挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

二人の少女

作者:雨世界
 突然自分の前から姿を消した親友、木戸遥のあとを追ってはるばる世界の果てにある巨大なドーム状の建造物までやってきた瀬戸夏はそこで遥と再会し、そしてもう一人の白い女の子と出会う。
 夏の二日間の滞在を経て、二人はある一つの結末にたどり着く。

 少女は空を飛ぼうとしていた。
1 12月24日 夕方
2017/10/29 14:06
2017/10/29 14:29
2017/10/29 14:56
2017/10/29 16:10
2017/10/29 17:49
6 12月24日 夜
2017/10/29 19:14
2017/10/30 09:08
2017/10/31 08:27
9 12月25日 真夜中
2017/10/31 09:12
10
2017/10/31 22:36
11
2017/11/01 00:28
12 12月25日 朝
2017/11/02 22:46
13
2017/11/03 20:34
14
2017/11/03 21:16
15 12月25日 昼
2017/11/04 18:45
16
2017/11/05 10:06
17
2017/11/05 13:38
18
2017/11/06 11:18
19
2017/11/07 03:36
20 夏
2017/11/14 04:03
21 遥
2017/11/14 02:54
22 夏と遥
2017/11/14 04:05
23 ?月?日 ?
2017/11/10 03:38
24 12月25日 夕方
2017/11/08 23:08
25
2017/11/09 20:50
26 12月25日 夜
2017/11/11 14:27
27
2017/11/11 16:57
28
2017/11/12 17:12
29
2017/11/12 20:50
30
2017/11/14 01:32
31
2017/11/15 03:34
32 12月26日 真夜中
2017/11/16 22:43
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ