挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

前世の記憶が狙われるので旅に出ることにした

作者:清水こはま
 どうやら家の階段から落ちて意識不明になってる間に前世の記憶が飛んできたみたいだ。歴史の消えたこの世界で大昔の記憶を持つことが判明すると政府の奴隷になるという都市伝説は有名だ。なので誰かに知られるとまずいから誰にも知られることなく暮らしていこう。
 ある時、どこかで前世の記憶があることが発覚してしまったらしく都市中で身柄を狙われるようになってしまった。
 住んでいた都市を飛び出し、安息の地を求めて妹を連れて愛車のスクーターで旅に出ることにした。
01.目覚めと記憶
2018/01/11 00:52
02.朝食
2018/01/11 18:00
03.過去の大災害と留年
2018/01/12 18:00
04.カメラ係
2018/01/13 18:00
05.逃走
2018/01/14 21:00
06.ゴーストタウン
2018/01/15 21:00
07.応戦
2018/01/16 21:00
08.都市からの旅立ち
2018/01/17 21:00
09.雨宿り
2018/01/18 21:00
10.ずっといっしょに
2018/01/19 21:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ