挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/68

第61話:2軍の公式試合

 エレナ・ヴァスマイヤーと出会った次の日。
 オレは学校に行く。

 教室に入ると、ひときわ目立つ少女が、今日は目に入る。

『お、おはよう、エレナさん』

 昨日、話しかけられたエレナお嬢様だ。
 ぎこちないけどオレは挨拶をしておく。

 こうやって確認すると、やっぱりクラスメイトだったのである。
 オレは今日までサッカーことばかり考えて、本当に目に入っていなかった。

『あら? おはようですわ、コータ・ノロ』

 彼女は昨日の練習場とは違い、教室ではよそよそしい感じである。
 もしかしたら公私の顔を分けているのかもしれない。

 とにかく緊張した。
 自分の席に座るとするか。

『コータ、お前、エレナお嬢様に声をかけるなんて、勇気あるな』
『えっ……そうだったの?』

 クラスの男子に先ほどの行動を称賛される。
 そう言われてみれば、彼女に声をかける男子は少ない。
 何か原因があるのだろうか?

『エレナお嬢様は、この街の名士の娘で、貴族の血も引いているから、特別なんだぜ』
『そうだったんだ……』

 クラス男子から話を聞いていく。

 彼女はヴァスマイヤー家という名家のお嬢様だという。
 この街で一番の金持ちであり、サッカークラブも保有して由緒ある家柄なのだ。

 そう言われてみれば、エレナの外見はお嬢様風である。

 金髪のふわふわした髪の毛。
 光沢のあるタイツと、高そうなスカートをはいている。

 まさにザ・お嬢様といった感じだ。

『それに飛び級できるくらいに、頭もいいんだぜ。でも性格が少し厳しいからな……まさに、中等部のお嬢様だぜ』
『そっか、年下だったのか……』

 エレナは頭もいいという。
 飛び級で上がってきたので、オレの1個下の11歳。妹のあおいと同じ年である。

 容姿端麗なうえに頭脳明晰なお嬢様。
 本当に凄い子だ。

『だから、あまり無暗に近寄ったり、無礼なことはしない方がいいぜ』
『う、うん、わかった』

 クラスメイトにそう返事をしたものの、オレは手遅れだった。

 何しろ彼女はオレの入団したクラブの、スペシャルアドバイザー。
 今後も何かとトラブルに巻き込まれそうな予感がしていたのだ。



 それから数日が経つ。
 今日は入団した2軍の公式リーグの試合日である。

『よし、今日の試合は落とせない! 気合を入れていけ!』
『『『はい!』』』

 試合前、2軍の監督から激が飛んでくる。
 オレたち選手は気合を入れて返事をする。

 下部の2軍とはいえ、所属するリーグを勝ち進む必要がある。

 選手は1軍に這い上がるために、試合で結果を出す必要が。
 2軍の監督も解任されないために、結果を出す必要があるのだ。

『コータ・ノロ。お前も戦況によっては出すぞ』
『はい、監督!』

 入団したばかりオレだが、奇跡的にベンチ入りができた。
 初練習以降、このチームはけっこう馴染んできている。

 最初の挨拶の時は、ライバル心が強い人が多くて苦労した。
 でも“サッカーが好き”という気持ちはみんな一緒。
 少しずつであるがオレは、チームメイトとの距離を縮めてきていたのだ。

「いきなりベンチスタートだなんて、あなたやるわね、コータ」
「あっ……エレナさん」

 ベンチにいるオレに、金髪の少女が日本語で話しかけてきた。
 クラスメイトであり、このF.S.Vのオーナーの孫娘のエレナ・ヴァスマイヤーである。

「クラブではエレナでいいわ」
「それなら……エレナ。ボクがベンチ入りできたのは、運が良かっただけだよ」
「運ですって? 2軍の全選手の中でも、ベンチ入り出来るのは半分以下よ。そこは誇りなさい、コータ」
「は、はい、ごめんなさい」

 試合中だというのに、ガッツリ言われてしまう。
 エレナはクラブのオーナーの孫娘でありながら、“公式特別アドバイザー”とい肩書もある。
 だからオレたち選手と監督も逆らえないのだ。

 その証拠に話をしているオレに、監督は何も言ってこない。
 というか、やや気の小さい監督は、エレナお嬢様には触れないようにしている。

「ねえ、コータ。この試合の展開をどう見る?」

 そんな時、エレナの声が変わる。
 口調もお嬢様言葉ではない。
 真剣な表情で試合内容について尋ねてくる。

 試合展開ということは、専門的なことを答えればいいのかな?

「ボクの考えだとF.S.V―Ⅱはいいチームだと思う。個々の選手の能力やポテンシャルも高い」

 F.S.V―Ⅱは、この2軍のチーム名称である。

 一緒に練習してみて分かったが、やっぱりドイツの選手の能力は高い。
 身体能力や基本技術はもちろんのこと、理論的な戦術と判断力に優れているのだ。

「でも、今は歯車が合っていないかな?」
「歯車? どいうこと、コータ?」
「うん……チームとしての方向性が、少しずれているかな?」

 これも一緒に練習して分かったことである。
 2軍の選手たちは“上”を見過ぎているのだ。
 上の1軍に昇格した過ぎて、チームとしての意識がバラバラなのである。

“上を見過ぎていて、目の前の敵を見ていない”
 こんな悪い状況なら、実力の半分も発揮できないであろう。

 特に今は1軍のF.S.Vも調子が悪い。
 その悪影響が2軍まで伝染してきているのであろう。

(あっ、点を入れられてしまった)

 そうして内に2軍は負けていた。
 やっぱりチーム連携がバラバラなのである。
 監督もベンチから怒鳴っているが、改善点を見いだせていない。

「では、問題点を修正するために、どうすれば最善だと思うの、コータは?」
「うーん、そうだな……こんな、感じで……あそこ、ああして、かな」

 エレナに改善案を聞かれたので、自分の考えを伝える。
 今の個人技だけが高い選手から、チームに協調性のある選手に変更。それ以外にも、細かい改革が必要だと説明する。

 ちなみに日本語で会話しているので、他の選手と監督には意味が分からないであろう。
 ある意味、エレナとオレは暗号で会話している。

「なるほど。私もコータと同じように考えていたわ」
「えっ? エレナも、サッカーを分かるの?」
「当たり前よ! 私は生まれた時から、ドイツ・プロリーグの生の試合を観ていたのよ」

 なるほど、さすがはお金持ちな令嬢様なだけある。
 小さい頃からブンデスリーガーのスタジアムに連れていかれ、目が肥えているのであろう。

 サッカーオタクなオレからしたら、本当に羨ましい環境である。
 というか自分の祖父がサッカークラブを所有しているだけ、夢のような人生だ。

「なるほど、サッカーの考察力も、さすがね。ゲードおじ様の招待状を持って、最年少で入団しただけあるわね、コータ」

 何やら呟きながら、エレナは口元に笑みを浮べている。
 金髪の美少女なので、小悪魔的な危険さのある笑みである。

『監督、ちょっと提案があるわ!』

 いきなり監督の方に、エレナが駆け寄っていく。
 いったいどうしたのであろうか。

『は、はい⁉ エレナお嬢さま……いえ、エレナ・ヴァスマイヤー特別アドバイザー。どうしましたか?』

 監督はびくっとする。
 何しろ相手はオーナーのご令嬢であり、特別アドバイザーという肩書もある。
 監督であっても逆らう訳にはいけないのだ。

わたくし、提案があるの。後半は、こんな感じの作戦はいかがかしら?』

 エレナは鞄から1冊のノートを取り出す。
 そこにはサッカーの戦術が細かく書かれていた。

 ボールペンの手書きで、びっしり書かれた戦術ノートである。
 今日の対戦相手のことまで書かれていた。

『こ、この戦術を、エレナお嬢様が一人で?』
『そうですわ。監督、どうかしから?』
『なるほど……たしかに理にかなっています。はい、さっそく試してみます!』

 驚きながらも、監督は何やら感動していた。
 どうやら、こういったやり取りは初めてなのであろう。先ほどとは雰囲気が違う。

『おい、後半は選手をドンドン入れ替えていくぞ。ベンチ陣、今からアップしておけ!』

 おお⁉ 急に監督がやる気になったぞ。
 エレナはどんな魔法を使ったのであろうか?

 わがままで気が強そうなイメージだったけど、実は凄い女の子なのかもしれない。
 監督並のサッカーの知識があるのかもしれない。

『コータ・ノロ。お前は後半から出すぞ、アップしておけ!』
『えっ……ボクが試合に? は、はい!』

 まさかの出来ごとだった。
 オレも試合に出ることになったのだ。

『後半の戦術は、お前がキーマンになる。どんどん攻めていけ、コータ!』
『はい、分かりました!』

 アップしながら、監督から戦術について説明を受ける。

 なるほど。
 スピードと技術、判断力があるオレが、後半は中核になる戦術か。
 それなら小学生時代にも経験していたポジションで問題ない。

「しっかり結果を出してね、コータ」
「えっ……? うん、わかった、エレナ」

 アップ運動していたオレに、エレナが耳打ちしてきた。
 もしかしたら戦術変更したのは、オレのために?

 でも、いったい何のために?

(よく分からないけど、オレは結果を出すしかない。それに久しぶりの公式試合だ……楽しみだな!)

 最後に出た公式の試合は、4ケ月前の全国少年サッカーである。
 久しぶりの試合だけど、あれから一日たりとも自主練は欠かしていない。

 むしろ中学生になって身体が大きくなり、新しい技も習得していた。
 小学生の時よりもオレはパワーアップしていたのだ。

(よし。チームメイト全員の動きとクセは頭に入っている……このチームの戦術も全部頭にある……よし、今日も調子はいいぞ)

 サッカーオタクであるオレは、記憶力だけは自信があった。
 この数日間でチームメイト全員の個性。あとF.S.V―Ⅱの基本システムもインプットしていた。

『よし、後半いくぞ』

 監督から声がかかる。
 いよいよ後半戦がスタートするのだ。

「よし、ドイツのサッカーを楽しんでくるか!」

 こうしてオレは異国のドイツで、初めての試合に出場することになった。

 そして2得点1アシストという、鮮烈なデビューを果たすのであった。

ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ