挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:04 策略

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/65

Episode:41

「よくやった。そうしたら、それを手がかりに……なんと言っていた?」
「えっとね〜、『予定どおり白い森へ』って。でね、珍しい北地区の言い回し使ってたから、過激派の『神々の怒り』の連中だと思う〜♪」
「そこまで、分かるのか?」

 これはルーフェイアの人選が、正しかったと言わざるをえない。私たちがアヴァン語を聞いても、区別などつかないのだ。

「それで……その森はどこに?」
「アヴァンシティの北西。別荘地なんだ〜。ただねぇ、ちょっと広いから、細かいとこまでは……」
「十分だ」

 これだけの情報が揃っていれば、どうにか割り出せるはずだ。学院の方に頼んでもいいし、タシュアならもっと早く魔視鏡網上の情報から、絞り込んでくれるかもしれない。

「まさかここの通話石で、学院に連絡するわけに行かないな……」
 言いながらここの警備用に渡されたものはなく、来る前に学院が、支給してくれたものを出す。
 こっちでも万全とは言えないが、アヴァン側から渡されたものよりはマシなはずだ。

「シーモア、ナティエス、すまないが報告だけ、してきてくれないか? 学院のデリム教官が、傭兵隊の指揮を採ってる」
「あ、はい」
 二人の声が揃った。

「あとからちゃんと、私が詳細を伝えに行く。だから、簡単にでいいから」
「分かりました」
 駆け出していく後輩の背を見ながら、学院に連絡を入れる。

「任務中の、シルファ=カリクトゥスです。学院長に、繋いで頂きたいのですが……」
 繋がった先にそう言うと相手が代わり、あののんびりした声が聞こえてきた。

「おや、シルファ=カリクトゥスですね。任務はどうですか?」
「トラブルが発生しました。詳細は後で報告しますが……タシュア=リュウローンを呼んでいただけないでしょうか? 」
「タシュアですか……困りましたね」
 向こうで、学園長が口篭もる。

「彼になにか、あったのですか?」
「いえ、ちょっと名指しで任務に就いているのですよ。先ほど発ちましたから、まぁあと2、3日はかかるでしょうね」
「そうですか……」

 こうなると、学院の諜報部に頼むしかないが……正直、あまり信用は出来なかった。
 もちろん、そのあたりの素人などは足元にも及ばない。だが学院の諜報部は、タシュアのような学院生に、翻弄されている有り様だ。
 とはいえ、やむをえないだろう。

「でしたら、学院の……」
「先輩すみません、ちょっと代わっていただけませんか?」
 言いかけたところで、エレニアが珍しく割り込んでくる。
 あまりこういうことをするタイプではないから、何かあるのだろう。そう思って私は、急いで彼女に代わった。

「学園長、申し訳ありません。エレニアです。先ほどの話ですが、タシュアの代わりにロアに、伝えていただけないでしょうか?」
 聞かない名前だ。ただ言い方から見るに、彼女がよく知る相手らしい。
「――ええ、そうです。詳細は彼女に直接送ります。ではまた後ほど」
 そう言ってエレニアは、通話を終えた。

「タシュアの代わりにロアとは……どういう意味だ?」
 さすがに彼女の考えていることが分からず、問いかける。
「タシュアのかわりに、ロアに魔視鏡を使って、調べてもらおうと思います」
 ずばりとエレニアが言った。

 タシュアと並んでこの年齢で、上級隊に入っただけのことはある。私の、たったあれだけの学園長とのやりとりで、なにをしようとしているのか見抜いたらしい。
――だが、ロアにタシュアの代わりができるのだろうか。
 そう思う私の表情から、読み取ったらしい。エレニアが言った。

「先輩、心配にはおよびません。ロアは、タシュアと互角ですから。たまに学院の魔視鏡網上で、やりあってますよ」
「それは……知らなかったな」
 もっとも自分から、そんなことが得意だとと言う者は、いないだろうが。
 どちらにしてもこれだと、当分は情報待ちだろう。

「そうしたら私は、報告してくる。エレニア、情報の方は頼む」
 あまり楽しいことではないが、仕方がない。
 私はその場を後にした。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ