挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/68

第46話:予選リーグでの賭け

 フランス3日目の朝。
“U-12ワールドカップ” がスタートする。

「まずはリーグ戦だ。初戦から全力でいけ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 オレたちリベリーロ弘前ひろさきの選手は、試合前に円陣を組む。
 気合の声と共にモチベーションをアップさせる。

「コータ、あおい、頑張ってね!」
「皆もファイト!」

 観客席から親たちの声援が飛んでくる。
 何と数人のチームメイトの家族が、フランスまで応援にきてくれたのだ。

 その中にオレの親もいた。
 何でも給料がアップした父の、貯めていたボーナスを使って来たらしい。
 それぞれの親は家族旅行と、子供の試合観戦を兼ねていた。

(いよいよ、予選リーグか……頑張らないと)

 そんな親の声援に送り出され、オレを含む先発8名は、天然芝のピッチに駆けていく。
 キックオフ前にオレを中心にして、最後の作戦会議をする。

「ここはフランスだけど、ボクたちはいつものようにプレイしていこう。みんな、いつもの倍は声を出していくよ!」
「おう、コータ!」
「守備陣は任せておけ!」

 キャプテンであるオレの声に、皆が元気に反応してくれる。
 特に昨日、セルビオ・ガルシアと対決した、守備の2人は気合十分だった。

 正直なところ彼らはコテンパに負けたので、テンションダウンも心配した。
 でも逆に闘争心に火が付いたみたいだ。

 熱血漢だけど、単細胞な性格が幸いしたのかもしれない。
 これなら守備陣は安心して任せる。

 ちなみに昨日のいざこざは、コーチも黙認してくれた。
 若気の至りと“国際交流”ということにしてくれたのだ。
 大事にならなくて、本当によかった。

(さて、攻撃陣の方は……)

 FWフォワードあおいとヒョウマ君に目を向ける。
 特に冷静沈着だけど、実は繊細そうなヒョウマ君のことを、オレは少しだけ心配していた。

 昨日の出来ごとが、プレイに悪影響を与えなきゃいいけど……。

「ふん。オレ様に心配など不要だぞ、コータ」
「あれ? 何のことかな、ヒョウマ君?」
「お前は顔にすぐ出るからな……オレ様は大丈夫だ」

 どうやらヒョウマ君にはバレバレだったみたいだ。
 彼はいつもの冷静さを取り戻していた。

 よかった。
 これならいつものプレイが出来そうだ。

「コータ、頼みがある」
「えっ? 急にどうしたの、ヒョウマ君?」
「今日の3試合は全部、今までより厳しいパスをくれ。オレ様にだけ、これまでよりもギリギリのパスをくれ」

 ヒョウマ君は真剣な表情で頼んできた。

 得点に絡むラストパスの質を、これまでと違うのに変更してくれと。
 タイミングを更に早め、パスを出す先を更に1mも先にして、危険な密集地でもパスをくれ……と頼んできたのだ。

「でも、それじゃヒョウマ君が……」

 パスを取れない危険が大きいのだ。
 確かにギリギリのパスを出せば、敵の守備は突き離せる。これまで以上に強力な攻撃が出来るであろう。

 でも失敗した時は、危険も大きい。
 ボールを相手に奪われて、カウンター攻撃を食らう危険があるのだ。

「頼む、コータ。それに皆も、頼む。これはオレ様の更に“上”にいくための、挑戦なんだ……」

 ヒョウマ君はチームメイトに頭を下げてきた。
 彼はセルビオ・ガルシアを超えるために、更に上の次元を見ていたのだ。

 驚いたことに、この予選リーグの3試合を使って、実戦的な経験値を積もうとしていたのだ。

「はっはっは……澤村が頼み事だなんて、明日は雪だな」
「でも、悪くないアイデアだな。コータ、オレたち守備陣は大丈夫だぞ!」
「そうだな、任せておけ!」

 ヒョウマ君の危険な賭けに、みんなは笑顔で答える。
 チームメイトの成長のために、仲間全員が危険に挑もうとしていた。

「ヒョウマ君、みんな……うん、わかった! コーチには後で、みんなで叱られようね!」

 キャプテンであり司令塔なオレは、作戦変更を了承する。
 また勝手に作戦を急に変更して、コーチからゲンコツを食らうのは、本当に痛い。

 でも今は怖くはない。
 何故なら自分の殻を破ろうとしている仲間の姿は、オレの心に強い闘志をくれたのだ。

「よし、じゃあ作戦変更だ。この3試合はいつもよりミスが多くなる。だから皆でカバーし合っていこう。悪いけど葵は、ヒョウマ君のサポートを」
「うん、分かった。葵はお兄ちゃんの作戦を信じる!」

 本来は攻撃担当の葵を、ヒョウマ君のサポートに変更をする。
 チームの攻撃力は格段に下がるが、オレは危険な賭けに選択したのだ。

「よし、作戦は決まった。みんないこう!」
「「「リベリーロ、ファイオー!」」」

 最後にオレの声で、全員の気合いを最高潮にもっていく。

 こうして予選リーグがスタートする。
 オレたちは危険な賭けに挑戦するのであった。



 予選リーグ第1試合目がスタートした。
 相手はアフリカの強豪国の代表チームである。

 整列した瞬間に、相手に圧倒的された。
 相手との体格が違ったのだ。
 まるで大人と子供のような身長差である。

「足元に速いパスでいくよ! テンポよく攻めて! 守る時は、二人がかりで!」

 試合中、キャプテンであるオレは、いつも以上に声を出す。
 パワーとリーチ。空中戦では圧倒的に不利であった。

 だからリベリーロ弘前ひろさきが得意とする、チームワークで勝負を挑んだのだ。

“1対0”

 その結果、僅差だったけど何とか勝つことができた。
 オレと連携した守備陣が、何とか持ちこたえたのだ。

 それに比べて攻撃のかなめ、ヒョウマ君の調子はいまいちであった。
 オレが出したギリギリのパスに、まだ反応できずにいたのだ。

 でも1点を決めた時のヒョウマ君は、少し前と違う感じのオーラを発していた。

「おい、お前たち。私に内緒で何かやっていただろう⁉ まったく……どれ、私もアドバイスしていやる」

 試合後コーチには怒られなかった。そればかりアドバイスもしてくれた。

 コーチは子供たちの自主性を尊重してくれたのだ。
 その的確なアドバイス乗っ取り、オレたちは次の試合で更に挑戦していく。



 休憩の後、予選リーグ第2試合目がスタートした。
 相手は中東の強豪国の代表チームである。

 身体能力とチームワークが、かなり優れた相手であった。
 特に守備に関しては、オレたち以上の総合力を持っていた。

 オレとヒョウマ君、葵の三人をもってしても、なかなか相手の守備を崩せずにいた。

「コータ、こい!」
「いくよ、ヒョウマ君!」

 そんな中でオレの1本のラストパスが決まった。
 前の試合では全く通らなかったギリギリのパス。
 相手の守備陣の針の穴を殺す“キラーパス”が、ヒョウマ君に通ったのだ。

“1対0”

 ヒョウマ君の決勝点を守りきり、何とか勝つことができた。

「だいぶ良くなったな。だが、次はもっとこうしていけ」
「「「はい、コーチ!」」」

 試合後も全員でミーティングを行う。
 チーム一丸となってヒョウマ君に協力していく。



 休憩の後、予選リーグ第3試合目がスタートした。
 相手はヨーロッパ東欧の強豪国の代表チームである。

 これまで一番の強敵であった。
 さすがはサッカーの歴史があるヨーロッパ。全選手のスペックが高い。
 凄まじい攻撃力で、攻め込んできた。

「守備の方は大丈夫、みんな⁉」
「心配無用だ、コータ!」
「そうだな、日本の連中の方が、ヤバかったぜ!」

 それでも味方の守備陣は検討してくれた。
 彼らが言うように、小学生では日本のサッカーのレベルは高い。世界の中でも高水準に達している。
 こうして戦ってみると日本ジュニアは、世界の強豪国にも負けていないのだ。

“1対0”

 チームメイト全員の健闘のお蔭で、3試合目も勝つことができた。

「やったね、ヒョウマ君! ナイス・シュート!」
「ああ、コータ。それにしても、さっきのあのタイミングは……」

 決勝点を決めたヒョウマ君は、何やらブツブツつぶやいていた。
 オレが本当にギリギリで出したタイミングのパス。何かを掴みかけていたのかもしれない。

 試合後も集中していた。



 予選リーグの全試合が終了した。
 朝から始まった予選リーグ。いつの間にか夕方になっていた。

「ボク、ちょっと、見に行ってきます」

 オレは試合結果の掲示板を、一人で見に行くことにした。

(リベリーロ弘前ひろさきは予選通過か……よかった)

 オレたちは3戦全勝していた。そのお陰もあり予選を無事に通過していた。
 それを反映して、明日のトーナメントに各国名が張り出されていく。

 残ったのは8カ国……8チームで明日は準々決勝を。

 更に勝ち残った4チームで準決勝を。

 最後の2チームで決勝戦を行うのだ。

「そういえば、スペイン代表は?」

 オレはトーナメント表を確認する。
 その視線の先にあったのは、あのスペイン代表のチームである。
 トーナメントは日本とは反対側のブロックであった。

「あれがスペイン代表の予選リーグの結果か? 凄い得点力だな……」

 リーグ戦の結果を確認する。
 彼らは『5対1、6対1、7対2』という大差をつけて、リーグ戦を突破していた。
 圧倒的な得点差だ。

『ヘーイ、コータ!』

 掲示板を見ていたオレに、スペイン語で声をかけてくる者がいた。その声には覚えがある。

『セルビオ・ガルシア……さん』
『セルビオでいいよ。コータ』

 声をかけてきたのは、セルビオ・ガルシアだった。
 気さくな雰囲気で話かけてきた。
 朝とは違い、かなり陽気な雰囲気である。

 そういえば前世でも彼は試合以外では、陽気な選手として知られていた。
 子供の頃から性格は変わっていないのであろう。

『オレは全試合で、ハットトリックを決めた。そっちの調子はどうだい?』

 なるほどスペイン代表の得点源は、やはりこの男だったのか。
 それにしても全試合でハットトリックとは、規格外の攻撃力である。

 世界中のジュニア代表が集まるこの大会でも、彼だけは別次元の才能なのであろう。

『ボクたちのエースのヒョウマ君は、毎試合1点ずつ。でも、明日はもっと取る』

 オレはスペイン語でセルビオに答える。
 うちのエースはまだ成長途中であると。明日には更に進化していると断言する。

『それは楽しみだ! 明日の決勝戦で遊ぼうぜ!』

 オレの答えに、セルビオの顔が少し変わる。
 朝のように獲物を見つけたような、不敵な表情。そして、再会を誓って去っていく。

「ふう……緊張したな……」

 会話が終わった後に、オレは息を吐き出す。
 何しろ相手は未来のスーパースター“セルビオ・ガルシア”である。
 サッカーオタクであるオレは、会話が出来るだけで奇跡なのだ。

(そういえばオレの名前を“コータ”って呼んでくれていたよな……嬉しいな)

 このまま進めば、決勝戦で敵同士になるかもしれない相手。
 でも、セルビオと会話を出来ただけで、内心は歓喜ものだった。

 こればかりは身に染みついた、サッカーオタクの悲しいサガなのかもしれない。

(ふう……さて、ヒョウマ君が進化しようとしている……)

 深呼吸して、興奮した心を落ち着かせる。
 ヒョウマ君はセルビオを倒すために、挑戦していた。

 でもヒョウマ君だけは、あの人は倒せない。
 そして今のままのオレも、セルビオには勝てない。

(そのためには、まずは相手の研究だな)

 ここだけの話、オレはスペイン代表の3試合の録画を、父親に頼んでいた。
 息子の予選リーグを見るのを諦めてもらい、スペイン代表の3試合を撮影してもらったのだ。

(前世のセルビオ・ガルシアと、今の12歳のセルビオ・ガルシアの研究か……)

 前世のセルビオの映像は、脳内に残っている。
 だから今日の動画を見ながら、オレは“12歳のセルビオ・ガルシア”を比較研究する。
 あの圧倒的なテクニックを解明するためだ。

(そしてオレも、進化しないとな……)

 明日の決勝戦まで、時間はまだある。
 それまでにオレも新しい自分のプレイ……“進化”に挑戦するのであった。



 こうして次の日の朝になり、決勝トーナメントが始まろうとしていた。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ