鮮だな、こういうの。ちょっとわくわくする。

 幸いこっちの方は荒らされていなかった。
 殆どの物が手つかずのまま残されていた。
 俺にとってはありがたい話である。

「箱ものが多いんだな」

 コーヒーやお茶、酒なんかはダンボールで置いてあったが、食べ物、特に弁当系はあんまし置いてなかった。
 まあ、コンビニだし、賞味期限とか厳しいから、素早く時間で捌いていくために、在庫は余りおいてないのかな?
 お、発売前の雑誌も置いてある。
 ありがたく頂戴しておこう。


「モモ、お待たせー……あれ?」

 モモからの返事がない。
 どうしたんだろうかと、思って店内を見渡すと、モモが口に何かを咥えてこちらへ向かってきた。
 その口にはしっかりと小袋のドックフードが咥えられていた。

「……ほしいのか?」

「わん」

 欲しいらしい。
 でも返事をした瞬間、ドックフードが床に落ちた。
 慌てて再び口にくわえるモモ。

「……モモ、それが欲しいのか?」

「わん」

 ポトッ。
 また落とした。
 モモは慌てて咥える。
 可愛い。

 もう一回聞いて、慌てるモモを見てみたいけど、あんまり意地悪しちゃ可哀そうだ。
 俺はモモから小袋タイプのドックフードを受け取り、アイテムボックスに収納した。

「くぅーん?」

 えーしまっちゃうの?たべちゃだめなの?とモモが訴えてくる。

「駄目だ。さっきあんなにドックフード食べたじゃないか。後でちゃんと食べさせてやるから、我慢しなさい」

「……わふん」

 ちょっと自信ない返事だった。
 ……駄目だよ?あげないよ?
 そんなキラキラした目をしたって、駄目なものは駄目です!
 心を鬼にして、俺はモモの視線に耐えた。
 ようやくモモは諦めてくれた。
 ふっ、やれやれ。厳しい戦いだったぜ……。


 それから数分後。

「ふぅー…。これで大体全部か……」

 ようやく収納作業を終えた。
 結局、店内に在った在庫はアイテムボックスに収まってしまった。
 リストも物凄い量になってる。
 これだけで少なくとも半年は食い繋げるだろうな。
 あくまで俺一人でなら、という前提だが。

 さて、これからどうするか?
 腕時計を見ると、時間は既に午後の三時を回っていた。
 おやつの時間だな。いや、違うか。

 日が暮れるまでには、なんとか安全な場所を確保したいな。
 夜行性のモンスターなんて居たら厄介だ。
 今日はもう捜索は諦めて、一旦アパートに戻るべきか?
 最悪、モモと交代で番をすれば、体を休める事は出来るだろうし。

「ん?」

 そんな風に俺が考えている、ふと、遠くの方に妙なものが見えた。
 遠くにある建物。そこの屋根から白い布がひらひらとなびいていたのだ。

「なんだありゃ?」

 あっちには確か、大型のショッピングモールがあったな。
 俺もたまの休日にはよく利用していた。

 収納リストから『双眼鏡』を取り出す。
 それを使って、白い布を拡大して見て見る。
 そこにはかすれてはいるが、SOSと書かれていた。

「もしかして生存者か?」

 どうする?行ってみるべきか?
 でも、あっちの方からはなんか嫌な感じがするんだよな……。


ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ