挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/68

第4話:幼稚園時代、無事に終了

 サッカーボールを買ってもらってから、一年の月日が経つ。
 オレは幼稚園の年中組になっていた。

「ご飯、いただきます!」

 夕方六時半ころ。我が家の夕飯の時間となる。
 オレは子どもらしく元気に挨拶をして、食事を開始する。

「ママ、ご飯、お替り!」

 今日の夕ご飯は牛丼だった。白米がよく進む。
 四歳となり身体が成長したオレは、ご飯をお替りする。

 前世は好き嫌いが結構あった。だが今世では好き嫌いをしないで、ちゃんと食べることにした。

【サッカー選手になるための計画その3:食事をバランスよく、しっかりと食べる】

 オレが31才だった時代には、ジュニアアスリートの食事理論というのがあった。
 子どもは大人とは違い、食事でも多くのことに気を遣う。スポーツ選手を育てるには、計画的な食事が必須だった。

 まずタンパク質やカルシウムを多目にとり、水分やエネルギーも適度に補充しないといけない。他にもバランスよく栄養が必須だ。

「ママ、このサラダも美味しいね!」

 オレは大嫌いだったカボチャなどの野菜も、今世では積極的に食べていた。

「コーちゃんは最近、本当によく食べるようになったわね。ママ、嬉しいわ」
「コウタはパパに似て、大きくなるかもな? はっはっは!」

 息子が食欲旺盛しょくよくおうせいで、両親も嬉しいのであろう。
 最近の食事は前世よりも、バリエーションが増えたような気がする。

「アオイも好き嫌いしないで、食べる!」

 妹のあおいも、オレの真似して食べていた。まだ3歳なのに、元気いっぱいに食べている。

「ニイニイ、ご飯食べたら、サッカーやろうよ!」
「うん、いいよ、あおい。少し休んだら、昨日のドリブルの練習をしよう」

 3歳になった妹も、最近はオレを一緒に練習していた。
 練習といっても、去年のオレの同じ状態。ボールタッチからのスタートである。
 それでも妹は楽しそうに、サッカーボールで遊んでいた。

「よし、それならパパがまた、サッカーの動画を用意しておくぞ!」

 最近では父親も積極的に、オレの練習に協力してくれていた。
 サッカー経験の無い父の担当は、主にサッカーの動画を用意することだ。

 奥の子ども部屋は今や、サッカー練習部屋と化していた。そこに専用のテレビを、父は買ってくれたのだ。
 そこに流すのは同じく買ってくれた、サッカーのDVD“世界のトッププレイヤーのサッカーテクニック全集”。
 オレはひたすらリピートで流していた。

「パパ、いつもありがとう!」

 動画を見て練習するのは、今のところオレだけである。
 自分の頭の中にも、世界中のプレイヤーの記憶はあった。だが実際にDVDの映像で見ながら、練習できるのは有りがたい。
 足元のボールを一切見ないで、TVを見ながら練習。これも視野を上げる練習の一つだ。

 サッカーの練習を始めて1年経つ。オレは前よりもだいぶ上達したと思う。
 今ではボールタッチは感覚も、だいぶ分かるようになった。

 それにリフティングも上達していた。まだ20回くらいしか出来ないが、足だけはなく、頭や肩のリフティングにも挑戦している。

 毎日のように自分の身体が、上達していくのが本当に楽しい。

 また幼稚園での“スポーツビジョンと判断力のトレーニング”も続けていた。これもかなり成長していると思う。
 最近ではランダムな幼稚園の友達にも、だいぶ慣れてきた。眼球移動や動体視力も向上して、的確に遊ぶことが出来るのだ。

 ちなみに最近の平日のスケジュールは


――――◇――――◇――――


朝6時:起床。8時半までの幼稚園バスまで自主練習(食事と準備はテキパキと)

午後2時まで:幼稚園で本気で遊びながら、スポーツビジョンと判断力のトレーニング

午後2時から3時まで:家で昼寝(昼寝でも成長ホルモンを促すため)

午後3時から夕方5時まで:家の隣の空き地でサッカーの練習

午後5時:暗くなる前に家に戻り。夕飯まで自室でサッカーの練習

午後6時:父親帰宅。夕飯とお風呂と歯磨きの時間

午後7時~8時半まで:自室でサッカーの練習

午後9時:就寝

――――◇――――◇――――

 こんな感じの一日を過ごしていた。

 妹のあおいも家では、一緒に練習している。だが普通の子どものまだ3歳児。集中力はあまりない。

 それに比べたら精神年齢が31歳のオレは、かなり集中力がある。一日何時間もサッカーのことも苦ではない。
 前世の辛い毎日や、苦しい記憶に比べたら。今の人生は本当に楽しい。

 またオレは身体のケアにも、気を付けている。
 柔軟とストレッチは毎日していた。そのお陰もあり、身体がかなり柔らかくなってきた。

 前世のオレはかなり身体が堅かった。それが柔軟のお蔭で、床にペッタリ付くようになった。

 スポーツ理論によると、サッカー選手は下半身の柔軟性が大事だと言われていた。柔軟とストレッチは今後も必ず続けていく。

 そんな中でも過度なトレーニングには気を付けていた。
 成長期に過度なトレーニングは逆効果である。特に器具を使った筋トレは、危険すらもあるという。

 今のところのサッカーの練習は、足ワザとドリブル、ステップ。フェイントとリフティングを中心にメニューを組む。

 シュート練習も少しだけ。ハードな練習は自分で禁止していた。まだ成長しきっていない心臓や肺に負担は禁物だ。
 とにかく裸足でサッカーボールを触る時間を多くしていた。



「そういえば、コウタ。今度の休みは、どうする? アニメの映画でも見に行くか?」

 土日は幼稚園がない。
 父親も会社が休みなので、家族四人で一緒にいる二日間だ。

「パパ、ボクは公園がいいなー。サッカーの練習をしたい!」

 他の子どもたちが遊んでいる時間も、全てサッカーのために費やす。オレの人生計画にブレはなかった。
 両親には申し訳ないが、可愛げのない子どもである。

「はっはっは……実はコウタが、そう言うと思って、Jリーグのチケットを買っておいたぞ!」
「本当⁉ パパ、ありがとう!」

 子どもたちがサッカーにのめり込んでいたのが、嬉しかったのであろう。隣県で開催されるJリーグのチケットを、父親が買ってくれていた。

 これは素直に嬉しかった。
 実は今世でもJリーグの試合を、生で観戦したかったのだ。
 やはりサッカー観戦は生に限る。今度の週末が本当に楽しみだ。

 それにしても、サッカー観戦をしている間も、何かトレーニングできないかな?

 スタジアムにはサッカーボールを、基本的に持ち込めない。それならサッカー観戦しながらでも出来る、トレーニングを何か考えよう。

 そうだ。
 裸足で足の感覚を鍛えながら、サッカービジョンで目のトレーニングをしてみよう。
 それなら一石二鳥で試合観戦ができる。

「アオイも、サッカー見に行きたい!」
「よし。それならママも誘って、四人で行こう!」

 こうして週末の都合が合う時。家族4人でのサッカー観戦が多くなった。
 両親はサッカー経験がない素人。
 だがスタジアムの生の臨場感に、いつも感動していた。

 こんな感じで我が家がサッカーに染まっていく。
 オレが幼稚園のころの家族旅行は、国内のサッカースタジアムが定番となっていた。
 家族四人で全国各地にサッカー観戦に行くのだ。

 もちろんサッカー旅行では、経済的な負担も多い。
 自分の父は普通のサラリーマンで、母親は昼間のパートタイマーである。決して金持ちではない。

 だが幼稚園時代のオレは、ゲームやおもちゃを一切欲しがらなかった。お菓子やジュースも、一切欲しがらなかった。
 いつのまにか妹のあおいも、それを真似してきた。サッカー以外の物を、一切欲しがらないのだ。

 そのお陰もあり、両親には無駄なお金の支出が無い。その浮いたお金で、年に何回はサッカー観戦に行くことが出来たのだ。

 他の同年代の子どもたちが、遊園地やショッピングモールに行っている時期。オレはひたすらサッカー漬けの毎日を、こうして過ごしていた。

 1日は24時間しかない。
 その内で夜+昼寝の睡眠をオレは、成長ホルモンを促すため必ず十時間をキープ。
 食事やお風呂、幼稚園通園で一日二時間はとられる。

 つまり残りの12時間を、オレは次のサッカーの練習に当てていた。

①スポーツビジョンと判断力のトレーニング
②ボールは裸足での足ワザとドリブル、フェイント、リフティングを中心に。
③強いシュート練習やランニングはしない。
④足のステップ練習と柔軟とストレッチは入念に。
⑤サッカー観戦や車移動中も足のトレーニングと、意識のトレーニング。

 幼稚園に入学した頃に、サッカーボールを買って貰った日からスタート。
幼稚園の卒業までの三年間。
オレは正月やお盆も関係なく、このトレーニングを毎日続けていく。

 単純な時間に計算して『一日12時間×365日×3年間=約15万時間』だ。

 この日々を苦しいと思ったことは、一度もない。
 本当に楽しい毎日であった。



 こうして3年間の幼稚園の時期が終わる。
 小学校に入学する年齢となった。

 オレはいよいよサッカーチームに入れる歳になったのだ。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ