挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/68

第50話:世界大会の後

“U-12ワールドカップ”の決勝戦が終わる。
 その後はバタバタしたスケジュールだった。

 表彰式はそのままスタジアムで行った。
 オレたちリベリーロ弘前ひろさきは一番高い台の上で、メダルとトロフィーを受けとることが出来た。

 表彰式の後、チームは沢山のマスコミの取材を受けた。
 外国のTVやサッカー雑誌やネットニュースなど、ビックリするぐらいのマスコミ囲まれる。
 通訳は日本サッカー協会の人が担当してくれたので、何とかなった。

 チームで取材を受けた後は、個人的にインタビューに移る。
 特に受けていたのは、コーチと大会MVPのヒョウマ君、妹のあおいの三人だった。

 葵は大会に唯一の女性参加者で、優勝チームのレギュラーということでインタビューされた。
 更に日本の女の子で可愛らしい外見なので、外国の取材陣に人気なのであろう。



「ふう……また終わるのを待つか」

 チームキャプテンとして取材が終わったオレは、一人で待機していた。
 ちなみに個人的な取材は、自分には一切ない。
 今大会では個人表彰はされていないので、これも仕方がないであろう。

『ヘーイ、コータ』

 そんな時、スペイン語で誰かに声をかけられる。

『あっ、セルビオ君!』

 声をかけてきたのは、スペイン代表のユニフォームを着た少年。エースのセルビオ・ガルシアだった。
 オレは日常会話のスペイン語で答える。

『コータ、改めて、優勝おめでとう』
『セルビオ君も準優勝、それに得点王、おめでとう!』

 スペイン代表は惜しくも準優勝だったが、セルビオ個人は大会得点王で表彰されていた。
 2位のヒョウマ君に圧倒的な得点差をつけて、得点王を受賞したのだ。

『あれ? そういえばセルビオ君の取材は、もう終わったの?』

 得点王のセルビオは表彰式の後、マスコミから一番の取材を受けていた。
 何しろ決勝戦以外の全試合でハットトリック、という偉業を達成していたのだ。
 各国のマスコミが放っておくはずがない。

『ああ、後はチームのマネージャーがやっているよ』

 なるほど。
 彼の所属する名門チームともなれば、マスコミ用のマネージャーがいるのか。
 さすがはサッカーが盛んなスペイン代表である。

『コータは個人取材がないのか?』
『そうだね。ほら、ボクのプレイは地味な感じだから』

 ここだけの話、オレのプレイは華やかさがない。
 最近は基本的には守備をしながら、ゲームメイクをしていく感じだ。

 昔からシュートを打つのは嫌いじゃない。
 けどチーム内には、ヒョウマ君と葵という天性のストライカーが二人もいる。

 だからオレは4年生くらいから、地味なポジションに徹していた。
 太陽のように輝くヒョウマ君と葵の、サポートにオレは徹していたのだ。

『なるほど、そういう理由か。だがコータは凄い選手だよ! ヨーロッパの同年代でも、滅多にいない選手だ!』
『えっ……セルビオ君にそんなに褒められると、なんか照れるな……』

 未来のスーパースターからの、まさかの最上級の褒め言葉であった。
 オレの心臓はかつてないほどバクバク鼓動している。

『でも、コータ。キミは攻撃の才能が、もっとあるはずだ。なぜ本気を出さない?』
『えっ? そんなことを言われても、ボクは本気を出しているつもりだけど……』

 まさかの指摘に言葉を失う。
 オレは今までも、本気を出してプレイしていた。
 練習でも試合でも、常に全身全霊を出していたはずだ。

『なるほどね。コータは自分の本当の凄さに、気がついていないのかもな』

 セルビオ君はかなり真剣な表情であった。冗談を言っているようには見えない。

 でも、オレの本当に凄さか……。
 そんなモノが本当にあるのだろうか?

 オレは自分の右足をジッと見つめる。
 今世では頼りになる相棒である、自分の足を。

『ところで話は変わるけど、コータはいつヨーロッパに来るんだ?』
『えっ、ボクがヨーロッパに?』
『ああ、そうだ。キミほどの才能を伸ばすには、ヨーロッパのチームに入団した方がいい。それも早い段階で』

 まさかの提案だった。
 そんなことは夢にも考えていなかった。

 というか普通の日本のサッカー小学生が、ヨーロッパのチームに入団だなんて。
 この時代ではあり得ないことだった。

『なるほど……まあ、いいか。それじゃ、オレと交換をしてくれ』
『えっ……ユニフォームを⁉』

 まさかの提案の後に、更なる提案だった。
 試合後のユニフォーム交換を、セルビオから提案される。

 未来のスーパースターのジュニア時代の貴重なユニフォーム。それが今、オレの目の前に差し出される。

『うん! 喜んで!』

 オレは自分のユニフォームを脱いで、セルビオと交換をする。
 リベリーロ弘前ひろさきのユニフォームが、初めて海外に渡った瞬間だ。

『ありがとう、セルビオ君! あと、ここにサインを書いて欲しいんだけど』
『オレのサインだと? 書いたことないけど、名前でいいのか?』
『うん、名前でいいよ!』

 前回の教訓から、サインペンは常に持ち歩いていた。
 未来のスーパースターのセルビオ・ガルシアの初サインを、書いてもらう。

 ぎこちない手つきで、セルビオは自分の名前をユニフォームにサインする。

 うん。これはたしかに本物だ。

 前世の映像で見た大人のセルビオ・ガルシアのサインに似ている。
 まあ、書いたのは本人なんだから、似るのは当たり前か。

『じゃあ、コータ。オレはそろそろ戻る。これからスペインに帰って、また練習の毎日だ』
『そうだね。ボクも同じだよ』
『サッカー少年は世界のどこでも、一緒なんだな』
『そうだね、セルビオ君!』

 いよいよ別れの時間がやってきた。
 ユニフォーム交換をして、別れの挨拶をする。

それぞれは自分たちのチームに戻るのだ。

『また、どこかで遊ぼう……いやサッカーをしようぜ、コータ!』
『うん……また、サッカーしようね、セルビオ君!』

 日本とスペインとの距離は約1万km
 普通では再会することは難しい。

 でもサッカーは世界中で愛され、プレイされているスポーツ。
 互いに高みを目指して続けていけば、たどり着く先は決まっている。

 世界大会やワールドカップ、オリンピックで再会できる可能性がある。
 サッカーは誰にでも、平等な夢を与えてくれるのだ。

「ふう。さて、ボクもチームに戻るとするか……」

 ヒョウマ君やコーチの取材も終わっていた。
 オレはチームに合流することにした。

 たった二日間だったけど、本当に充実した“U-12ワールドカップ”が、こうして幕を閉じたのであった。



 その後もバタバタした。
 決勝戦の次の日は、1日間だけフリーの日となった。
 優勝したお祝い観光である。

 まずリベリーロ弘前ひろさきの12人とコーチで、パリ市内の観光をした。
 みんなでセーヌ川の川下りをして、エッフェル塔や凱旋門の見に行った。

 夕ご飯には美味しいフランス料理を食べた。みんなでナイフとフォークに苦戦した。

 その後はサッカー観戦に行く。
 場所は昨日、オレたちが決勝戦を行ったあのスタジアムである。

 試合はフランスのプロリーグ“リーグ・アン”のリーグ戦だった。

 5万人の熱狂的なサポートで埋まったスタジアムは、本当に凄かった。
 オレたちの試合の時とは、まるで別空間のようにスタジアムが震えていた。

 オレたちもレベルの高いリーグ・アンの試合に熱狂して、その後はホテルへと帰還する。
 仲間と過ごした、本当に最高の一日だった。



 次の日は、丸ごと移動日となる。
 帰りはチーム全員と家族の、一緒の行動となる。

 まず日本へ帰国するために、国際線の飛行機を乗り継いでいく。
 日本の羽田空港に到着して、お世話になったサッカー協会の人とは、ここでお別れとなる。

 次に国内線の飛行機に乗り換えて、地元の空港を目指す。
 地元の飛行場に到着したら、チームのマイクロバスが待機していた。

 マイクロバスで各自の家の前で降車して、無事に帰宅となる。
 帰りは両親も同行していたのだ、オレは家族4人での帰宅となる。

 パリから自宅まで、約1万kmの大移動は無事に終了となる。
 疲れ果てた妹の葵は、マイクロバスでずっと爆睡していた。

 明日からはオレたちは、また小学校に通わないといけない。
 両親がそのままあおいをベッドに運んでいく。



「ふう、ようやく終わったか……」

 オレも一息つきながら、懐かしの自分の布団の中に入り込む。
 寝る前の日課の自主練習とストレッチは、もちろん欠かしていない。

「ああ、本当に“U-12ワールドカップ”が終わったんだな……」

 布団に入りながら、優勝メダルを手にする。
 そこで初めて実感が出てきた。

 オレたちは国際試合の大会で優勝できたんだ。
 小学生の最後の年に、とんでもない経験が出来たんだと実感する。

(明日からは、また朝練して、学校に行って、放課後も練習して、週末は練習試合して……)

 そう考えていたら、いつの間にかまぶたが閉じていた。
 手には優勝メダルを持ったまま、夢の中に落ちていたのだ。



 こうして“U-12ワールドカップ”の全ての日程が無事に終わる。

 明日からまたオレの、新しいサッカーの日々は始まるのであった。








6年生U-12ワールドカップ編が無事に終わりました。
次からは6年生後半から、中学生1年生になるまで編がスタートします。




たくさん方に読んでいただき、本当にありがとうございます。

ここまでの評価や感想などありましたら、すごく嬉しいです。お気軽にどうぞです。

今後も頑張っていきます!
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ