挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/68

第39話:六年生の引退試合

 全国大会の決勝戦が終わる。
 その後は去年と同じ様に、バタバタしたスケジュールだった。

 閉会式の後は、オレたちリベリーロ弘前ひろさきは沢山のマスコミの取材を受ける。
 TVやラジオ、サッカー雑誌やネットニュースなど、かなりの数だった。

 今年もコーチとキャプテン、大会得点王のヒョウマ君と、女子MVPのあおいたちがインタビューを受けていた。

 一方でオレには個人的な取材は、今年も無かった。
 でも、コレは仕方がないであろう。

 攻撃的なヒョウマ君と葵のツートップを生かすために、オレはチームではサポートに徹していたのだ。

 プレイスタイルとしては、相手チームのエースを徹底的にマークして、ボールを奪っていく。
 そのままボールを運んで、ツートップに繋ぐプレイを意識していた。
“緩急をつけたプレイ”については前と同じである。

 このプレイスタイルだと、どうしても地味になってしまうのだ。
 オレ的には結構気に入っていたが、あまりに地味すぎる。
 来年はもう少し違うプレイスタイルを模索してみよう。



 そんなバタバタした閉会式が終わり。飛行機を乗り継いで、東北の我が家に戻る。

 家に帰ってからも、今年も大忙し。
 戻ってきた日は12月29日の夜。あと少しで大晦日おおみそかである。

《12月30日》
 閉会式が終わって帰宅した次の日。
 今年もこの日の夕方に、チームの皆とコーチと、選手の父母たちで食事会をした。

 店はいつもの地元のファミリー向けの焼き肉屋さん。みんな大好きな食べ放題の店だ。
“全国大会連覇、おめでとう会!”
 ということで、皆でワイワイ楽しく騒いだ。

 オレたち子どもはジュースを飲みながら、焼き肉を食べまくった。
 なんと今年は連覇のお祝いとして、焼き肉にデザートと、お寿司。更にラーメンも食べ放題になっていた。
 育ち盛りのオレたちは、腹が破裂する寸前まで食べて楽しんだ。



《12月31日》

 次の日は大晦日。
 今年の最後の日だが、やはり忙しかった。

 地元の新聞とTVの取材をチームで受けた。
 更に今年は全国放送のTVの取材まで来ていたのだ。
 コーチとキャプテンが慣れた感じで、全国大会の秘話を話していた。

 ちなみにヒョウマ君は今朝から家族で、地中海旅行に行っていた。
 澤村家恒例の正月海外旅行である。相変わらずリッチだ。

 もちろん普通の庶民の野呂家は、正月は家で普通に過ごす。
 でも今年は我が家も、豪華な料理が増えていた。
 オレと葵が頑張ったので、両親が用意しておいたのだ。
 これは嬉しいサプライズだった。

 そんな感じでいつものようにバタバタした年末を過ごしていく。



《1月》
 あっとう間に年は明け、新しい年がやってきた。

 新しい年の1月も、相変わらずサッカー漬けの毎日である。
 自主練習とチーム練習。練習試合を大会への参加の連続であった。

 4月からは新しいチーム体制となる。
 それまでにチームの総合力を底上げてしていくのだ。



「よし、それでは試合を始めるぞ! 両チーム、整列しろ」
「「「はい、コーチ!」」」

 そんな1月の、ある日。
 オレたちリベリーロ弘前ひろさきの選手が、練習場に集合していた。
 4年生から6年生までの選手コースの全員で、大集合していた。

「これから今年の引退試合を始める。両チーム、礼!」
「「「よろしくお願いします!」」」

 今日はリベリーロ弘前の1月の最大の儀式、“6年生引退試合”の日である。
 そのため練習場には6年生の親も観戦に来ていた。

「よーし、お前ら。6年生が相手だからといって、遠慮するなよー」
「「「はい、コーチ。もちろんです!」」」

 オレたち“送り出すチーム”の皆は、笑顔でコーチに答える。
 リベリーロ弘前の引退試合は毎年
《6年生チーム(引退する側)》VS《4・5年生チーム(送り出す側)》
 の対決だった。

「よし、いくぞ!」
「ああ!」
「オレたち6年の力を、後輩にみせるぞ!」

 試合が始まる。
 6年生は気合が入っていた。
 開始早々、4・5年生チームのゴールに襲いかかってくる。
 オレたちはそれを全力で防いでいく。

「今度はボクたちの番だ! いくよ、みんな!」
「ああ、コータ」
「うん! お兄ちゃん!」

 今度はこっちが攻める番だ。
 4・5年生チームも攻めに転じる。
 オレはヒョウマ君&葵を中心に攻めていく。他にも4、5年生のチームメイトと連携してボールを運んでいく。

 だが相手のゴールを攻めきれない。

「うわー! 先輩たち、本気を出さないでください! ずるいです!」

 6年生チームはガチガチで守備陣を、本気で敷いてきたのだ。
 交流的な引退試合というのに、大人げない連中である。

「甘いぞ、コータ!」
「そうだぞ! 最後くらいは、オレたち上級生の意地を見せないとな!」
「コータと澤村には、5年前から世話になっているからな。今日こそ泣かしてやる!」

 本気を出した6年生の守備陣は、半端なかった。オレたちをもってしても、崩すのは容易ではない。

 さすがは全国大会で2連覇の立役者の、リベリーロ弘前6年生の防御力である。
 正直なところ先月の決勝戦の相手よりも、硬い守備陣なような気がする。
 敵に回すと、これほど厄介だとは思ってみなかった。

「よし、ボールを奪ったぞ!」
「次はオレたちが攻めるぞ!」
「6年が守備だけじゃないところを、見せてやる!」

 強固な守備陣に、4年生がボールを奪われてしまう。
 6年生がカウンターで総攻撃をしかけてくる。
 DFディフェンダーGKゴールキーパーも関係ない。全員で攻撃をしかけてきたのだ。

「ちょっと、先輩たち⁉ そんな作戦ありなの?」

 あまりに大胆な奇襲戦法。全員があっけに取られる。

 防ぐことが出来ずに、そのまま団子状態のまま、6年生たちがゴールネットに突っこんでいく。

 オフサイドがない引退試合ならではの、珍プレイである。

「はっはっは……甘いぞ、コータ!」
「オレたち6年生の頭脳を甘く見るな!」

 団子状態ゴールを決めて、6年生はドヤ顔をしていた。本当に大人げない先輩たちだ。

「先輩たちが、そんなつもりなら……いこう、ヒョウマ君!」
「ちっ。仕方がないな」

 ここまで力をセーブしていたオレは、本気を出すことにした。
《引退試合なので先輩たちに花を持たせる作戦》……は中止だ。

 ヒョウマ君との連携……U-15代表で身につけた技で、全力で攻めていく。

「おい、卑怯だぞ、コータ⁉」
「引退試合の空気をよめよ!」

 無人気味の6年生ゴールに、オレたちは速攻でシュートを決める。
 これで同点。

 はっはっは……先輩たち。
 先にずるい作戦を仕掛けてきたのは、そっちだからね。オレは何も悪くないよ。

「よし、こうなった手段は選ばない。おい、みんな。全員ピッチに入ってこい!」
「おう! いくぞ!」
「生意気な後輩たちに天罰だ!」

 こともあろうことか、6年生の全員が競技場に入ってきた。
 こちらはルールを守って8人なのに、相手は全6年生16人で攻めてきたのだ。

 これは流石にまずい。

「よし! それなら、こちらは“最強の助っ人”を……コーチ、お願いします!」
「おい、コータ。私は審判だぞ?」

「コーチ、もう審判は無しでいいです。『今は三十路で腹が出ているけど、私は大学では全国大会にも出場したことがあるだぞ!の実力』を今、見せてください!」
「なんだ、その変なアダ名は……まあ、仕方ないな……」

 苦笑いしながらコーチが、オレたちのチームに加わる。
 三十路のコーチにスタミナは無いが、圧倒的な大人の力を持っていた。これでオレたち4・5年生チームが有利になるであろう。

「コータ、ずるいぞ! さすがにコーチは違反だろうが!」
「よし、それならオレたちは……父ちゃん、頼む!」
「そうか! お父さん、こっちを手伝ってよ!」

 引退試合を観戦に来ていた親たちに、6年生チームは援軍を依頼する。
 6年の父親の中には、中高校サッカー経験者も何人かいる。
 これはマズイ、かなり手強い布陣だ。

「よーし、試合時間は延長だ! 走れなくなるまで、延長だ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 本来の引退試合の時間は、とっくに終わっていた。
 でもコーチの提案で、更に時間を延長していく。無制限バトルロワイヤルといった状況だ。

 こうなったら綺麗な試合どころでは無くなってきた。
 選手コースの全員と親たち、更にコーチまで加わって、誰が敵味方すら分からなくなった。

 とにかく敵のゴールにシュートしていくしかない、まさに混沌した状況だ。

「そんなのずるいよ⁉」
「はっはっは……これぞ必殺、全員ゴールキーパーの術だ、コータ!」

「それなら、こっちは分身ボールの術だ!」

 もはや何でもアリの状態。最後の方はサッカーの試合ですらなくなっていた。
 全員でボールを奪い合って、全員でボールをシュートしていた。

 とても全国大会を連覇したチームの、引退試合とは思えない泥仕合だった。
 マスコミの人がいなくて本当によかった惨劇だ。

 でも、本当に楽しい試合だった。

 全員が腹を抱えて笑って、皆が全力で遊んでいた試合だった。

 まるで初めてボールに触った、あの子供の頃のように……誰もが純粋にサッカーを楽しんでいた。

 本当に心から楽しい時間であった。



「よし、6年生、整列!」
「「「はい!」」」

 そんな夢のように楽しい引退試合も、あっとう間に終わる。
 試合後はコーチの一声で、6年生が練習場に整列していく。

「中学に行っても、頑張れ!」
「はい! 今まで6年間ありがとうございました!」

 コーチから6年生に、ボールが手渡されていく。
 それは中学生で使われる大きさの公式ボール。彼らは大人の階段を昇っていくのだ。

 コーチは数年間の思い出と共に、一人ずつ丁寧にボールを手渡していく。

「オレは中学に行っても、サッカーを続けます!」
「今までありがとうございました!」
「コーチから、たくさん教えてもらいました!」

 6年生もコーチに向かって、自分の想いを伝えていく。

 小学生ジュニアサッカーは8人制。
 だから16人いた6年生の中には、全国大会のレギュラーから漏れた者も多い。
 そんな外れた先輩たちが、蔭で悔し涙を流していのをオレは見ていた。

「オレ、最後はレギュラーになれなかったけど、サッカーずっと続けていきます!」
「中学でレギュラーになったら、コーチに見せにきます!」

 でも補欠になっても先輩の中で、ふて腐れる者は誰もいなかった。
 彼らはサポート係りとして、オレたちレギュラー選手を全力で支えてくれた。
 そして全国大会の試合でも、誰よりも大声で応援してくれていた。

 その先輩たち声援は、どんな応援よりもオレたち選手の背中を押してくれた。
 サッカー選手として……一人のスポーツマンとして……先輩として、リベリーロ弘前の6年生は全員が熱い人だった。

「コータ……あとは頼んだぞ」
「はい……キャプテン」

 全ての儀式は終わったあと、キャプテンと握手を交わす。
 これで引退試合の全てが終了となる。

 チームにはオレたち5年生と、後輩4年生しか残らなくなるのだ。
 これまで守備の要として奮戦してくれた、先輩たちの引退。正直なところ4月から、どうなるか心配でしかない。

 毎年のことだけど引退試合の最後は、本当に寂しい気持ちになる。
 心の中にぽっかりと、大きな穴が空いた気分だ。

「んっ? あれ? キャプテンこれは?」

 握手したキャプテンから、何かを手渡される。
 蛍光色の黄色のキャプテン・バンドであった。

 なんでキャプテンはこんな大事な物を、オレに渡してきたのであろう?

「次のキャプテンは……コータ、お前だ。これはオレたち6年生とコーチの総意だ」
「はい! えっ? ボクが……キャプテン……?」

 こうして感動的な引退試合は幕を閉じた。
 だが最後にまさかの事態が発生する。

 オレはチームの精神的な柱……〝新キャプテン”に任命されてしまったのだ。









次話から新章の「6年生編」となります。
いよいよ小学生編もラストの1年・・・僕も緊張してきました!


たくさん方に読んでいただき、本当にありがとうございます。

ここまでの評価や感想などありましたら、すごく嬉しいです。お気軽にどうぞです。

今後も頑張っていきます!
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ