挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/68

第63話:ドイツでの運命の出会い


 2軍の7部リーグの優勝から、1週間が経つ。
 今日は交流戦の日。

 F.S.V1軍の練習場に、オレたち2軍は集合していた。

『お前たち、今日の交流戦は気合を入れていけ!』
『『『はい、監督!』』』

 交流戦の前のベンチ。
 2軍の監督は気合いが入っていた。
 同じく2軍の選手も気合い全開である。

 何しろ今日の交流戦のデキで、次節の1軍選手が決定する。
 今まで日の当たらなかった2軍の選手が、一気にトップに昇格する可能性もあるのだ。
 これでやる気が出ない選手がいないであろう。

『試合まで、あと少しだ。身体を温めておけ!』

 交流戦まであと少し。
 オレたちは天然芝のピッチで身体を温めておく。
 公式戦と同じで、全員の顔が本気モードである。

「ん? あれは?」

 ピッチに別の集団がやってきた。
 彼らの着ているユニフォームはF.S.Vの1軍のもの。
 ついに今日の対戦相手がやってきたのだ。

「おお……あの方々は⁉」

 やってきた1軍の選手の顔を見て、オレは声を震わせる。
 目を見開き、最大望遠に切り替える。

「あの方は元スウェーデン代表の……おお、あの方はコンゴ共和国の代表の⁉」

 なんと1軍の選手の中に、知っている有名選手がいたのだ。
 各国の代表クラスや元代表の選手が、沢山いる。
 サッカーオタクであるオレにとっては、夢のような光景であった。

「むむむ? あっちはイングランドのU-23代表の若手のホープ……それにあの方はスイス代表の……⁉」

 この時代のドイツリーグには世界各国の代表選手が所属している。
 3部でさえもレベルが高く、世界の代表クラスや元代表クラスがゴロゴロしていた。

 特にこのF.S.Vは20年程前、ドイツ1部で優勝もしていた歴史あるクラブ。
 今は3部で調子が悪いけど、戦力的は整っている方である。

「いやー、さすがは1軍様……オーラが違うな!」

 有名選手を遠目に眺めながら、オレは大満足していた。
 これだけでも今日の交流戦に来た甲斐はある。

「あっ、そうだ! 交流戦が終わったら、全員からサインを貰わないと」

 日本から大量のサイン色紙を、オレは持ってきていた。
 ドイツ入国の時に怪しまれて、没収されそうになった思い出もある品。

 もちろん今日も持ってきている。
 交流戦が終わったら1軍の皆さんから、サインを貰うつもりだった。

 はぁはぁはぁ……。

 やばい。
 興奮しすぎて血圧が上がってきたぞ。

 本当に交流戦が来てよかった。



「14番ということは、キミがコータ君かな?」

 そんな興奮していた時。
 背後から、日本語で話しかけられる。

 いったい誰だろう?

 知らない男性の声だ。
 日本の報道陣かな?

「ん?」

 でも振り向いた先にいたのは、外国の青年だけしかいない。
 しかもユニフォームを着た1軍の選手だ。

 では誰が今の日本語を?

「こんにちは、コータ・ノロ君かな?」
「えっ……はい、そうです」

 金髪の選手が流暢な日本語で話しかけてきた。
 かなり上手い日本語である。

「ああ、これか? 私の母は日本人だ。だから日本語もできるんだ」
「そうでしたか、なるほどです」

 なんと1軍に日本人とドイツ人のハーフの選手がいたのだ。
 見た目は金髪碧眼だから、今まで気がつかなかった。
 更に凄いイケメンである。

 あれ?
 2ヶ月前もこんなことがあった気がする。

「私の名前はユリアン・ヴァスマイヤー。妹のエレナがキミに、お世話になっているみたいだね」
「ヴァスマイヤーさん? エレナのお兄さん?」

 そうか。
 このやり取りは、エレナと出会った時と同じだった。

 それにしても彼女にはお兄さんがいたのか。
 しかもF.S.Vの1軍の選手だったのか。
 今までそんなことは一言も聞いていなかった。

 ふむふむ。エレナのお兄さん、ユリアン・ヴァスマイヤーさんか。
 覚えておこう。

「えっ……ユリアン・ヴァスマイヤー……⁉」

 その名前を復唱して、目が覚める。
 何故ならオレは、この人の名前を知っていたのだ。

(この人は……“悲劇の天才”。あのユリアン・ヴァスマイヤーか……)

 前世のサッカーの歴史の話である。

 ドイツに“悲劇の天才”と呼ばれた有名な選手がいた。
 彼は17才でドイツのプロリーグで、衝撃的なデビューをする。
 入団していたドイツ3部リーグで大活躍をしたのだ。

 その後はドイツ世代別代表に選出されて、大きな結果を出す。
 世界中のマスコミから脚光を浴びて、一躍大スターに伸し上がるのだ。

 将来のドイツ代表を確定とまで言われ、各国のビッグチームから注目される。

 そしてドイツの3部クラブから、イングランドのビッグクラブに移籍が決まったのだ。
 まさに夢のシンデレラボーイが誕生したのだ。

 だが直後に彼に不幸が訪れる。
 イングランドの空港から降りて、乗っていたタクシーが事故に巻き込まれたのだ。

“悲劇の天才”ユリアン・ヴァスマイヤーはちょうど18才の誕生日に、事故でその命を落とすのであった。

(まさか、あの“悲劇の天才”がこのF.S.Vに所属していとは……)

 偶然の出会いにオレは驚愕する。
 彼のことは前世の記録で知っていた。
 だが同じクラブに所属していたとは、夢にも思っていなかったのだ。

 サッカーオタクであるオレも、さすがにそこまで把握はしていなかった。

 でも、待って。
 このユリアンさんはいつの時代なのであろうか?

「ユリアンさんは、今、何歳ですか?」
「ん、年齢? 私は17歳になったばかりだ」

 思わず年齢を訪ねてしまった。
 ユリサンさんは不思議そうにしていたが、答えてくれた。かなり紳士的な人である。

 そうか、ちょうど17歳なのか。
 ということは、今から約1年後に、ユリアンさんは死亡に事故に遭ってしまうのだ。

(どうしよう……)

 まさかの偶然の出会いに思考が停止する。
 できれば“悲劇の天才”ユリアン・ヴァスマイヤーさんには死んで欲しくない。

 前世、この人の生前のプレイ映像を見たことがある。
 あれは本当に素晴らしいプレイであった。
 過去の映像であるが、前世のオレは見惚れてしまった記憶がある。

 もしも事故死しなければ、世界トップクラスの選手になったことは間違いない。

(そんな才能ある人が、18才という若さで死んでしまうのは……)

 正直なとことオレは耐えられない。
 誰も幸せにならない、そんな不幸な未来なら変えてしまいた。

(でも、オレが説得しても……)

 ここでオレが『あなたはこれから活躍して、イングランドのクラブに移籍話しがきて、その移動中にタクシーの事故で死亡します』と伝えればいいのか?

(いや、ダメだ……そんなことを言ったら、頭がおかしいと思われて、逆に不信感を募らせてしまう……)

 じゃあ、どうすればいいのか?
 今回はオレが右足と家族失ったフラグ回収とは、勝手が違う。

 あくまでも死亡フラグの対象者は、赤の他人である。
 オレ一人の行動や助言で、簡単に変えられるものではないのだ。

 大きな運命を根本から変えないといけないであろう。

(そうかだ……ユリアンさんがイングランドに移籍しないように、そうすれば防げるのか⁉)

 オレのフラグ回避の時もそうだったが、一度でも回避すれば生存の可能がある。
 あの時も交通事故回避の後は、隕石もガス爆発も起きなかった。

 つまりイングランドに移籍を未然に防げばいいのであろう。

(あれ? でも、ユリアンさんは、何でこのクラブを出ていくんだ?)

 そんな時。ふとした疑問が浮かびあがる。

 ユリアンさんはエレナの兄である。
 つまりF.S.Vのオーナーの孫息子だ。

 かなりのお坊ちゃまであり、F.S.Vとは切ってもきれない血縁関係なはずである。

(それなのに何故、移籍なんかしたんだ?)

 普通なら祖父のオーナーが、才能ある孫息子の放出を了承するはずがない。
 当人のユリアンも打診がきても、了承するはずもなさそうだ。

 ヴァスマイヤー家の内部に、何か重大な問題があるのであろうか?

「あら、ユリアンお兄さま。お久しぶりですわ」

 そんな時、一人の少女がやってきた。

 エレナ・ヴァスマイヤー……オレのクラスメイトであり、F.S.Vの特別アドバイザー。
 そしてユリアンさんの妹だ。

「ああ、エレナ。久しぶりだね」

 ん?

 何やらユリアンさんの雰囲気がおかしい。
 実の妹であるエレナに対して、よそよそしい感じがある。

「ユリアンお兄さまも、相変わらず元気がないのですね」

 一方でエレナの方も態度も、何か変である。
 いつもの冷静さがなく、感情的になっていた。

「エレナ……あの怪我の方は、もう大丈夫なのか?」
「言ったはずです! お兄さまには、もう関係ないことですわ!」

 何やら兄妹の間に、大きな溝があるようだ。
 その証拠に誰も分からないように、第二母国語の日本語で会話していた。

 もしかしたら兄弟間で、なにか事件があったのかもしれない。
 それが原因でギクシャクしているのだ。

(もしかしたら、だからユリアンさんは、F.S.Vを出ていくのか?)

 その空気を感じで、オレの“サッカー勘”がピンと働く。

 ユリアンさんの死亡フラグの原因の一つの移籍問題。
 この兄妹の溝がその大きな原因になっているのかもしれない。

 オレもユリアンさんと同じく、可愛い妹の葵をもつ身。
 だから“兄妹勘”の方もダブルで働いていたのだ。

「最近は1軍も不甲斐ありませんわね、お兄さま? 今日の交流戦は、この私がアドバイザーを務める2軍が勝たせてもらいまわす」
「そうか、エレナが今は2軍のアドバイザーを……」
「F.S.Vのこの私が正してあげます!」

 エレナが兄を挑発して、更に空気が悪くなる。
 周りでアップしている選手たちも、何事かと集まってきた。

(このままじゃいけない! でも、どうすれば、この兄妹の仲を? ……そうだ!)

 とある作戦を思いつく。
 ここはオレが一か八かで、身体を張るしかない。

『ユリアンさん、ボクと勝負してください! ボクが勝ったら、妹さんと仲良くしてください!』

 オレはユリアン・ヴァスマイヤーに勝負を挑む。

 サッカーは世界共通の言語である。
 サッカーで戦った後には、必ず何かが生まれてきた。

 その奇跡の可能性に、ここは賭けてみることにしたのだ。

『コータ君……キミは……』

 ユリアンさんの気持ちも揺れていた。
 よし。運命を変えるために、あと一押しだ。

『ボクは必ずユリアンさんと1軍を倒します!』

 あえてドイツ語で勝負を挑んだのは、他の皆にも聞こえるようにするためだ。
 全員を巻き込むことにより、言質をとる作戦にした。

 こう見えてオレは策略家である。
 きっと、この作戦も間違いなく上手くはずだ。

『へえー?』
『面白ぇな……』

 そんな時である。
 周囲からプレッシャーが襲ってきた。

『このオレたち1軍相手に勝つだと、小僧?』
『2軍にも元気のいいのが入ったもんだな?』

「あ、あなた方は……」

 プレッシャーを放ってきたのは、1軍の選手軍団であった。
 物凄い形相でオレのことを睨んできている。

「い、いや、今のボクの言葉はですね……」

 ヤバイ! 勘違いされている。

 先ほどのユリアンさんに対する挑発を、自分たち1軍全員への挑発と勘違いしているのだ。
 各国の代表クラスの方々が、野獣のような鋭い殺気を向けてきた。

 何とか皆様の誤解を解かないと……。

『おい! そろそろ交流戦を始めるぞ!』

 更にタイミングが悪かった。
 監督から合図があり、1軍選手は去ってしまったのだ。

 弁明の機会は失われてしまった。

「そ、そんな……」

 まさに“策士策に溺れる”だ。
 オレの策略は完全に裏目に出てしまった。

(どうしよう……)

 こうして運命の交流戦が始まる。
 ユリアンさんの未来を変えるために、本気の1軍に勝つ必要があるのだった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ