挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

46/68

第45話:スペイン無敵王子 VS リベリーロ皇帝

皇帝カイザー”澤村ヒョウマ。

 リベリーロ弘前ひろさきの絶対的なエースストライカー。
 小学生4年、5年生の時に全国少年サッカー大会で2年連続の得点王に輝く。

 また昨年は若干11歳にして世代別U-15日本代表にも参加。アジア大会で合計5得点という偉業を成していた、未来の日本のエースだ。



「コータ、お前は大将のキャプテンだ。ここはオレ様が先にいく」

 そんなヒョウマ君が助けに駆けつけてくれた。
 先走ろうとしていたオレを止めて、自らが前に進んでいく。

『遊びたいのなら、このオレ様が遊んでやる』

 ヒョウマ君がスペイン語で、セルビオに向かって挑発する。
 驚いたことに、けっこう流暢なスペイン語だ。

 そういえばヒョウマ君はお父さんの仕事の関係で、スペインにも旅行している。その関係で語学も勉強していたのであろう。

『へー、面白そうな奴がきたね。オレをガッカリさせないでね!』

 セルビオが笑みを浮かべる。
 ヒョウマ君から何かオーラを感じたのであろう。
 さっきまで同じ場所から動かなかった、セルビオ・ガルシアが先に動き出す。

『今度はこっちから行くよ!』

 不敵な笑みを浮かべながら、ヒョウマ君に向かってドリブルしていく。
 今度は相手が攻め込んできたのだ。

 セルビオは奇妙な足のフェイントを仕掛ける。

「あっ⁉ その技は⁉」

 オレは思わず叫ぶ。
 セルビオが繰り出そうとしていたフェイントは、未来の彼のオリジナルの十八番の技。
 この時代の日本では、まだ誰も会得していない未知なる必殺技だったのだ。

「ヒョウマ君! その技は」
「ああ、コータ。これは、そうだな!」

 オレの声に連動するように、ヒョウマ君も動き出す。
 セルビオ・ガルシアのフェイントを先読みして、相手のドリブル突破を防ぐ。

『へー。オレのこの技を防ぐんだね! スペインの大人でも無理なのに。キミ、けっこう凄いね!』

 セルビオはいったん後退する。
 ボールはキープしたままで、不敵な笑みは相変わらずだ。

『オレ様はその技を、前にも見たことがある。オレ様のチームには、得体のしれないテクニシャンがいるからな』

 オレの方をちらっと見ながら、ヒョウマ君も不敵な笑みで返す。
 彼の言葉にあるように、オレはそのフェイントを、ヒョウマ君に対して使ったことがある。

 だから初見ではないヒョウマ君は、セルビオのドリブルを止められたのだ。

(でも、同じ技でも……オレとは迫力が全然、違う)

 チームメイトを頼もしく思いつつ、同時にオレの背中に冷や汗が流れてきた。

 確かに今の技はオレも会得をしていた。
 前世でセルビオ・ガルシアにファンだったオレは、今世の幼稚園の頃から練習していたのだ。

 だが実物を見て実感した。
 本物の技のキレはまさに“別次元”なのだ。

 同じ技のオレのキレ味度が7ランクだとしたら、今のセルビオ・ガルシアの10ランクであった。
 止められたのはヒョウマ君の身体能力と、サッカーセンスのお蔭であろう。

『へえ? この技を使える奴が日本に? 面白いジョークだね』

 ヒョウマ君の何気ない言葉に、セルビオの表情が変わる。
 さっきまでの陽気な笑みが消えた。

『じゃあ、次は本気でいくよ!』

 セルビオは戦闘モードに入った。
 肉食獣のような獰猛な目つきとなる。

(あの表情のセルビオ・ガルシアは危険だ!)

 オレはその表情に見覚えがあった。
 あれは前世での映像。
 全盛期のセルビオ・ガルシアが、世界の大舞台でスーパープレイを決めた時……その時の顔であった。

 この野獣のような顔が出た時、彼はどんな相手もブチ抜いて、スーパーゴールを決めていたのだ。

「くっ……こいつは……」

 対峙するヒョウマ君が言葉を失っていた。
 これはマズイ状況。

 本気を出したセルビオのプレッシャーに気圧されていたのだ。
 天性のサッカーセンスを持つ者だけに、ヒョウマ君も相手の凄さを実感していたのだ。

(これはマズイ状況だ。ここでヒョウマ君が負けたら、彼の自信が……)

 今は大事な大会前である。
 メンタル面で調子を崩したら、明日からの試合に支障が出る可能性が大きい。
 エースストライカーのヒョウマ君の不調は、すなわちチームの危機である。

「ダメだ、それだけは絶対に防がないと」

 そう思う前に、オレの身体は動いていた。
 野獣のようなセルビオの前に、オレが立ちはだかる。

『ねえ、どいてよ。オレの遊びの邪魔をしないでよ?』

 セルビオから凄まじいプレッシャーが飛んでくる。ヒョウマ君との勝負を邪魔されて、苛立っているのであろう。

 オレの全身に殺気のような圧力が、ヤバイくらいに突き刺さる。
 対峙した者にしから分からない、恐ろしいまでの力だ。

 オレは思わず後ずさりしそうになる。

『ボ、ボクはキャプテンだ。キャプテンとは仲間を守る存続だ!』

 だがオレは怯まなかった。
 逆にセルビオ・ガルシアをにらみ付ける。
 震える自分の足に、必死で喝を送り込む。

 キャプテンとして、ここは絶対に退くわけにはいけない。

『この感じは……? へえ、キミも面白いね。じゃあ、遊ぶのは、キミでもいいかな』

 セルビオは野獣のような笑みを、口元に浮べる。
 狩る獲物をヒョウマ君から、オレに変更。こちらにゆっくりと近づいてくる。

(こうなったら、やるしかない!)

 オレも覚悟を決めた。
 試合前に無様に負けようとも、死ぬ気で挑んでやる。

相手は未来のスーパースターだが、仲間のために退くわけにはいかないのだ。



 そうセルビオが突撃してくる! 
……そう思った時である。

『おい、セルビオ! ストップだ!』
『痛ってて……なんだ、せっかくのいいところだったのに』

 セルビオを止めた人物がいた。
 その人は同じスペイン代表のユニフォームを着ている。
 二人の様子からチームメイトなのであろう。

『うちのチームメイトが失礼した。非礼を詫びる』

 その人はセルビオからボールを取って、オレたち返してくれた。

 よく見るとキャプテンマークを腕につけている。スペイン代表のキャプテンなのであろう。
 凄く紳士的な感じがする選手だった。

『いえ、ボクたちも熱くなりすぎました』

 オレもキャプテンとして、相手に謝る。
 最初に熱くなったのは、こちらの2人のチームメイトだ。深々と頭を下げて、謝り返す。

『オー、それは“ジャパニーズ・オジギ”! 素晴らしい! じゃあ、セルビオ。戻るぞ。監督が怒っていたぞ』
『なんだってー、それはヤバイな。キミたち、また遊ぼうぜ。オレの名はセルビオ・ガルシア……未来のスーパースターだ!』

 去り際にセルビオは、オレに対して名乗ってきた。
 先ほどの野獣のようなプレッシャーは解かれ、天真爛漫てんしんらんまんな笑顔に戻っている。

 そして、やはりセルビオ・ガルシア本人だった。19年前で今は12歳の未来のスーパースター。

『ボクはコータ・ノロ』
『オレ様はヒョウマ・サワムラだ!』

 オレたちも名乗り返す。
 日本男児として礼儀には礼儀で返す。

『コータ・ノロにヒョウマ・サワムラか……覚えておく。運命の神様が微笑んでくれたなら、決勝トーナメントで再会しょう!』

 そう言い残しセルビオは去っていく。

(決勝トーナメントで再会しょう……か)

 予選リーグでは日本とスペインは別である。
 つまり勝ち残っていかないと、対戦することはできない。

(予選リーグか……頑張るしかないな)

 オレたちの予選リーグの組み合わせは、強敵そろいである。
 でもこっちにはヒョウマ君がいる。
 チームも本来の力を発揮できれば、予選リーグは何とかなるであろう。

「セルビオ・ガルシアか……くそっ……」

 隣にいたヒョウマ君が小さくつぶやいていた。

(えっ……⁉ ヒョウマ君が?)

 その光景にオレは驚愕した。
 何故なら彼の足が、微かに震えているのだ。
 先ほどのセルビオのプレッシャーに、今になって足にきていたのだ。

(そんな、あのヒョウマ君が……)

 こんな様子の彼を初めて見た。
 ヒョウマ君はいつも自信満々で、どんな相手にでも果敢に挑んでいた。
 あのU-15の時でさえ、アジアのエースたちにも一歩も怯まずに結果を出していた。

 それなのに、あの少しだけの勝負……たったの一瞬だけで、セルビオにここまで威圧されてしまったのだ。

 それほどまでにセルビオ・ガルシアは別次元の存在だった。

「おい、コータ。あいつを倒して、絶対に優勝するぞ」
「うん、そーだね、ヒョウマ君」

 去りゆくスペイン代表を見ながら、オレたちは誓い合う。

 よかった。
 ヒョウマ君の足の震えも止まっていた。いつもの冷静さを取り戻したのだ。

(でも、セルビオを止める策を、今から考えておかないと。オレたちは確実に“負ける”……)

 先ほどの対峙した時に分かった。
 悔しいけど、ポテンシャルが圧倒的に別次元だったのだ。 

(でも未来のスーパースターを相手に、どうやって……)

 こうして課題を抱えたまま、時間は過ぎていくのであった。



 そしてフランス3日目。

 まずは予選リーグがスタートするのであった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ