挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
力の行方 ルーフェイア・シリーズ08 作者:こっこ

Chapter:03 変化

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/65

Episode:26

「ルーフェイア、派遣の追加が決まったわ」
 思った通りの言葉で、エレニア先輩が切り出した。

「まだ学院へ要請が出た段階だから、本決まりじゃないけど。でも新規じゃなくて延長だから、ほぼ通るでしょうね」
「そう……なんですか。
 えっと、そしたら、どのくらいの期間ですか?」
 おおよその見当はついていたけれど、一応尋ねてみる。

「建国祭終了までだから、1週間ほどだな」
 代わって答えたシルファ先輩の言葉も、思ったとおりだった。
――それにしても、こんなに簡単に追加が決まって、いいものなんだろうか?
 曲がりなりにもシエラからの派遣だ。けっしてタダじゃないはず。

「移動の連続になりそうだから、覚悟しておいてね。けっこうスケジュールが詰まってるのよ」
 エレニア先輩が、用紙をめくりながら言う。
「明日の夕方のレセプションを皮切りに、式典が目白押しなの。もっとも殿下は全部に出席なさるわけじゃないから、それだけは助かるんだけど」
「そんなに……凄いんですか?」

 そう訊くと、先輩が予定表をテーブルの上に置いてくれた。
 確かにかなり詰まっている。ほぼ毎日、何かに出席する感じだ。

「先輩、これもしかして……片っ端からパーティーって言いません?」
 妙に嬉しそうな調子で、ナティエスが訊いた。
「そう、言うだろうな」

 けどよく見てみると、嬉しそうなのはナティエスとエレニア先輩だけだ。
 ミルは平然――まぁこれはいつもだけど――としてるし、シルファ先輩とシーモアなんて、なんだか嫌がってる感じさえする。

「ドレスとか、どうするんですか♪」
 シルファ先輩が、あたしのほうを見た。いま言っていいかどうか、悩んでるみたいだ。
 あたしがうなずくと、先輩がちょっとほっとした表情で、ナティエスに答えた。

「いちおう、借りる当てはある。連絡済みだ」
「あん、買えるわけじゃないんだ」
 ナティエス……。
 公式の晩餐会や何かに、すぐ買えるような出来合いの物を着て行ったら、かえって目立つのに。

「けど先輩、大丈夫なんですか? 学院に頼んでも間に合わないって、さっき言ってたじゃありませんか」
「えっと、あの」
 当事者じゃないシルファ先輩じゃ、答えられない気がして、口をはさむ。

「当てがあるの、あたしです」
「あなたが?」
 エレニア先輩が、信じられないという表情をした。
「まぁルーフェイアが言うなら、嘘ってことはないでしょうけど。でも大丈夫なの?」
 よっぽど心配らしくて、また確認される。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ