挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/68

第37話:【閑話】将来ヨーロッパでプレイするアジアの15歳の選手カルロの話

《将来ヨーロッパでプレイするアジアの15歳の選手カルロの話》

 U-15のアジア選手権の三試合が終わった。
 私の祖国のチームは2勝1敗という好成績を収めていた。

 初戦の日本代表との戦いに勝っていれば、3戦全勝だとう関係者もいた。
 だが、あの日本相手に善戦しただけでも、私は満足していた。

「やあ、カルロ。ナイスプレイだった。お疲れさま」

 カルロは私の愛称……試合後の私に話しかけてくる男がいた。
 彼はヨーロッパの有名クラブのスカウトマンである。
 アジア担当のこの男は、1年くらい前から私に接触してきたのだ。

「今年のU-15のアジア大会は、これで終わりだ。契約通りに、うちのチームに入団する準備をしておいてくれ、カルロ」
「はい、分かりました」

 1年前に私はこの男にスカウトされていた。
 祖国のU-14で成績を出した、私の才能を見出してくれたのだ。

 契約によると今回の代表デビューを機に、私はヨーロッパのチームに移籍となる。
 夢だった大舞台のビッグクラブに、いよいよ私は入団できるのだ。

「カルロは今大会でも好成績だったので、クラブの幹部も納得してくれるであろう!」

 スカウトマンは私のプレイを高評価してくれた。
 祖国の代表デビューでは、私は3試合で合計6得点を上げていた。

「欲を言えば初戦の日本との戦いも、あのまま2対0で勝ってくれたら、私のスカウトボーナスも上がったのだか……はっはっは……これはジョークだ」

 スカウトマンは軽いジョークで笑い声を上げる。
 彼らの仕事は、世界中に眠っている未発掘のサッカー少年を見つけ出すこと。
 実際のところ彼のチームは、歩合制だと噂で聞いている。

「でも、初戦の日本代表に勝つのは難しかったです。なぜならアノ14番がいたから」
「日本の14番……? 誰だ? 覚えていないな」

 私のつぶやきに、スカウトマンは首を傾げる。
 彼も今大会は全て見ていたはず。
 だが日本の代表には印象に残る選手はいなかったという。

「日本人は礼儀正しくて、扱いやすい。だが我がクラブでは通用しない! はっはっは……」

 この男の所属するクラブは、個人技や攻撃力を重視していた。
 だから初めから日本代表のことを、あまり注目していなかったのであろう。仕方がないことだ。

「あえて選ぶとしたら、日本の11番……ピューマ・サムライだったかな? 彼は面白いと思う。将来的にはヨーロッパのどこかのクラブに、スカウトされる確率は高いかもしれない」

 スカウトマンは日本の11番の方がお気に入りだったという。

 11番ヒョウマ・サワムラか……彼も14番と二人で、後半の45分間、私のマンマークついていた選手だ。
 たしかに彼も素晴らしい才能の選手であった。

 おそらく本来は攻撃のFWが本職なのであろう。
 だが、それにもかかわらず14番との見事な連携で、後半の私にまったく仕事をさせなかったのだ。

 更に最後には11番は逆転ゴールまで決めていた。彼には私と同じ天性の才能を感じた相手だった。

 スカウトマンの評価と同じく、彼の評価も私はかなり高い。

「でも私は14番の方が評価は高いです。将来、彼はとんでもない選手になると思います」

 それ以上に私が14番に対する評価は高い。
 これは45分間、ずっと密着マークされていた私だからこそ、言える評価だ。

 14番の身体能力はそれほど高くはない。才能に関しても私や11番にも及ばないであろう。

 だが対峙した瞬間に私は感じた。
 『14番は恐ろしい選手』だと。

 彼は私の全ての動きを先読みして、攻撃手段を封じ込めてきた。
 予知能力に近いほどの反射神経で、私のパスを全てカットしてきた。
 更に時おり繰り出してくる不思議なフェイント……あんな技を私は見たこともなかった。

 対峙していただけゾッとする選手であった。
 そしてプレイしているだけで、心が踊る相手であった。

 その上まだ11歳のジュニアだと言うのだから、馬鹿げた話である。
 14番が成長していったら、どんな化け物に完成するか想像もできない。

「また14番か? 映像が残っていたら、見てみるよ。はっはっは……」

 スカウトマンはまたジョークで高笑いしていた。
 この分では映像を探すことすらしないであろう。

 まあ、私を見出してくれたことには感謝している。これ以上は何も言わないでおこう。

(そうだ。彼のユニフォームは、大事にしておこう)

 初戦の試合後にユニフォーム交換をしてもらった。
 私がユニフォーム交換をしたのは、人生で初めてであった。
 それほどまでに、14番のことが凄い選手だと敬意を払っていたのだ。

(彼とは、また戦うことがあるだろう……)

 14番は各スカウトマンたちの目に止まりにくい選手である。

 だが、いつかは世界の大舞台に出てくるであろう。
 その時、彼と対戦できることを、私は楽しみしておくのであった。







私の書籍化作品【オレの恩返し ~ハイスペック村づくり~】の方が、新章スタートしました。
https://ncode.syosetu.com/n2354di/144/
そちらも、どうぞお気軽にご覧下さい。

こちらは書き終えているので、毎日更新となります。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ