挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/68

第62話:順調な日々に

 F.S.Vの2軍の公式戦に初出場してから、1ヶ月が経つ。
 ドイツに5月がやってくる。

『いくぞ、コータ!』
『うん、まかせて!』

 そんな中、オレは今日も2軍の公式戦に出場していた。

『ナイスゴールだ、コータ!』
『そちらこそ、ナイスアシスト!』

 オレは得点を決めて、チームメイトとハイタッチする。
 そのまま審判のホイッスルが鳴り、試合終了。今日の試合もF.S.V―Ⅱの勝利だ。

『ナイスゲームだったな、お前たち! これで公式戦は5連勝だ。来週の試合も期待しているぞ!』
『『『はい、監督!』』』

 試合後のベンチで、監督から激を受ける。
 最近のチームは連勝中なので、監督も機嫌がいい。

『最後に、エレナ・ヴァスマイヤー特別アドバイザー、なにかありませんか?』

 監督は後ろに立っていた少女に、話しをふる。
 彼女はクラブのオーナーの孫娘であり、公式スペシャルアドバイザーであるエレナお嬢様である。

 1ヶ月前から、毎日のように2軍の練習と試合に観戦にきていたのだ。

わたくしからは、特に何もありません。公式戦もあと少し。最後まで気を抜かないようにしてください』
『『『はい!』』』

 監督はもちろんオレたち選手も、このお嬢様には頭が上がらない。
 気合を入れて返事をする。

『では、解散!』

 監督の号令と共に、オレたち選手は解散する。



 オレたちはロッカールームで着替えをする。

『それにしても、コータ。お前、すげぇな! 本当に12歳か?』
『そうだよな。ここ5試合で8得点10アシストとか、どうかしているぜ?』

 勝利の余韻の浸りながら、チームメイトは雑談をしていた。
 雑談話がオレに矛先を向けてきた。

 チームの調子がいいこともあり、チームメイトは明るい雰囲気である。

『そういえば“コネ入団”とか最初に言って、悪かったな、コータ』
『ところで、なんで、こんなドイツの田舎の2軍なんかに、コータは入団したんだ? もったいないぜ! はっはっは……』

 初出場以来、オレは絶好調であった。
 そのためにチームメイトからおだてられていたのだ。

 でも悪くはない雰囲気である。
 最初は距離があったチームメイトとも、今ではこうしてコミュニケーションがとれていた。

『これも皆のお蔭です。ボクは一生懸命に頑張っているだけです』

 最年少らしくオレは謙遜して答える。

 何しろ点を入れられたのも、味方のボール運びのお蔭。
 またアシストを決められたのも、味方がゴールを決めてくれたからだ。

『それにボクは後半だけしか出てないから、スタミナに余裕があるんです』

 このチームでオレは後半戦だけに出ることになっていた。
 まだ12歳でしかないオレは、大人に比べて持久力が少ない。

 何しろ呼吸・循環器系の発育がさかんになるのは、一般的に12歳以降となる。
 だからオレは大人の公式戦のフルタイムに対応できないのだ。

(スタミナの問題はどうしようもできないからな。大人のドイツリーグは半端ないから……)

 対戦相手が日本の高校生や大学生くらいなら、今のオレのスタミナでも何とかなる。
 だがここは基礎的な身体能力が高いドイツのプロリーグ。
 それもあってオレは後半だけ出場するようにしたのだ。

(あとオレが活躍できたのは、今までの対戦相手に恵まれていたのが大きいな……)

 2軍が所属する公式リーグは、ドイツ国内の7部リーグのである。
 日本でたとえるなら“地域アマチュアリーグ”ぐらいで、レベルはそれほど高くはない。

 それに比べてF.S.V―Ⅱは2軍とはいえ、一応は全員がプロの集団。
 個々の能力や素質は、7部でも群を抜いていた。

 またオレが入団した後は、チーム連携の歯車もかみあい無双状態だったのだ。
 そのお陰もあり、オレは5試合で8得点10アシストという奇跡的な結果を出していたのだ。

『あと、ボクの個人的な見解ですが、エレナお嬢様の存在も大きいと思います』

 これはオレの個人的な感想である。
 2軍を躍進させた原動力は、エレナの力が大きい。
 あの1ヶ月前に監督に戦術の変更を提言したのが、吉と出ていたのだ。

『たしかにコータが言う通り、お嬢様は勝利の女神だな!』
『そうだな。お蔭でオレたち2軍の待遇は、かなり良くなったな』
『ああ。あの1ヶ月前に監督の戦術に口出した時は、全員がひやりとしたがな! はっはっは……』

 次の話題の矛先が、エレナに向く。
 1ヶ月前は彼女の暴走に、選手たちも戸惑っていた。

 だが結果として2軍は公式戦で5連勝と快調。
 今では悪口を言う者もほとんどいない。

『それにしても、最近のお嬢様のは、やけにこの2軍に熱心だよな?』

『あれ? 前は、そんなに2軍には熱心じゃなかったんですか?』

 オレは入団したばかり。
 先輩たちにチームの歴史を訪ねてみる。

『ああ、そうだな、コータ。何で、こんな場末の2軍に興味をもったか、オレたちの間でも不思議だよな……』
『性格は昔からキツイけど、悪い子じゃないし、頭もいいからな』

『そうだな。指導の資格も習得しているし、下手したらウチの監督よりも、サッカーを知っているかもな!』
『そうだな! はっはっは……』

 ロッカールームが笑いに包まれる。
 どうやらエレナは選手からも人望があるようだ。
 チームの調子がいいこともあり、チームメイトの明るい雰囲気である。

『みんなは、エレナのことを昔から知っているんですか?』

 古くから所属するチームメイトの何人かは、そんな口ぶりであった。
 あのエレナの小さいころ……あまり想像ができない。

『そうだぜ、コータ。お嬢様はF.S.Vのジュニアチームに入っていたらかな』
『お嬢様は世代別の代表にも招集されたことがあったんだぜ!』
『ああ、懐かしいな。大人顔負けのテクニックだっよな』

 なんとエレナがサッカーをやっていた?
 しかもドイツ少年少女の世代別代表って、凄すぎる!
 とても今のフリフリのお嬢様の格好からは想像もできない。

『でも、お嬢様も……あの怪我さえなければ、もっと幸せな人生だったかもな……』

 チームメイトの一人が気になることを呟く。
 オレは思わず反応してしまう。

『えっ? 怪我?』
『いや、個人的なことだから。聞き流してくれ、コータ』

『あ、はい……』

 せっかくの明るいチームの雰囲気を壊したくなかった。
 オレもそれ以上は聞かないことにした。

(あのエレナがサッカー選手で、しかも怪我を……?)

 だが心の中でオレは気になっていた。
 あの自由気ままなエレナが、どんな怪我をしたのであろうか?
 それに今はサッカーを完全に辞めちゃったのかな……

 その疑問が、頭からずっと離れずにいた。



 次の日になる。

『みんな、おはよう!』
『コータ、おはよう!』
『今日も朝から元気だな、コータは!』

 月曜日なので学校に登校する。
 いつものようにクラスメイトに挨拶をして、元気よく教室に入る。

 ちなみにオレがF.S.Vの2軍に入団したことは、クラスメイトは知らない。
 オレは自分から言うタイミングを逃していた。

 また下部リーグの2軍の公式試合は、観客も少ない。クラスメイトが観に来ることは、今後もないであろう。

 まあ、入団したことは知られても、困ることはないのだが、何となく言い辛い。
 何しろ普通の中等部生は、プロのクラブに入団などできない。

『おはよう、エレナさん』
『おはようですわ、コータ・ノロ』

 教室にいたエレナにも挨拶をする。
 相変わらず彼女は教室では、冷たい態度である。クラブではあんなに元気なのに。

(ん? エレナは今日も本を読んでいるのか)

 彼女の読んでいる本のタイトルが、ふと目に入る。
“近代式ドイツサッカー戦術理論”という分厚い専門書であった。

 かなり難しそうな本を、集中して読んでいる。

(よく考えたら、エレナはいつもサッカーの専門書を、教室で読んでいるよな……)

 昨日のロッカールームでの話を思い返す。

 エレナのサッカーに関する専門知識は半端ない。
 監督やコーチ顔負けの、戦術や育成の知識を有している。
 サッカーオタクであるオレも敵わない、本物の知識であった。

(ここまで熱心に勉強しているのは、いくらオーナーの孫娘でも、普通じゃないよな……)

 サッカークラブのオーナーの子どもが、サッカーに詳しいのは理解できる。
 だが彼女の知識は趣味の範囲を超えていた。
 クラブ経営やコーチングンや戦術など、特別な方向に特化しているのだ。

(お嬢様なのは外見だけで、実は……)

 エレナの外見はどう見てもザ・お嬢様である。
 だがこの一ヶ月、側にいて気が付いてことがあった。
 彼女の頭の中身は、ほぼサッカーに染まっていた。オレ顔負けのサッカーオタクなのだ。

(ここまで熱心に勉強しているのは、何か理由があるのかな? それに“怪我”って……)

 急にエレナが気になっていた。
 それは金髪で美しい少女だからではない。

 自分の中の“サッカーオタクの勘”が騒いでいたのである。
 彼女は自分と同じで、何か“事情”を抱えていることを。




 それから日が経つ。
 2軍は公式戦で、更に快勝を続けていく。

 あっという間に、5月も終わろうとしていた。
 ドイツのサッカーリーグは8月に開幕となり、5月に閉幕となる。

 つまりリーグ戦が終了するのだ。

『……今年のドイツ7部リーグの優勝は、F.S.V―Ⅱです。おめでとうございます!』

 チームはリーグの最終戦も勝利した。
 オレが入団してから負けなしの好成績で、まさかのリーグ優勝することができたのだ。

『やったな、コータ!』
『新人賞おめでとうだな、この!』
『途中入団で、美味しいとこを持っていきやがって、このやろう!』

 試合後、チームメイトから祝福される。
 何とドイツ社会人7部リーグの新人賞に、オレは選ばれたのだ。

 リーグ後半戦で、得点とアシストを連発していったのが評価されたらしい。
 驚いたけど、本当に嬉しい出来ごとだった。

『いやー、これもチームのみんなのお蔭です……いてて』

 謙遜してチームメイトに叩かれる。
 活躍した選手を叩いて祝福するのは、万国共通なのか?
 それともオレが叩かれやすい対象なのかもしれない。

(いてて……でも、本当に嬉しい結果が出せたな……)

 まさかここまで結果が出せると、当初のオレも思っていなかった。

 4月にドイツに留学に来て、まさかの大人のプロチームの入団テストに合格。

 そのままベンチ入りしてからの公式戦にデビュー。

 その後も得点とアシストを重ねて、最後には新人賞だなんて……。

 順調すぎて、まるで夢のような2ヶ月間であった。

『えーと。騒いでいるところに悪いけど、いいかしら?』

『『『エレナお嬢様⁉』』』

 着替え中の男臭いロッカールームに、エレナが入ってきた。
 まさかの事態にオレたちは慌てふためく。
 何しろ相手はクラブオーナーのご令嬢である。

『そのまま聞いてちょうだい。来週の日曜日に、1軍との“交流戦”が決まったわ!』

 でも男子が着替えているのを、エレナは気にしていなかった。
 険しい顔つきでスケジュールを告げていく。

「1軍との交流戦?」

 初めて聞く言葉に、オレは首を傾げる。

 交流戦ということは、お祭りみたいな紅白戦みたいなものかな?
 来週の6月からは、全ドイツリーグはシーズンオフに入る。

 その前に仲良く交流を深めるのかな……なんか楽しそうな響きだ。

『1軍との交流戦だと……』
『ついに、この日がきたか……』
『ああ、今度こそは……』

 エレナの言葉に、ロッカールームの雰囲気が一変する。
 先ほどまで騒いでいたチームメイトたちの顔が、怖くギラついものとなる。

 もしかしたら交流戦は、何か重大な試合なのかもしれない。
 誰にかに聞きたいけど、とてもじゃないけど聞ける雰囲気ではない。

「ねえ、エレナ……交流戦って?」

 唯一、話やすそうな彼女に小声で訪ねる。
 日本語でならチームメイトにもバレないであろう。

「交流戦はテスト戦よ。つまり、ここにいる全員が昇格する、最大のチャンスなのよ、コータ」
「えっ……1軍に昇格する最大のチャンス……?」

 エレナの説明に言葉を失う。

 オレたちは1軍に昇格できるチャンスがやってきたのだ。















いつも読んでいただき本当にありがとうございます!


仕事が繁忙期になってしまったので、更新ペースが少し落ちます。


今まで)毎日更新
     ↓
今後)1週間に3話くらい更新


となる予定です。

ドイツ留学編は書いていて楽しいので、今後とも頑張って書いていきます!


ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ