挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/68

第51話:【閑話】とあるスペインチームの監督の話

《スペインのセルビオのチームの監督の話》

 フランスのパリで開催された“U-12ワールドカップ”が終わり、我々は地元スペインに戻ってきた。

 今回の成績は準優勝。昨年のベスト8を上回る好成績であった。
 出来れば優勝しかたかったが、ジュニアの国際大会の一つだ。
 準優勝でも上出来だといえよう。

「ヘーイ、監督。相談があるだけど」
「どうした、セルビオ?」

 チームの練習の休憩中に、選手の一人が尋ねてきた。
 このジュニアチームの中でも、ひと際体格がいい少年セルビオ・ガルシアだ。

「ちょっと先ほどの紅白戦の動画を見せて欲しい」
「さっきの? ああ、ここにあるぞ」

 常時撮影している練習動画を手渡す。
 選手が自分のプレイを確認することは、よくあることだ。

 だが私は内心では驚いた。
 何しろこの少年は今まで一度も、自分のプレイ確認したことがなかったのだ。

(どうしたのだというのだ?)

 このセルビオ・ガルシアと少年は普通ではない。
 スペインサッカー界でも“10年に一度の素質”と言われるほどの天才なのだ。

 そのため自尊心もかなり強い。自分のプレイに自信がありすぎたのだ。

「どうした、セルビオ? 何か心配なことでもあるのか?」

 急な心境の変化を訪ねる。
 この少年はスペインサッカー界の至宝。
 来年、上のジュニアユースチームに引き渡すまで、大切に扱う必要があるのだ。

 ジュニア監督の私は“スペインの至宝”を預かっている……そんな身分に過ぎない。

「うーん、どうしても負けたくない相手が、見つかった。だから、もっとレベルアップしたいんだ」
「負けたくない相手? ジュニアユースの選手にか? それともトップチームか?」
「いや、12歳の同じ年だよ」

 なんと信じられない発言だった。
 ヨーロッパの同年代の中でも、今のところセルビオの才能は突出している。

 それなのに、負けたくない相手が見つかっただと?
 一体どこの誰であろうか?

 だが思い当たるふしがない。
 何しろ最近のスペイン国内の大会や、ヨーロッパのジュニア大会でも、この少年は敵なし状態だった。
 特に苦戦をした記憶はなく、ライバルの存在を監督の私は知らないのだ。

 先週の“U-12ワールドカップ”でも、決勝戦以外はハットトリックを決めて、無双状態だった。

「ん? もしや“U-12ワールドカップ”の決勝戦で戦った、日本の……あの9番か?」

 最近での唯一の黒星といえば、“U-12ワールドカップ”の決勝戦だけだ。

 相手は日本のリベリーロなんとか、という街クラブ。
 エース9番の少年のことなら私も記憶があった。

 あの少年はアジア人にしては、珍しいタイプのストライカーだった。
 順調に成長していけば、将来的にはヨーロッパでも通用するであろう。悪くはない素質だった。

 だが、この至宝セルビオ・ガルシアの才能とは、比べものにならない印象だったはず。

「日本の9番? ああ、サワムラか。彼も素晴らしいね! きっと将来は日本の代表クラスになって、ヨーロッパでも活躍するよね!」

 日本の9番……サワムラに対するセルビオの評価は、私より高いものであった。
 彼は今後も急成長していくと見ているという。

 この少年が他の同年代のことを、これほど褒めるのを初めて聞いた。

「では負けなくない相手は、違うのか、セルビオ?」
「ああ。オレのライバルは14番のコータさ!」
「日本の……14番?」

 そう言われても、すぐに思いだせなかった。
 あの日本チームで9番以外に、目立った選手はいないはず。

 例外として7番の少女は記憶にある。
 まだ11歳ならが、我がスペインチームの守備陣を圧倒した少女。あの子は将来すごい選手になるであろう。

 だが女子選手は私の監督の管轄外である。

「14番……14番……ああ、あの選手か⁉」

 ようやく思い出した。

 日本の14番は、セルビオに終始マンマークについていた少年だ。
 影の薄い選手だが、守備力だけはかなりのモノがあったと記憶している。

「だが、あの14番には致命的な欠点があるぞ?」

 その欠点があったからこそ、私は14番の記憶が薄かったのである。 

「彼には“光る才能”がない。残念ながら彼は今後、芽は出てこないであろう」

 長らく監督をしていた私には、選手を見る目が備わっていた。
 それは“才能がある子が光って見える眼力”である。

 ちょっと大げさに聞こえるが、簡単に説明すると観察眼の一種だ。
 これは他の経験のある監督やスカウトマンにも、ある経験的な能力である。

 これによると将来的にトップチームや、代表で活躍する凄い選手は、幼い頃から“光るプレイ”をするのである。
 最初は上手くない子でも、“光る”者は必ず爆発的に成長していく。

 そのいい例が、目の前にいるセルビオ・ガルシアである。
 数年前、この少年が入団テストを受けに来たとき、私や他のコーチは驚いた。

 何しろセルビオはボールを触っているだけで、太陽のような強烈な光を放っていた。
 だからその日の内にチームは、セルビオと彼の両親と契約を結んだのだ。

「残念ながら、あの14番は、あれ以上は昇ってこない。日本国内で終わる選手であろう」

 それが私の最終的な見立てだ。

 セルビオはサッカーの才能があるが、まだ幼い12歳。経験的な観察眼が足りないのであろう。

「そう言うと思ったよ、監督。でも、不思議じゃない? なんで、そんな選手がオレを1得点に抑えて、逆に2アシストも出来たんだい?」
「あっ……それは……」

 さとしたはずのセルビオから、逆に指摘され私は言葉につまる。

 よく考えたら、そうである。
 この至宝の少年を1得点に抑えるなんて、スペインのユース代表でも難しい。
 それほどまでにセルビオの得点能力は、国内でも突出したのだ。

「特に最後の、コータのドリブルフェイントからのパス……あれには、流石のオレも驚いたね。抜かれた後に鳥肌ものだったね」
「最後の? あのドリブルに失敗して転んで、偶然足に当たって出したパス……がだと?」

 その14番の偶然のプレイは覚えている。
 あの偶然の積み重ねがなかった、我がチームは逆転優勝していたはずだ。
 あれはセルビオのミスでもなく、アンラッキーだったはずだ。

「あれは失敗でも偶然もない……コータは狙って出した技だよ、監督」
「そんな馬鹿な……あれを故意にだと……⁉」

 まさかセルビオの説明に絶句する。

 何故なら、あのように転んだ状態で、正確なパスを出せるはずはないのだ。
 私も元プロのサッカー選手として、その位の常識は分かる。

(だが万が一、セルビオの説明が正しいとしたら……)

 そう考えた時、私は背中がゾクリとする。

 あのような奇跡のプレイを、狙って出せる選手がいたら大発見である。
 それも東洋のサッカー後進国の日本に、いたとでもいうのか?

 あの14番……コータという少年は、それほどまでの素質の持ち主だったというのか。

「そういえば、コータは光っていたよ! 無色透明だけど、物凄い輝いていたよ! あとサワムラは氷のように青いけど、試合中は赤く燃えていたね。コータの可愛い妹はオレンジだったね!」

 更に驚いた発言だった
 なんとセルビオも“才能の光”が見えていたのだ。

 しかも色だと……?
 そんな話は、他の監督からも聞いたこともない。

 もしかしたら天才にしか見えない、特別な観察眼なのかもしれない。
 いや、“野生の勘”とでも呼ぶのであろうか。

「そんな訳でオレは、これからもっとレベルアップしていくから。よろしくお願いくね、監督! “男子三日会わざれば、刮目して見よ”だ!」

 最後のは、いったい何語であろうか。
 謎の言葉を言い残し、嬉しそうにセルビオは去っていく。

「日本の、リベリーロ、14番のコータか……」

 私はその名を、もう一度つぶやくのであった。










《サッカー素人なハーーナの小話》不定期便

“U-12ワールドカップ”は架空の国際大会ですが、モデルは〝ダノンネーションズカップ”という大会です。
FIFA(国際サッカー連盟)公認の“小学生年代のワールドカップ”と言われています。
世界32か国で開催され、毎年世界で250万人が出場という大規模な大会です。

ちなみに



2014年:横河武蔵野FCジュニア 優勝
2016年:ヴァンフォーレ甲府U-12 2位
2013年:横浜F・マリノスプライマリー 3位



と、ここ数年は日本のジュニアチームが凄い成績を収めています。
こうして調べてみると、日本のジュニア世代は世界でも凄いのですね!

では、今回の小話はここまで。
私にサッカーのことで教えたい情報があれば、いつもで感想でお気軽にどうぞです。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ