挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/67

第40話:6年生になった

 4月になる。オレは小学6年生になった。
 6年生になったからといって、特に変わったことはない。
 相変わらずサッカー漬けの毎日である。

「朝練に行ってきます!」
「葵も行ってきます!」

 妹の葵と早朝6時に家を出て、チームの練習場に向かう。6年目となった日課となった朝練を、学校の前のするためだ。

「コータ、遅いぞ」
「ヒョウマ君、おはよう! それに他のみんなも!」

 グラウンドにはヒョウマ君と、選手コースのチームメイトたちがいた。
 オレの一人ぼっち早朝練習が、いつの間にかチーム全体の練習となっていたのだ。

「コータキャプテン、おはようございます!」
「コータキャプテン、ヨロシクお願いします!」

 選手コースの新4年と新5年生が、深々と頭を下げて挨拶をしてきた。
 そういえば6年生になって、変わったことがある。

 キャプテン……そう、オレはチームの責任者であるキャプテンになった。
 今年の1月の引退試合の時に、全キャプテンとコーチから任命されたのだ。

「4年生のみんな、練習中は敬語はいらないから。このチームは部活じゃないから」
「はい! コータキャプテン、よろしくお願いいたします!」

 “コータキャプテン”か……とても良い響きだ。
 新鮮な呼ばれ方に、オレは思わずジーンとする。

「よーし。それじゃ、今朝はこの技に挑戦してみよう! ボクが手本を見せるから」

 キャプテンとして後輩たちの前で、手本の技を披露しないと。キャプテンとしてチームの力を上げていかなといけない。

 よし、今日はオレの知っている未来の技での一つにしよう。
 実戦向きのテクニックを教えてあげたら、きっとチームの皆のためになるであろう。

「コータ。そんな高難易度の技は、4年生には無理だ。基本技から教えていけ」
「えっ、ヒョウマ君? そうか……たしかに、そうかもしれないね……」

 ヒョウマ君に諭される。
 確かに4年生たちは、選手コースに昇格したばかり。いきなりの難易度は、逆効果になるであろう。

「オレ様が5年生を指導する。野呂妹が4年生を。コータ、お前は6年を見てやれ」
「なるほど。ありがとう、ヒョウマ君!」

 朝練の指導者案をヒョウマ君に教えてもらう。
 たしかにその案なら効果的に朝練ができる。ヒョウマ君は指導者としての知識も、あるのかもしれない。さすがだ。

(それに比べてキャプテンのオレは……なんか空回りしてるな……)

 任命されたものの、キャプテンという業務は予想以上に難しいものであった。
 オレは前世でもキャプテンや主将など経験したことはない。

 仕事においても上司や後輩はいても、プロジェクトリーダーの経験はなかった。
 恥ずかしいことに、手探りでキャプテン像を探していくしかないのだ。

 オレは焦らないように朝練を続けていくことしにした。

「そろそろ時間です。学校が遠い人から、登校してください」
「「「はい、コータキャプテン!」」」

 朝練の時間もそろそろ終わりである。
 このチームは色んな小学校から、みんな通っている。だから通学時間もバラバラなのだ。

「じゃあ、ヒョウマ君。みんな、また夕方の練習でね!」
「待って、お兄ちゃん。葵も一緒に行く」

 楽しい朝練の時間は、あっとう間に過ぎていく。
 オレは妹とランドセルを背負って、学校に行く。夕方になれば、またチーム練習がある。

 それまでキャプテンについて調べておく必要がある。



 朝練からの、学校の授業が始まる。
 オレは小学校では昨年と同じく、真面目に授業を受けている。

 小学生6年生の4月まで、今のところ無欠席で無遅刻を更に継続中。昨年のU-15日本代表で休んだ時は、公休扱いにしてもらった。

(うーん、キャプテン……キャプテンか……)

 そんな授業中にオレは頭を抱えていた。
 図書館から借りた本を見ながら、“キャプテン”の単語の意味を調べていたのだ。


――――◇――――

《キャプテン(主将)とは》
チームを統率して、非常にリーダーシップが求められる役割。
サッカーにおいては監督と選手の間を取り持ち、試合が劣勢になった場合には味方選手を鼓舞する。またメディアやサポーターに対しては選手を代表するスポークスマンである。

――――◇――――


 本に書いてあったキャプテンの意味は、こんな感じであった。
 何となく分かるようで、よく分からない感じでもある。具体的に、何を、どうすればいいのだろうか知りたい。

(リーダーシップか……オレに足りないのは、リーダーシップかな?)

 リーダーシップがキーワードなのであろう。その意味を更に本で調べていく。


――――◇――――

《リーダーシップとは》
集団をまとめながら、目的に向かって導いていく機能。
サッカーで理想とされるのは、部下にただ指図をする人ではない。チームをどうすれば勝ちに向かわせることができるか? それを戦略的に考え、一生懸命行動する人のことを示す。

――――◇――――


 本に書いてあったリーダーシップの意味は、こんな感じであった。
 こちらも分かるようで、よく分からない感じでもある。

 『チームをどうすれば勝ちに向かわせることができるか?』の意味と、『試合に勝つ』ことの違いが分からないのだ。

(キャプテンか……そういえば、今まで深く考えたこともなかった問題だな)

 オレは小学1年生の時に、リベリーロ弘前ひろさきに入会した。
 その時にも各学年にはキャプテンが必ずいた。

 彼らはコーチの指示に従って集合をかけたり、合宿や遠征の時にも率先して行動していたような気がする。

 飛び級でチームにいたオレは、いつも最下級生であった。だから、そんなキャプテンたちに甘えてきたのかもしれない。

(そう考えると、オレは甘ちゃんだったのかもしれないな……精神年齢は31歳だったのに、恥ずかしいな……)

 やり直しのサッカー人生で、オレはずっとマイペースで生きてきた。
 試合や練習に関しては、チームメイトたちとも協力をしてきた。

 でも、一人の人間としては、まだ考え方が甘かったのかもしれない。
 これからは、もっと積極的に頑張っていかないと。
 自分らしいキャプテンになるために、何かきっかけが欲しい。




「えーと、それでは次の連絡です」

 いつの間にか授業も終わりかけていた。
 先生がホームルームで連絡事項を伝えていた。

「6年生になったので、このクラスでも学級委員長を決めないといけません……立候補がなければ、また推薦ということになります……」

 今日のホームルームの議題は、新学級委員長に関してだった。
 これはクラスのまとめ役であり、けっこう面倒くさい。
 毎年、誰もやりたがらないのだ。

(学級委員長……? つまり、リーダーシップが必要なポジション⁉)

 その時である。
 オレは頭の中が雷に打たれた。
 自分に足りないモノは“リーダーシップ”。

 だったら今世のサッカーのように地道に経験を積んで、リーダーシップを鍛えていくしかない。
 そんなアイデアが頭の中に降臨してきたのだ。

「はい、ボクが立候補します!」

 オレは挙手をして学級委員長に立候補する。
 他に誰もいないので、このままでは自動的にオレが議長となるはずだ。

「えっ、コータ君? でも、コータはサッカーの方で忙しいし、学級委員長は……」
「やります! クラスに迷惑をかけないように、議長もサッカーも全力でやらせていただきます!」

 オレに足りないのは覚悟であった。
 これまでは学校のクラスの中では、一人ぼっちでいた。
 サッカーに邪魔なものとして、学校関係の時間を避けて生きてきた。

 だが、それでは前世と同じく、人間として成長していかない。オレは人間として大きく生まれ変わらないといけないのだ。

「では、コータ君に学級委員長にお願いします。みなさん、大丈夫ですか?」
「はい、私たちもコータ君なら賛成です!」
「コータ君の学級委員長に異議なし!」
「賛成です!」

 無事にオレは学級委員長に就任した。
 学級委員長はけっこう忙しいと聞く。
 これによりサッカーの自主練習の時間は、前より少なくなる可能性もあった。

(オレも変わらなきゃ……だ!)

 でもオレは後悔をしていかなった。
 自分に足りないモノを探すために、新たなる分野にも挑戦していくのであった。

 こうして自分を高めるために、《リベリーロ弘前ひろさきのチームキャプテン&学級委員長》という二足の草鞋わらじに挑戦するのであった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ