挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/68

第48話:選手入場

 いよいよ決勝戦が始まる。

 オレたちは正午の準決勝の後、少し長めの休憩をする。
 この後、夕方からの決勝戦に備えるためだ。

「みんな、体調は大丈夫か?」
「「「はい、コーチ!」」」

 休憩が終わり、各自のコンディションのチェックをする。
 幸いなことにケガ人や、不調な者はいなかった。
 全員のスタミナも90%くらいまで回復している感じ。小学生世代の回復力は半端ない。

 本当ならこうした大会は、もう少しゆったりとしたスケジュールで開催して欲しい。
 でも、辛いのは決勝戦の相手も同じ状況である。わがままは言えない。

「よし、では決勝戦の会場に移動するぞ」
「「「はい!」」」

 この大会は決勝戦だけは別の会場で行う。
 今までは天然芝8面もあったサッカーパークで試合をしていた。

 決勝はその敷地内にあるスタジアムだ。

「おお、大きい……」
「すげえ……TVで見たことある……」
「本当にここでやるのか……」

 会場入り口に到着したオレたちは、上を見て口を大きく開ける。
 決勝戦を行うのは巨大なサッカースタジアム。
 ワールドカップの決勝戦も行ったことがある、本場の専用スタジアムだった。

 巨大なサッカースタジアムの外観に圧倒されながら、オレたちは中に進んでいく。
 試合前にスタジアムの内部を軽く見学する。

「ここがスタジアム内か……」
「中もデカい……何人くらい入るんだ、ここ?」
「5万人くらいらしいぞ……ここ」
「すげえ……」

 中に入っても更に唖然とする。
 パリ市内にある歴史あるスタジアムの、存在感が半端なかったのだ。

 オレたちも日本のJリーグの試合は、家族旅行で見に行ったことはある。
 だが日本のスタジアムとは規模が圧倒的に違うのだ。

「オレたち、大丈夫かな……こんなスタジアムで……」
「ああ……足が震えてきた……」

 これはマズイ。
 チームメイトたちがスタジアムの空気に飲まれていた。
 外国のスタジアム特有の雰囲気が、彼らにプレッシャーを与えていたのだ。

 何とかして緊張感を解かないと。

「ねえ、みんな、知ってる? ここは本当の試合がある時は、5万人の歓声で地面が揺れんだって?」

 緊張しているチームメイトに、オレは声をかける。
 前世での見た海外の試合の様子を思い浮かべながら、ゆっくりと語りかけていく。

「その時に比べたら、今日の観客は少ないよね。ほら、見てみて」

 今のスタジアムの観客席には、数百人くらいしか観客はいなかった。
 そのほとんどは大会の関係者と、予選に参加していた各国の子供たちである。

“U-12ワールドカップ”と言えども、所詮は小学生年代のアマチュアの大会。
 Jリーグのようにサポーターもいなければ、地元の熱狂的なファンも来ていないのだ。

「ボクたちの戦った全国少年サッカー大会の決勝戦よりも、今日の観客は少ないよね? つまりプレッシャーも、あの時の半部以下。そう考えたら、たいしたことないような気がしてきたね!」

 オレは独自の理論で説明する。

A:全国少年サッカー大会の決勝戦での、観客からのプレッシャーを100P
B:それに比べて半分の客数の、このスタジアムのプレッシャーは50P

 パリのスタジアム雰囲気補正α(アルファ)を足しても、

【プレッシャー方式=B+α < A】

 つまり全国大会よりはプレッシャーは少ないのだ。


「おい、コータ。プレッシャーが半分って……」
「どういう、理論だよ、コータ」

「でも、コータの言うことも一理あるな」
「そうだな、馬鹿バカしい理論だけどな」
「ああ。緊張して損したな、オレたち……はっはっは」

 よかった。
 なんとかチームメイトの緊張がほぐれた。
 オレの理論が通じたのだ。

「ナイス、キャプテンシーだな、コータ」
「あっ、ヒョウマ君……うん、ありがとう」

 ヒョウマ君だけは、オレの意図に気が付いてくれた。
 親指を立てて、グッジョブの合図をしてきた。

 いつもは冷静沈着なヒョウマ君にしては、珍しい反応だった。彼も決勝戦を前にして、テンションが上がっているのかもしれない。

 でも、自分を見ていてくれている人がいて、オレも嬉しかった。

「よーし、見学は終了だ。そろそろ試合だ。ロッカールームに行くぞ」
「「「はい、コーチ」」」

 いよいよ試合の時間が近づいてきた。
 決勝戦だけは本当の国際試合と同じように、選手入場があるらしい。

 それまでロッカールームで作戦会議をしつつ、待機するのだ。



「よし、時間だ。行くぞ」
「「「はい!」」」

 ロッカールームでの待機時間が終わる。
 作戦会議を終えたオレたちは、コーチに案内でピッチに出発する。

「よし、ここで、もう少し待機だ」

 そのまま選手入場の待機場所に移動する。
 ここからは天然芝の競技場が、すぐ目の前に見える。
 いよいよ決勝戦がスタートするのだ。

『へーい、コータ』

 そんな時。スペイン語で誰かに声をかけられる。

『やっぱり決勝まで上がってきたんだね、コータ!』
『あっ、セルビオ……君!』

 声をかけてきたのは、同じく隣に待機していたスペイン代表から。
 その人物はセルビオ・ガルシア。決勝戦の相手のスーパーエースだ。

 相変わらず気さくな感じで、近寄ってきてオレに話しかけてくる。

『あれ、コータ? 雰囲気が前と違うね……それにサワムラも? 』

 セルビオの表情が変わる。
 鋭い視線でこちらを観察してきた。
 その視線の先にいるのはオレとヒョウマ君である

『ふーむ。レベルアップしているのか……二人とも』

 信じられないことにセルビオは、見ただけでオレたちの変化を感じ取っていた。
 もしかしたら天才だけが持つ、“観察眼”みたいな物があるのだろうか?

『この短期間で信じられないレベルアップだね、コータ。何があったんだい?』
『それは“男子三日会わざれば、刮目して見よ”……だよ、セルビオ君』

 疑問の視線を向けてきたセルビオに、オレは日本の慣用句で答える。
 成長期の男子はわずか三日でも、会わない間に急成長する。

 だから、初日にキミに圧倒されたあの時と、今のオレたちが違うと。

 オレが出来る日常会話のスペイン語で、上手く要約して伝える。

『へえ……やっぱり、コータとサワムラは面白いね。スペインの同年代でも、キミたちのような空気のヤツはいなかった。オレの見込みとおりだね』

 セルビオの雰囲気が更に変わる。
 気さくな笑顔が消えて、強烈なプレッシャーを発してきた。
 あの野生の獣のような、危険な笑みを浮べている。

「そろそろ、選手入場です! 両チームの方は、よろしくお願いします!」

 そんな時。大会運命の人から指示がきた。
 いよいよ選手入場が始まるのだ。

『じゃあ、コータ、サワムラ。楽しく遊ぼうぜ!』

 セルビオはそう言い残し、自分のチームに戻っていく。

 ふう……疲れた。
 ヒョウマ君はずっと無言だったから、オレだけが緊張してしまった。

 でも、あのセルビオ・ガルシアに『面白いね』って褒められた。かなり緊張したけど、内心では歓喜ものだった。
 サッカーオタクにとって試合と、有名選手との会話は別腹なのである。

 よし、この後の試合でも気合を入れていかないと。

「おい……コータ。今、お前、何語で話したんだ⁉」
「英語じゃないよな? スペイン人ということはスペイン語か⁉」
「なんでお前、スペイン語を話せるんだ⁉」

 少し間をおき、チームメイトが一斉に突っ込んできた。
 セルビオとスペイン語で会話していたオレに、みんながびっくりしていた。

「ほ、ほら、サッカー動画とか見ていたら、覚えたんだよね」

 オレは適当にごまかしておく。
 本当は前世のサラリーマン時代の勉強の成果だったが、内緒にしておく。

 それに前世でもサッカー動画を見て、スペイン語を覚えていた。
 だから半分は正解なので嘘ではない。

「では、入場です!」

 大会運営の人から号令がかかる。

「よし、みんな。気持ちを切り替えて、いくよ!」
「「「よっしゃあ!」」」

 説明は何とか上手くいった。
 オレたちは気合の声と共に、ピッチに入場していくのだった。

ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ