挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:03 変化

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/65

Episode:27

「その、連絡したので……用意は、もうしてるはずです。あと日時を言えば、すぐここへ届きます」

 このアヴァンの近郊には、小さいながらシュマー家の施設がある。しかも本拠地よりずっと交通の便がいいので、あたしをはじめかなりの人数がよくここを利用していた。
 そんなわけでシュマーの面々が使うための服が、そこにはたくさん置いてある。そしてその中には、あたしたち総領家の物も、けっこうあった。

「そんなにすぐ、用意できるの?」
「はい」
 このくらいのスピードがなければ、戦闘集団の要望には応えきれない。
 まぁ「正装をありったけ用意して持ってこい」っていうのは、珍しい要望だろうけど……。

「ねぇ、ルーフェイア」
 エレニア先輩が、鋭く訊いてきた。
「前から思ってたんだけど、あなたいったい、なんなの? ロアと二人で、何か隠してるでしょ」

 気持ちは分かった。あたしも多分、目の前でこんなことをされたら疑問に思うだろうから。
 でも、答えるわけにいかない。
 どうしようかと考え込むあたしに代わって、口を開いたのはシルファ先輩だった。

「エレニア、疑問はわかるが……この際、いいのではないか?」
「それはそうですけど……」
 シルファ先輩の言葉にそう応えたものの、エレニア先輩はまだ不満そうだ。とても頭がいいから、曖昧なことが気になるのかもしれない。
 そこへ今度は意外にも、シーモアが口を挟んだ。

「先輩、実言うとあたしらも、ルーフェイアのことは知らないんです。けど、それでいいんじゃないですか? 彼女は優しくていい子だってだけで。
 だいいちあたしら、殆どがワケありですし」

 言外に、これ以上突っ込むのならたとえ先輩でも容赦しないというものを、漂わせている。
 一瞬どうなることかと思ったけれど、幸いにもそれはなかった。
「――そうね」
 思うところがあったらしく、先輩が引き下がる。

――こうやって、どれだけみんなにかばってもらっただろう?
 あたしがみんなに話したことは、ほとんどゼロと言っていい。
 それなのにみんな、何も聞かないでいてくれる。あたしが曰く付きなのを知りながら、知らないふりをしてくれている。

 ありがたかった。
 もしみんながこうしてくれなければ、とうの昔にバレて、学院を退学しなきゃいけなかったはずだ。

「あるだけ、用意したの。みんな好きなの使ってね?」
 思わずそう言う。
「ああ、使わせてもらうさ。ただあたしとしては、あんまり着たくないんだけどね」
「だよね〜。シーモア、こゆのあんまり似合いそうにな――ったぁい!!」
 言葉の途中で見事に殴り付けられて、ミルが悲鳴を上げた。

「ったく、見たこともないくせに好き勝手言いやがって。後で驚くんじゃないよ」
 思わずみんなで爆笑する。
 でもシーモア、ミルの一言に怒って嫌いなドレスを着ることにしたみたいだ。
――乗せられたって言う気もするけど。
 ただとりあえず、説得しなくてすむのは助かる。シーモアのスカート嫌いは有名だ。

「それにしてもあるだけって、いったいどのくらいなの?」
「え? たいした量じゃないけど……でも少しでも、多いほうがいいと思って……」
 やけに期待してるナティエスに、そう答えるしかなかった。いちおうひととおりは揃ってるけど、あくまでも「それなり」だ。だいいちシュマーはもともと戦闘集団で、貴族じゃない。

「ふぅん、そう。でもまぁいいかな? 滅多に着られないもんね♪」
「ごめんね、期待裏切っちゃって」
 久しぶりにのんびり、みんなと会話しながらの時間だった。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ