挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

61/68

第60話:F.S.VーⅡ(2軍)

 入団テストの翌日。

「F.S.Vか……」

 オレは家のタブレットで、合格したクラブについて調べていた。
 F.S.Vはドイツのプロサッカーリーグの3部リーグに所属している。

 100年以上の歴史があり、かつては1部リーグで活躍して、20年くらい前には1度だけ優勝した記録もある。

 だが最近は低迷しており3部まで降格。
 更に毎年のように4部への降格ラインで、ギリギリの戦いが続いているという。

「最近は調子が悪いけど、プロには間違いない。なんで、そんな凄いところの2軍にボクが……」

 改めて唖然とする。
 オレはまだ12歳の中等部の生徒である。
 例えでいえば、日本の中学生がJ1やJ2の2軍に入団してしまったのだ。

 てっきり13歳以下のスクールのテストだと、思っていたオレは頭を抱える。

「ゲードさんにメールで連絡しても『さすがはコータくんデスネ!』の返事しかないし……」

 もう一度、招待状の封を開けで中身を見ると、やはり2軍のテストへの招待状であった。
 推薦したゲードさんは、これを分かっていておすすめしてくれたのだ。

 今回は中身を確認しなかった、オレの落ち度といえよう。

「それにしてもゲードさんは、何者なんだろう?」

 今思い返して見ると、受付の人の反応は明らかに変だった。

 ゲードさんの名前を見て、かなりびっくりしていた。
 もしかしたらドイツでも有名な人なのかな?

 でも推薦状のゲードさんの本名は、達筆なドイツ語すぎて、オレには読めない。

 まあ、いっか。
 今度、日本に帰った時にでも聞いてみよう。

「でも、まあ、3部リーグの2軍の特別選手枠だから……」

 試験官の話では、オレは特別選手枠だと説明していた。
 基本的には中等教育の学校が優先となる。
 放課後と休日にチームの練習に出てこいとの話だった。

 あとオレはまだ学生ビザのために、給料も基本的には出ない。将来的に就労ビザが発光された時に、後払いで給料は振り込まれるという。

 その代わりにトレーニング費用や食事、遠征費などサッカーにかかる費用はクラブ負担。それだけでオレは有りがたかった。

「もしかしたら特別選手ということは、練習生みたいなものかな? それなら何とかなるかな!」

 オレは気持ちを切り替える。
 父親も笑って了承してくれて、保護者サインをくれた。
 だからオレも前向きに考えることにした。

「これも神様の与えてれくれた、チャンスかもしれなしね!」

 オレのドイツ留学の目的は、修行のため。
 世界でもトップクラスの選手になるための準備であった。
 だから今から経験値を積んでいく必要がある。

 3部の2軍とはいえ、修行を積むまたとない幸運であった。

「よし、行ってきます!」
「コータ。頑張ってな!」

 これから初の練習への合流となる。
 気合を入れて、練習場へ向かうのであった。



 2軍の練習場に到着する。
 場所は入団テストを受けたサッカーパークであった。

 家と学校から近いので、歩いて通うことも可能。近くてよかった。

 クラブハウスのロッカールームで着替えて、オレは練習場に向かう。
 まずは顔合わせだ。

『今日からこの4人が、当F.S.Vクラブの2軍に入団する。上手くやっていくように!』

 2軍の監督から紹介をされる。
 昨日、入団テストを受けた3人も一緒だった。知っている人がいると、なんだかホッとして嬉しい。

『ボクは日本から来たコータ・ノロです! ポジションはゴールキーパー以外だったら、何でもやります。皆さんよろしくお願いします!』

 自己紹介になったので大きな声で挨拶をする。
 日本でもドイツでも挨拶が大事なのは変わりない。最初の印象が大事である。

『おい、あいつが噂の12歳の……』
『ああ。日本人か……?』
『コネで入団じゃないのか……?』

 ん?
 選手たちが、何かザワザワしている。視線はオレに集中していた。
 やっぱり12歳のオレが入団したのは変なのであろう。

 何しろプロに年齢制限はない。
 2軍にいる人は、ほとんどが20歳以上だという。

 一番上だと30歳以上。オレの父親と同じくらいの年齢である。

 明らかにチームの中で断トツに浮いていた。
 最初の印象どことから、気まずい雰囲気である。

 どうしよう……。

「こいつを普通の12歳だと、思わない方がいいでよ」

 そんな微妙な雰囲気の中。
 ひと言もの申している人たちがいた。

「オレたちも昨日の入団テストで、このコータに痛い目を会いました」
「彼は勇敢な戦士です。コネなくて実力で合格しました」

 おお! 
 彼らは一緒に入団テストを受けた3人である。

 昨日のミニゲームの内容を力説していた。
 浮きそうになっていたオレのことを、なんと守ってくれたのだ。

『なるほど、そういうことか』
『まあ、いい。プレイしてみたら分かるからな』
『そうだな』

 2軍の選手たちも納得してくれたようである。
 でも、様子が少しだけ変だった。
 何となく2軍の人たちは“冷めている”……そんな感じがするのだ。

 みんなプロ集団だから、意識が高いのかな?

『よし、練習を始めるぞ!』

 自己紹介も終わり、監督から練習メニューの指示が出される。
いよいよプロの練習が始まるのだ。



 2軍の練習が終わる。
 練習は2時間だけ終わったしまった。

 今日は少ないのかな?
 と思って聞いてみたけど、これが普通らしい。

 コーチの説明によるとヨーロッパのサッカーは、日本とは違い“量よりも質”を重視するという。

 そう言われてみれば、練習はかなり本格的なものが多かった。
 特に今は2軍も公式リーグのシーズン中。
 実戦を重視した感じの連携メニューが多かった。

「でも、なんとか付いていけそうだな」

 オレは初練習に、何とか付いていくことが出来た。
 たしかに濃密でキツイ練習だった。

 でも、この10年間、自主トレと自己管理は徹底してきた。
 またヒョウマ君やセルビオ君といった天才との戦いで、オレは多くのモノを学んできた。
 そのお陰でプロの動きにも付いていくことができたのだ。

「ふう。それにしても、みんな随分と練習に気合が入っていたな」

 給水所でひと息きながら、今日の練習を思い返す。
 一体何があったか分からないけど、チームメイトたちは全員気合が凄かった。

 オレたち新加入の4人に構うことなく、必死な感じだったのだ。

 今まで経験したことがピリピリした空気であった。
 このチームには何かあるのかな?

「この2部の選手は、上に昇格するために必死だからよ」

 日本語で誰かが解説してくれる。

「なるほど、そういうことか」

 ここにいる全員は、上の1軍に昇格するために必死。
 だから入ったばかりのオレたちに、構っている余裕がない。

 むしろ同じチーム内で弱肉強食の戦いが起きているのだ。
 だから、あんなにもピリピリした空気の練習だったのだろう。

「えっ? 日本語?」

 少し遅れて気がつく。ここはドイツである。
 では今の日本語の解説は、いったい誰だろう?

「あれ……?」

 振り向いた先にいたのは、金髪の外国の少女である。
 では、誰が今の日本語を?

「今、話かけたのは、私よ。コータ・ノロ」
「えっ……日本語上手ですね?」

 金髪の少女が日本語で話しかけてきたのだ。
 それにしても随分と上手い。

「私の母は日本人なの。だから日本語もできるのよ」
「ああ、なるほどです」

 日本人とドイツ人のハーフだから、日本語も話せるのか。今風で言うならばハーフじゃなくて、“ダブル”と言うのかな?

 それにしても、この子は誰だろう?
 見た目は金髪碧眼で日本語がペラペラだから、何か不思議な感じする。
 ちょっと気が強そうだけど、かなりの美少女である。

 ん……あれ?
 この子……どこかで見たことがあるような?
 いったいどこで、見たんだろう?

「あなた、クラスメイトの顔も覚えていないの? 私はあなたのクラスメイトのエレナ・ヴァスマイヤーよ」
「ああっ……ヴァスマイヤーさん?」
「エレナでいいわ」
「うん、エレナさん」

 少女の自己紹介を聞いて思い出す。

 そうだ、通っている中等教育のクラスに、そんな名前の子がいた。
 フルネームを聞いて、ようやく思い出した。

「ごめんなさい、まだクラスに慣れていなくて」
「ふん。仕方がないわね」

 謝ったら、エレナさんは少しだけ機嫌を取り戻す。
 オレもサッカーのことばかり考えていて、クラスメイトの顔まで意識がいっていなかった。
 反省して明日からは、学校でも気を引き締めていかないと。

「あれ、でも。エレナさんは何でここに?」

 ここはプロサッカークラブの練習場である。
 ファンの人はネットの内側まで入っては来られない。中は関係者以外立ち入り禁止だからね。

 もしかしたら迷子になって、中まで入ってきちゃったのかな?

「迷子じゃないわ。私のお爺ちゃんが、このF.S.Vを経営しているの」
「このクラブを経営……つまり……?」
「そうね。分かりやすく言うと、オーナーの孫よ!」
「えっ……オーナーさんの孫娘さま?」

 日本にいるみんな。
 驚いたことが起きました
 オレが入団したクラブのオーナーの孫娘が、なんと金髪のクラスメイトでした。

「それに私は、このF.S.Vの公式スペシャルアドバイザーの役職に就いているわ」

 更にお嬢様はクラブの役職にも就いているようだ。

 オレのサッカー勘がピンときた。
 ドイツでも大変な日々になりそうだと。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ