挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔王軍最強の魔術師は人間だった 作者:羽田遼亮

第五章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

168/172

名馬は常にあり、伯楽は常になし

 エ・ルドレがエルフの森から立ち去る。
 彼は具体的な規模こそ漏らさなかったが、侵攻時期は教えてくれた。

「大規模な侵攻になる。隠していてもばれる」

 彼はそんな大胆な言葉で、決着のときが2ヶ月後であると教えてくれた。
 俺もそんな時期だろう、事前に予測していたので驚かないが、最後にこう言った。

「もしも負けた場合、決して命を粗末にされないように。魔王様は勇者を、名将を遇する道を知っておられる方です」

 俺の忠告に、エ・ルドレはわざとらしく、「はっはっは、と笑うと、「ご忠告痛み入るが。このエ・ルドレに最初から勝てると思い込んでいると、アイク殿も足下をすくわれますよ」

 彼はそう言い切ると、赤毛の馬にまたがって森を去って行った。
 その姿をサティと見送ると、サティは尋ねてきた。

「立派なお武家さまですね」

「ああ、有能な敵将というのはどこにでもいるものだ。問題なのはそれを扱う方だ」

 名馬は常にあり、伯楽は常になし、そんな言葉を思い出した。

「しかし、事情を知り、彼のひととなりを知ってしまった。それでも彼と戦わなければならないとはな」

 俺は吐息を漏らす。

「もしも、戦争というやつが、厭なやつから順番に死んでいくなら、それほど悪いシステムじゃないんだが。実際は逆だ。いいやつから死んでいく」

 王宮の後ろでこそこそ隠れ、戦争を賛美し、兵士たちを前線に送り出す官僚たちが生き残り、前線で奮闘する武人から死んでいくのが戦争だ。

「今さら、愚痴っても始まらないが、ともかく、俺たちも帰って戦争の準備を始めないとな」

 サティは、「はい」と首を縦に振るが、しばらく俺を見つめると、彼女はこう呟いてきた。

「……御主人さま。恐れ多いですが、ひとつだけ訂正してもいいでしょうか?」

「サティにしては珍しいな」

 別にかまわないけど、と俺が続けると、サティは言葉を続けた。

「御主人さまは一つだけ間違っています。戦争はいい人から順番に死にません」

「…………」

 俺は沈黙する。サティが俺の言葉を訂正するなど珍しかったからだ。

「もしもいい人から順番に死ぬのならば、ご主人さまはとっくの昔に死んでいると思います」

「なるほど、そういう論理か」

 たしかにサティにとって俺はいい人なのかもしれない。

 しかし、誰かにとっては天使であっても、誰かにとっては悪魔ということもありえるのだ。

 敵軍、それも人間たちから見れば、俺はその異形の姿を含め、悪魔そのものだろう。

 敵軍は俺のことをさぞ呪詛しているだろうが、俺は健在だった。
 憎まれっ子世に(はばか)る、とはこのことだ。
 しかし、そんな俺でも生きているだけで喜んでくれる少女がいるのだ。
 そう思えば死ぬわけにはいかなかった。

『宝くじが当たったのでレベル1から聖剣を買ってみる』

宝くじで一等を当てた少年が聖剣を買いダンジョンの最深部を目指すお話です。

面白いので是非、こちらもブックマークしてください。今月28日発売予定です

http://ncode.syosetu.com/n2974ef//

↑上記URLをクリックすると小説家になろう版を読むことができます。

a

↑上記画像をクリックすると公式サイトをご覧になれます

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ