挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
突然姫って言われても困ります! 作者:*まるこ*(改名しました)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/130

部屋割り攻防


空いていたのが、2人部屋二つ。
改めて言うまでもないけど、
私たちは五人いる。
うち1人は女子です。

どこの宿屋も混んでいて
他では部屋が取れるかも怪しかったので仕方なく二部屋おさえたけど…

「………どうします?」

夕食を食べがてら部屋割り相談です。

男性と一緒の部屋に寝るのは抵抗あるけど、さすがに2人部屋に男四人入れるわけにいかないし…我慢するしかないか。

そう思いつつ肉料理をつついていたら、ロードさんに鍵を渡された。
「我々は2人ずつ交代制で姫様の部屋の前に見張りに立つことにしますので、
姫様はこちらの部屋をお使いください」

その提案に驚いて喉に芋の塊を詰まらせてしまった。
「げふっ、でっ、でもそれじゃあ…
ゴホゴホッ皆さんが休まりません!」
ポルナレフさんがお茶を差し出してくれる。ふぅ苦しかった…

「明日からも長い道のりなんですから、
きちんと休んだ方がいいと思います。」

「そういうわけにはいきません!」
「着替えとかだけ何とかなれば、
私は相部屋でもいいですよ。」

会って数日だけど、この人達なら部屋に一緒にいても害はなさそうだし。


「ダメに決まってるだろ」
譲らない私にフィリスさんが不機嫌そうに吐き捨てた。
「部屋の前で見張るか中にいるかの違いだけです。
部屋で休みつつ護衛してもらえば
一石二鳥ですよね☆」
「そういう問題じゃない」
じゃあどういう問題だ。

「姫様、お気持ちは有難いですが、
年頃の女性と相部屋というのは…
姫様と我々とでは身分も違いますし。」
ロードさんが困ったように援護する。

うーん、まだ姫って完全に認めたわけじゃないし、私のせいで誰かが休めないとか嫌なんだよなぁ。
そんな理由じゃ納得しないだろうし…
ち卑怯だけど身分がどうとか言うなら。

「じゃあ、その姫からの‘命令'ということにしましょう。
ロードさん、フィリスさん、相部屋になって下さい。
…聞いてくれますよね?」

フォークを置いて説得すべき2人の手を
がしっと握り首をかしげると、
溜息と苦笑が同時に聞こえた。


「そこまで言われては仕方ありません…
では、護衛ということで、
甘えさせていただきます。」

「はい。よろしくお願いします!」


そんなこんなでティア、16歳。
初めて男性と夜を同じ部屋で過ごすことになりました。
意外と連続更新できました。

普通は一人部屋になるべく戦う気がしますけど…こういうコなんですね。
キャラが自由に動いてしまうのでわたしもどうなるかわかってないです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ