挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Nuclear contamination the girl(フェザー)は汚染された世界で銃を撃つ 作者:ぱんだ祭り

前章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/23

The end of the world.2

 しばらく移動した少女は、ふわりとあるスラムと化した街に降り立った。
 そして、降りた先の雑居ビルに慣れた様子で入って行った。

 ビルの中は元々バーか何かで飲食店だったと思われるが、もはや営業しているようには見えなかった。
 その店の奥のソファーで筋肉質の男が、サブマシンガンを手に取りながらくつろいでいた。
 顔の傷は多数、背はそこまで高くはない。
 だが、男が放つ殺気は凄まじく、簡単には近づけない雰囲気を放っていた。

 男は入ってきた少女を見たが、少女はあまりそれを気にしていないようだ。
 少女は背負っていたジェットブースターを下ろし、充電のため窓際の陽が当る場所に置く。

「よう、フェザー、今日は調子どう?何か食べるかい?」 
 男は少女を親しげにそう呼び笑いかけた。
「ああ、大佐。ありがとう。できたら汚染されてない物が食いたいけど、どこに行ってもそんなもんあるわけないよな」
 フェザーと呼ばれた少女は、口元だけ笑っていたが目つきが凍っていた。

 フェザーはカウンターに並べてあるテキーラの瓶を取ると、大佐と呼んだ男の前に座った。
「それより薬くれよ、薬。質が悪くても良いけど、一発で死んじまうのはなしな」
 フェザーは瓶ごとテキーラを飲むと、ため息をつくように深く息をした。  

「あんまりやり過ぎんなよ。体には良くないからな」
 大佐はフェザーを心配するようにそう言うと、店の奥から封筒を取り出してきてフェザーに渡した。
「おいおい、大佐、説教はなしにしてくれよ。今更、体に悪いも何もないだろ。もう、毎日体調が悪いよ」
 自嘲気味にフェザーはそう笑うと、封筒の中にある粉をアルミホイルに乗せロウソクの上で炙って吸った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ