挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います 作者:よっしゃあっ!
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/58

11.ケモノ萌えと犬萌えは全くの別物だと、昔の偉い人は言った


 えーっと、これどうすればいいんだろう?
 とりあえず、頭の中でイエスと念じてみる。

≪申請を受理しました。モモが貴方のパーティーに加入しました≫

 どうやら、これでモモが仲間になったらしい。
 うん。なんだかか、色々と突っ込む部分が多すぎて、上手く考えがまとまらん。


 ステータス画面を見てみると、一番下に新たな項目が増えていた。
 『パーティーメンバー』という項目だ。
 そこにはモモの名前が記されていた。

 モモ 
 柴犬 LV2

 成程、パーティーを組めば、名前とレベルが表示されるようになるらしい。
 柴犬って……。
 いや、もしかして『種族』か?
 犬の品種って可能性もあるけど、ゲームっぽいシステムだし、『種族』の方がしっくりきそうだ。

 これが仮に人間だったら、どう表示されるんだろ?
 職業とか?うーん、実際に他の人に会ってみないと、分からんよなー。

 ていうか、ちょっと待て。
 LV2……だと?

「……なあ、モモ。お前、もしかしてモンスターを倒したのか?」

「わん!」

 モモは元気よく返事をする。
 イエスと言う事か?
 え、うそ、マジで?

 モモは尻尾を振りながら、どうしたのー?と首を傾げてる。
 なんて可愛い。
 こんなかわいいワンちゃんが、モンスターなんて倒せる筈ないじゃないか。

 そうだよ、きっと何かの間違いだよ。
 あ、そうだ。確かめる方法があるじゃんか。

「なあ、モモ。お前、こういう石を見かけなかったか?」

 俺はアイテムボックスから、青色の小石を取り出す。
 ゴブリンを倒した証拠であるドロップアイテムだ。

 というか、これ何に使うんだろう?

 ちなみに、これを収納した時、これの名前が判明した。
 アイテムボックスのリストに、「ゴブリンの魔石(極小)」と表示されていたのだ。
 魔石……異世界の定番だよな。
 冒険者ギルドに持って行って換金したり、強い武器を作る素材になったりするのがお約束だ。でも現実にはギルドなんて存在しない。在るのは労働基準法を無視したブラック企業(社畜製造機)だけだ。

 ん?
 俺がゴブリンの魔石(極小)を出した瞬間、モモがめっちゃ尻尾を振った。

「わんわん!」

 ちょうだい!それ、ちょうだい!と言ってる様だった。
 え?欲しいの?

「わふっ!」

 欲しいらしい。
 というか、俺の言ってる事が分かるのか?

 魔石を持った手を右へ動かすと、モモの視線も右へ。
 左へ動かすと、モモの視線も左へ。
 ぐるぐる回すと、モモの顔もぐるぐる回る。

「わふん……」

 あ、目を回しちゃった。……可愛い。
 ごめんごめん。

 とりあえず俺はモモの目の前に魔石を置いた。
 スンスンとモモは匂いを嗅ぎ、俺と小石を交互に見つめる。
 俺は頷く。

 でもこんなの貰ってどうすんだ?
 そう思った瞬間、モモは小石を口にくわえ、そしてボリボリと食べた。
 えぇ!?食べた!?

「ちょっ、モモ!駄目だって、そんなの食べちゃ!ぺっしなさい。ぺっ」

 だが時すでに遅し。
 ゴリゴリ、ごっくんと。
 モモは満足げに魔石を平らげた。

 え、えぇー……。

 モモはキラキラした瞳で俺を見つめてくる。
 もっとないの?もっとたべたいよー。
 そんな風に言ってるように見える。

「……わふん?」

 くれないの?だめなの?

 うぐ……ぐおおおお。
 止めてくれ、その視線を止めてくれ。
 某CMのチワワを思い出す。 どうする、俺。
 結局、モモの眼差しに負け、俺はアイテムボックスからゴブリンの魔石を取り出した。
 モモはすっげー喜んで食べた。

「マジか……これって食えるのか?」

 試しに俺も口に含んでみる。
 硬い。ただの石だ。それに苦い。クソ不味い。
 とてもじゃないが、喰えたもんじゃない。
 何でモモは食えるんだ?

 まあ、いいか。喜んでるんだし。
 結局、俺は倒したゴブリンの魔石を全てモモにあげた。

「あ、そう言えば」

 俺はアイテムボックスのリストを見る。
 相当な量を収納したから、『それ』を探すのだけでもちょっと苦労する。

「あった……」

 最初に俺がひき殺した大きな犬。
 その犬が落とした紫色の小石。
 それも名称がきちんと記載されていた。

『シャドウ・ウルフの魔石(小)×1個』

 どうやらあの大きな犬はシャドウ・ウルフと言う名前だったようだ。
 直訳すると影狼か。なんてカッコいい名前だ、こんちくしょう。

 つーか、この収納リスト便利だな。
 収納した物の『名前』を正確に記載してくれる。
 これは色々と応用がきくかもしれない。

 シャドウ・ウルフの魔石を取り出し、それもモモの前に置く。
 すると、モモは今までにない位尻尾を振って、表情をキラキラさせた。
 めっちゃ嬉しそうだ。
 いいの?これたべていいの? と視線が訴えてくる。可愛い。
 俺が食べていいよと言うと、勢いよく食べる。

 それにしても、お預けされた犬が餌を食べる瞬間って、どうしてこうも胸がときめくんだろうか?きゅんきゅんする。
 俺だけ?いや、犬好きならきっと分かってくれる筈。
 モモが食べる様子を、俺はのんびり眺める。

「ん?」

 シャドウ・ウルフの魔石を食べ終わった後、モモは体をピクンとさせた。
 そして、何か自分の体を確かめる様に、その場でクルクルと回る。

「どうした、モモ?」

 もしかして、やっぱり食べさせちゃいけない物だったか?
 心配そうに俺が見つめると、モモは俺の影をぽんぽんと叩いた後、元気よく体を擦り付けてきた。

「わん!」

 大丈夫、心配ないわよ、ありがとうと、言っているようだった。
 心なしか、先程よりも声に張りがある気がする。
 可愛い。しばらくモフモフする。荒れた心が癒された。


「さて、モモ。俺はこれから近所のコンビニに向かう。付いてくるか?」

「わん!」

 モモは勢いよく返事をした。
 うーん、ホントは俺のスキルやジョブ、それにモンスターの危険性を考えれば、本当は一人で行動した方が良い筈なんだけどな……。モモの安全から考えても。
 でも……なぜか俺はモモを連れて行った方が良いと感じてしまった。
 人間は理性で考え、感情で動く生き物だと誰かが言っていた。
 こういう時は直感に従った方が良い。



 そして、数分後―――俺はその直感が正しかったのだと確信する。

 モモは、俺の予想よりも遥かに凄かったのだ。

ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ