挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Nuclear contamination the girl(フェザー)は汚染された世界で銃を撃つ 作者:ぱんだ祭り

前章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/23

The end of the world.

 2035年。一時は中国からインドまで盛り上がりを見せたアジア経済。
 しかし、そのバブルも永遠には続かなかった。
 バブル崩壊後、魅せ掛けの幸せはどろどろと崩れ去り、人々の心は恐怖と怒りに支配される。
 そして、日本も含めたアジア全体が戦場と化した。 

 混乱を極める中、日本に最大の試練が訪れた。
 某国工作員が日本の原子力施設を、一斉に多数占拠し破壊したのだ。

 何か所も同時に原子力施設から放射能が溢れ返ったが、それらを全てをすぐに安全な状態に戻す術などあるわけがない。
 日本は放射能で汚染され、人間が住める場所ではなくなってしまった。
 多くの人々が日本を脱出し、無法地帯となった日本は国として崩壊する。

 しかし、それでも汚染された日本で生きる人々も存在した。

 2036年5月。
 目に見えない放射能のことさえ気にしなければ、空が突き抜けるような快晴だった。
 汚染された人間の死を早める街「東京」。
 その空を駆け抜ける1つの人影があった。

 誰もいないビルの屋上から、また違うビルの屋上へ。
 その人影は風を切り裂くように飛んでいた。

 華奢な背中には、高機能型のソーラーパネルが埋め込まれたジェットブースター。
 これで空中を自由自在に移動することができるのだ。

 飛び立つ度に出力が上がり、ジェットブースターが唸る。

 ジェットブースターを背負う華奢な人影は、まだ若い少女だった。
 様々な修羅場をくぐってきたのだろうか。
 その少女の目は、自信に満ちたものであった。
 非常に落ち着いた様子で、鳥の羽根のように舞う。 

 そして、どういう理由かは分からないが、彼女の左腕は肩から切断されなくなっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ