挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/68

第49話:決勝戦の行方

“U-12ワールドカップ”の決勝戦が始まる。

 オレたちリベリーロ弘前ひろさきの先発選手8人は、天然芝のピッチに立っていた。

 キックオフ前。オレを中心にして、最後の作戦会議をする。

「さて、コータ。今日はどんな変な作戦でいくんだ?」
「また奇策か? それとも奇襲でいくか?」

 チームメイトがオレの発言に注目してくる。
 これも仕方がない。この2日間は直前に、変な作戦変更をしていたのだ。

「えーと。作戦変更は無しだね。いつものボクたち……リベリーロ弘前ひろさきの試合をしよう!」

 オレは最後の作戦を伝える。
 ここまでの予選リーグとトーナメントのことは、全部忘れていこう。
 通常通りの作戦でいこうと伝える。

・ヒョウマ君と葵が攻撃のツートップ。
・オレが中盤でゲームメイクをする。
・他の皆は中盤のサポートと守備に専念する。

 こんな感じのリベリーロ弘前ひろさきスタイルだ。

「あれ? コータにしては珍しいな」
「ああ、そうだな」
「じゃあ、いつもの通りに、オレたちは頑張るとするか!」

 チームメイトは首を傾げながら、了承してくれた。
 作戦会議も終了して、自分たちのポジションに散っていく。
 緊張感も解けて、その足取りは軽い。いい感じだ。

「コータ、どういうことだ? 何か考えがあるんだろう?」

 そんな中でヒョウマ君だけは、作戦に真意に気が付いていた。
 オレの作戦の裏を読んでいたのだ。

「さすがヒョウマ君だね。実はこの試合は、“ワンランク上のリベリーロ弘前ひろさき”でいこうと思うんだ」

 オレは予選リーグの3試合と決勝戦トーナメントの2試合。
 合計5試合の中で、ある仕掛けをしていた。

 それはチームメイトの皆に、いつも以上の負荷をかかるように、密かに試合を展開していたのだ。
 フォーメーション変更と戦術変更は、そのための布石だった。

 国際試合の緊張感の中での、皆は極度の負荷を掛けられていた。
 そのお陰で予選リーグでは動きは重かった。

 でも今日のトーナメントでは全員の動きが、見間違えるように良くなっていた。
 全員が自分でも知らない内に、一段階レベルアップしていたのだ。

 簡単に説明すると『これまでの5試合、全員に重りをつけて戦ってもらった。決勝戦は重りを外して、戦ってもらう』こんな感じだった。

「なるほど。お前はチームメイトにも魔法をかけていたのか、コータ?」

 ヒョウマ君は何やら抽象的なことを言ってきた。
“魔法”か……前も思ったけど、ヒョウマ君は少し独特の考え方をしている。

「魔法っていうほどじゃないけど。でも、これでスペイン代表と互角に戦えるはず」
「オレ様とお前が、あのセルビオ・ガルシアを倒せば……だろ?」
「うん、そうだね!」

 オレの見込みでは、エースを抜かした両チームの総合力は、今のところ互角である。
 後は怪物セルビオを、オレたち二人がどうやって攻略するか? それが、勝利の鍵となる。

「それで、あの男を倒す、本当の作戦は?」
「それは……“セルビオ君が攻めてきた時は、ボクが1失点に抑える。攻撃の時はヒョウマ君がセルビオ君を抜いて2点を取る”……これが決勝戦の作戦さ!」

 これはオレの最終的な作戦であった。
 昨日との今日のイメージトレーニングでも、どうしてもあの怪物をから1点は取られてしまう。これは仕方がないであろう。

 でも今日のヒョウマ君のキレと、オレのパスの出来なら、2点を取れるイメージが浮かんでいたのだ。

「お前、あの男を“たった1得点”に抑えられる自信があるのか?」

 ヒョウマ君は真剣な表情で訪ねてくる。
 あのセルビオ・ガルシアの今大会の平均得点は4点以上であった。
 間違いなく今大会のNO1のプレイヤーである。

「たぶん、大丈夫。セルビオ君の弱点は、凄すぎるところ。チームメイトともレベルが違い過ぎる、ところだよ」

 スペイン代表の中でも、彼は数段階も飛びぬけていた。
 たぶん今まで同年代では負けたことが無いのであろう。

 だから、あれほど“遊び”という言葉を使い、真剣勝負に飢えていたのである。
 ライバルのいない孤独の天才の状態だ。

競い合う相手がいな選手は、逆境に弱くなる。
どんな天才でも若い時は、それが浮き彫りになってしまうであろう。

「それに比べてボクはこの5年間、凄いチームメイトと1対1の練習を積んできたからね」

 リベリーロ弘前ひろさきにも本物の“天才”はいる。
 オレは小学生2年生の時から、その人物と切磋琢磨せっさたくまして練習してきた。

 暇さえあれば常に1対1の勝負をしていた。
 それも毎回が全力で、真剣勝負だった。

 そのお陰でオレのマンツーマンの守備力は、向上している。生半可な逆境に対しても強くなっていた。
 同い年のヒョウマ君に負けないように、オレは今まで努力してきたのだ。

「だからボクはセルビオ君には負けない。ヒョウマ君の名誉のためにも」

 オレがセルビオに完敗した時。
 それはヒョウマ君がセルビオよりも劣ること、を意味する。

 だからオレは負ける訳にはいかなった。
 たとえ相手が未来のスーパースターだとしても。

「バカげたな理論だな、コータ。だが実はオレ様も同じ気持ちだ。オレ様のチームメイトには、凄い奴がいた。だからオレ様もそいつの名誉のために、セルビオに勝つ!」
「ヒョウマ君……」

 驚いたことにヒョウマ君も、オレと同じ気持ちだった。
 1対1で練習していたオレのことを、ライバルだと認めてくれた。

 オレたちは以心伝心……互いの誇りを守るために、互いに強敵に挑もうとしていたのだ。

「よし、いこう、ヒョウマ君!」

 ライバルであるヒョウマ君から、熱い言葉をもった。
 オレの闘志は今までにないくらいに燃え上っている。今ならどんなスーパースターにも負ける気がしない。

「そうだな、コータ。世界中にオレ様の……オレ様たちの力を見せてやろうぜ!」
「うん!」

 こうしてオレたちの世界大会、最後の戦いが始まるのであった。



“U-12ワールドカップ”の決勝戦がキックオフした。

 序盤からスペイン代表は攻撃を仕掛けてきた。
 セルビオ・ガルシアを中心にして、猛攻をしかけてきたのだ。

『いくよ、コータ! オレを楽しませてくれ!』
『それは、こっちのセリフだよ、セルビオ君!』

 スペイン代表が攻めてくる時、オレがセルビオのマンマークに付く。
 この危険な天才をフリーにしないように、必死で食らいついていく。

『へえ、やっぱり、凄いね、コータ! でも、これはどうかな?』
『くっ⁉』

 本気を出したセルビオは圧倒的だった。
 凄まじいキレのフェイントドリブルで突破してくる。

 オレはついていくだけで必死だった。
 悔しいけど身体能力と技のキレは、相手が圧倒的に格上。
 オレが計算していた力より、本物のセルビオは何倍も凄かったのだ。

 でも、ここで抜かれる訳にはいかない。

『くっ……これでも、抜けないだと? キミは何者だ、コータ?』
『ボクは、ただの普通の日本の小学生だよ』

 でも、それでもオレが食らいついていた。
 それには秘密のカラクリがあったのだ。

(セルビオ君、本当にヤバイ相手だ……でも、見えない相手じゃない!)

 前世でプロになってから31歳までのセルビオ・ガルシアの動きは、オレの記憶の中に全てあった。
 またこの大会での全5試合でのセルビオの動きも、撮影動画でチェックしている。

 だから、その二つを加えて予測調整することによって、彼の先の動きを予測していたのだ。

(それにオレは全部の部分で、負けている訳じゃない!)

 セルビオ・ガルシアに比べてオレは、ほとんどのサッカー能力……天賦てんぶの才能、身体能力、キック力、創造性、スピード、パワーにおいて負けていた。

(オレにも勝っている武器があったんだ!)

 だが対峙して分かったことがある。
 オレにも勝っている部分があったのだ。

 それは瞬間的な“判断力と反射神経”と“視野の広さ”、そして“基礎技術”である。

(これは3歳の時からの地味なトレーニングのお蔭……かもしれないな)

 オレは幼稚園の時から、サッカーのトレーニングを積んできた。
 その中で特にこだわっていたのが、この3つである。

 寝ている時以外は、常にスポーツビジョンと判断力のトレーニングを意識していた。
 更に基礎のボールコントロールに関しては、授業中でもコソ練習をしていた。

(セルビオ君が動き出すコンマ何秒前に、オレが動きだせば!)

 相手の動きを封じ込めることができる。
 凡人であるオレが、これまで努力してきた力が開花した。この9年間の努力は無駄でなかったのだ。

『ちっ、未来が見えるのか、コータは⁉』
『そんな力はないよ。ボクもあったら欲しいよ、セルビオ君!』

 この作戦は万能ではない。100%相手を止められる訳ではない。

 でも明らかに相手は動揺していた。
 圧倒的に才能が劣るオレに、何度も止められているのが信じられないのであろう。
 その心の隙を更についていく。

『はっはっは……凄いね、コータは! オレはこんなにサッカーが楽しいのは初めてだよ!』
『くっ、ここから更に速くなるのか⁉』

 だが相手も未来のスーパースターである。
 一筋縄ではいかった。

 未来予測の更に先をいかれてしまう。
 まさに化け物のような相手だ。

 危険なセルビオに振り切られ、フリーの状況にしてしまう。

「コータ、助太刀するぜ!」
「守備はオレたちにも任せろ!」

 だがチームメイトの守備の2人が、サポーターしてくれた。
 初日の騒動で全く歯の立たなかったセルビオに対して、彼らは必死で健闘していたのだ。



 こうして試合は進んでいく。
 こちらが守る時は、オレが守備陣と連携して、セルビオ・ガルシアを必死で止める。

 逆に攻める時はオレとヒョウマ君と葵の連携で、セルビオとスペイン守備陣に挑む。
 未来のスーパースターは守備も半端なかった。
 オレたち3人がかりでも、ようやく互角といったところだった。

 こうした一進一退の攻防を繰り返し、時間は進んでいく。

 そんな中で後半も進んでいき、得点は1対1となっていた。

 セルビオの絶対に止められない1点を、オレたちは取られてしまった。
 だがそこは予測の範囲内。
 逆にオレとヒョウマ君の連携で1点を取って、同点に追いついたのだ。



 そして後半が終わろうとしていた。
 試合終了まで、あと1分。

「お兄ちゃん!」

 葵がスペインの守備陣を斬り裂き、オレに渾身のパスをくれた。
 葵はそのまま倒れこむ。

 まだ5年生で女の子の妹のスタミナは、限界を突破していたのだ。

 葵の渾身のパスを貰ったオレは、フリーな状況。相手ゴールに攻め込もうとする。

『コータ……待っていたよ!』

 だがオレの前方に、セルビオが立ちはだかっていた。
 先ほどまで反対側の場所にいたはずなのに……。

 信じられないことに、葵のプレイの先を読んでいたというのか?
 それとも天才だけが持っている、“ボール嗅覚”とでいうのか?

 とにかくオレたちの動きが、セルビオに読まれていた。
 恐ろしいことに、この土壇場でスーパースターも覚醒していたのだ。

「くっ……」

 オレの動きが止まる。
 何故ならこの試合でオレは、セルビオを1度も抜けていなかったのだ。
 セルビオ・ガルシアの野獣のようなプレッシャーが襲いかかってきた。

 でも、この状況……1対1でオレが抜けなければ、最前線にいるヒョウマ君にはパスは出せない。
 逆にオレが負けてボールが奪われたら、逆転されてしまう危険な状況だった。

 でも、勝つためには、ここで退くわけにはいかない。

『いくよ、セルビオ君!』
『こい、コータ!』

 オレは単身ドリブルで突撃していく。
 1対1でセルビオ君を抜くために。

 オレはあるフェイントをしかけて、相手を一気に抜き去ろうとする。

『また、その技を? でも、オレには通じないよ!』

 セルビオは勝利の笑みを浮べる。
 何故ならオレが発動したのはセルビオ・ガルシアの十八番のフェイント。
 この試合でもオレは4回使って、4回とも防がれていた。

“それなのに、いったい、何故また使うのだ?”
“通じない技をまた使うのは、何故?”

 観客席から見ている者は、誰もがそう思ったであろう。

 だが……そう思わせるのが、オレの作戦だった。

『終わりだ、コータ!』
「いや、違う……これがボクの……必殺技だ!」

 セルビオにボールを奪われる瞬間。
 オレは更なる連続技を発動させる。

“野呂コータ・スペシャルターン”

 これはオレが編み出したオリジナル必殺技。
 既存には無かった技であり、未来にも無かった技である。

 オレが今世の10年間のサッカー人生で編み出し、この大会中にようやく完成させた必殺技だった。
 試合で4回とも失敗していたのは、この最後に発動させるための布石だったのだ。

『今のは……』
「ヒョウマ君!」

 唖然とするセルビオを、オレは倒れ込みながら抜き去る。
そのままラストパスを出す。

 このピッチ上でただ一人、オレの動きに反応して、走り込んでいた仲間に。
 ヒョウマ君だけが、オレが抜くのを信じていたのだ。

「ああ、最高のパスだ、コータ!」

 相手のDFを一気に抜き去り、ヒョウマ君はシュートを決める。
 ボールがゴールネットに突きささる。

 ピピー。

 直後、試合終了の笛の音が鳴り響く。

 2対1

 こうしてオレたちはスペイン代表に勝利した。
“U-12ワールドカップ”で優勝することが出来たのだった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ