挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:05 露見

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/65

Episode:42 露見

◇Loa
 いきなり学園長室に呼び出されて何事か思いきや、エレニアが連絡してきただけだった。
 なんでも、任務中にトラブルが発生したんだとか。
 どうもクライアントとルーフェイアが、いっしょに攫われた(?)らしい。しかも爆弾テロまであったんだとか。

 んでもってミルちゃん――多分この学院でもトップクラスの有名人――が聞いた情報元に、アジト探せときた。
 もちろん学院のほうにも頼んでるらしいけど、まぁ学院だから、それなりだし。加えてコトがコトだから、一刻も早くってことなんだろう。

 詳細は直接魔視鏡に送るってことだったから、適当な時間を置いて、立ち上げてみる。
――あ、これか。
 特殊な形式で細切れにされたデータが、送られて来てる。
 たぶんこれだろうっていう魔令譜幾つか試してみたら、4つ目くらいで復元できた。
 読んでみる。

「ふんふん、なるほど?」
 大筋はさっき訊いたとおりだけど、これで探せって、かなりヒドい。過激派の名前に目星がついてる以外は、ほとんど情報ナシだ。
「まったくエレニアも、いっつも気楽に頼むんだから」
 ともかくドアの外に「邪魔するな」と書いたプレートを下げ、きっちりカギも閉めた。

「さてっと」
 どこから手をつけたもんか、ちょっと考える。
 こういう時いちばん手っ取り早いのは、直接情報を取ること。で、どこで直接情報が取れるかというと……。

 ダメ元でとりあえず、通信網に潜り込んでみることにする。
 魔視鏡と通話石が作り上げた通信網は、世間でごく普通ってほどじゃないけど、でもかなり広まってる。
 で、そこを利用してるものの中には、おおっぴらにやれないこと、っていうのがけっこう多い。
 ウソみたいで笑っちゃうけど、「テロ組織○○を支援する会」なんてもんが世の中あったりして、そういうのは概して人目に付き辛い、通信網上にもぐりこんでるケースが多かった。

 で、そこいらあたりを足跡消しつつ渡り歩いて、情報を少し拾い出す。
 感想は――ありがち。
 ミルちゃんが見つけたその左翼、どうやらクーデター企ててるらしい。けどこれ以上はさすがに、そこらへんには落ちてなかった。

――じゃ、本格的に行こうかな?
 今見てたところを足がかりに、接続先の魔視鏡の中を、細かく見てく。

「やっぱあったか」
 案の定、ふつうの方法じゃ見られない場所があった。
 そこに網を張って、誰かが接続してくるのを待つ。

 ふつうじゃ見られないってことは、裏を返せばここに来るのは、何か関係がある人間だけ。だったらそれを捕まえて追跡すれば、何か分かるはず。
 もう一台の魔視鏡で雑用こなしながら、張った網に誰かかからないか、チェックを続ける。
――ほら来た。
 流れてくる情報を途中で拾って、ちゃっちゃと接続してきたヤツの、個別情報を引っこ抜く。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ