挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/68

第36話:国際試合の後

ピッピー!

 試合終了のホイッスルが、国際スタジアムに響き渡る。
 直後、満員の観衆から歓声が上がる。

「ふう……3対2か。何とか、勝てたな」

 スタジアムの大型掲示板を見ながら、ピッチにいたオレ感慨にふける。
 前半は0対2で負けていた。
 それを後半の45分間で、なんと逆転の成功したのだ。

「それにしても、凄い大歓声だな……」

 後半の見事な逆転劇に、観客は大興奮していた。
 果敢に攻め続けた日本代表に、称賛の声を送ってきた。

 何を言っているか、言葉は分からない。
 だがサッカーの熱気に国境はない。観客の称賛の声が、確かに伝わってくる。

「いや……それにしても、疲れた試合だったな……」

 オレは倒れ込みそうになる。それを気力で必死に抑える。

 後半の45分だけの出場だったが、自分の体力の全てを消費していたのだ。
 残り体力は2%といったところであろう。かなりキツイ。

 本当はこのまま芝生の上に、寝転がりたい。
 だが今のオレは世代別とはいえ日本代表。この胸の日の丸にかけて、無様に倒れ込む訳にはいかなった。

 それに、もうすぐやってくる“津波”に対抗するため、ここに倒れ込む訳にはいかないのだ。

「やったなー、コータ!」
「凄かったぞ、野呂!」
「マジよ、コータ!」

 きた!

 勝利に興奮したチームメイトが、駆け寄ってきた。
 立ち尽くしていたオレに、全力でダッシュしてくる。
 オレの背中と頭を、全力でバンバン叩いてくる。

 4歳も年上の中学生の力は、半端なく痛い。
 この叩く行為は、サッカー業界の祝いの儀式なのであろうか?
 いつもオレは叩かれていた。

「いてて……ボクは守備とパスを頑張っただけです。逆転できたのは、皆さんのお蔭です……いてて……」

 謙虚に答えても、祝いの儀式は容赦ない。
 チームメイトたちは興奮して、聞く耳をもたなかった。
 彼らもスタジアムの熱気に、影響されていたのかもしれない。

「み、みなさん、冷静に。整列をして挨拶を……」
「おっ、そうか!」
「よし、後でまたな、コータ!」

 試合後は観客や審判、関係者に向かって挨拶をしないといけない。
 オレの言葉にチームメイトは冷静に戻る。
 だが、その様子では、後でまた祝福の激があるのであろう。頑張って耐えないと。

「「「ありがとうございました!」」」

 試合後、両チームの選手は観客と、審判に向かって挨拶をする。
 その後は、この外国まで応援に駆けつけてくれたサポート団にも、挨拶に向かう。

 国際A代表とは違い、U-15世代別の日本代表はマイナー。応援に来てくれるサポートの数も、正直なところ少ない。

 それでもサポーターの応援は、このスタジアムに響いていた。
 彼らの日本語の応援があったからこそ、オレたちも最後まで戦えたのだ。
 日本代表のサポーターに向かってに、オレは深々と頭を下げる。

 ふう……これで試合は終わりか。
 ようやく少しだけ冷静になってきた。

『ヘイ、日本ジャパン14番!』

 そんな時である。
 日本代表でも14番な人……オレは英語で、誰かに話かけられる。

 いったい誰だろう?
 今ここには関係者と選手しかいないのに?

「あっ、君は……」

 声をかけてきたのは、相手のエースの選手であった。
 オレが後半45分間、ずっとマンマークに付いていた相手だ。

 もしかしたら怒っているのかな?
 オレとヒョウマ君の影響で後半、彼は無得点だった。そのせいで彼の国も負けてしまったのだ。

『ナイスプレイだった、14番。君の名前は?』
『ボクの名前はコータ・ノロです』
『コータか……ところで、コータは小さいけど何歳だ? まさか13歳か?』
『いえ、ボクは11歳です』
『オー、なんと⁉ ワンダーボーイだったのか⁉ そうだ、オレとユニフォーム交換をしてくれ!』
『ユニフォーム交換を? はい、ボクでよければ、どうぞ』

 こんな感じの流れで相手のエースの人と、ユニフォームをすることになった。
 身長差がありすぎて、大人と子どものサイズ差の交換会だった。

『また、いつか戦おう! コータ・ノロ!』
『はい、また!』

 相手の人は怒っていなかった。
 それどころか『ナイスプレイ!』と、オレのことを褒めてくれたのだ。

 やはりサッカーには国境の壁はないのかもしれない。
 思っていたよりも良い人だった。感動した。

 あっ!
 そういえばユニフォームにサインを、貰うのを忘れていた。

 あの人は将来的に、ヨーロッパリーグの有名選手になる予定の人だ。
 そんな凄い人のU-15時代の。しかも代表デビュー戦のユニフォームを、オレは貰ったのだ。

 サインがついたら将来的に、更に価値が上がること間違いない。
 サッカーオタクのオレにはよだれモノのお宝だ。

「あっ、行っちゃったか……もうサインは無理か」

 いつの間にか競技場から、去っていなくなっていた。
 またいつか出会う時があれば、サインを貰えるといいな。
 今度はサインペンをベンチに忍ばせておこう。

「おい、コータ……」
「お前、英語を話せたのか?」
「それにかなりペラペラだったぞ……」

 日本代表のチームメイトが驚いていた。
 オレがさっきの会話を聞いていたのであろう。

 前世で社会人だったオレは、海外の仕事も担当していた。そのお陰で日常英会話は覚えていたのだ。

 だが今のオレは地方の小学生5年生。これは失態だった。
 何とかしてごまかさないと……。

「えーと、ボクは海外のサッカー動画を見ていたら、英語は覚えました……」

 とりあえず、そう言ってごまかしておく。
 チームメイトたちは首をかしげるながら、納得していた。

 危ない、危ない。
 つい英語を使ってしまった。
 今度からは気を付けよう。

「よし、ロッカールームに戻るぞ!」
「「「はい!」」」

 監督から声が飛んできた。
 浮かれるのはここまでだ。

 今回の国際試合は明日からも、2日間続いていく。
 今日の反省会をしながら、次の試合に向けて準備をしていくのだ。



 その後のことである。
 ロッカールームで代表監督は上機嫌であった。
 後半戦の戦術変更とポジションチェンジについては、特に突っ込まれなかった。

 むしろ、見事なほどの作戦変更を、監督も褒めてきた。

「えーと、あれはチームメイトの皆で考えたお蔭です」

 監督には、オレの方から上手く説明をしておく。大人たちにはオレの作戦ことは、内緒にしておいたのだ。

 これはキャプテンや他の選手たちと相談したことだった。
 なんかあった時に“小学生5年生一人に責任を負わせない!”そんな年上の優しさに、オレは守られていたのだ。

「あと今回の勝利は、監督のお陰です」

 最後に監督にも、花を持たせておく。
 マスコミ的には今回の勝利は、監督采配ということにした。
 これで監督も更に上機嫌になる。

 日本サッカー業界の中では、監督も中間管理職である。
 逆転勝利という花を持たせてあげると、今後もやりやすいであろう。

「よし、明日以降の試合も、今日のシステムでいく!」
「「「はい、監督!」」」

 上機嫌の監督は、今日のオレの作戦を気にいってくれたようだ。
 大会の残り2試合も、同じシステムを採用してくれた。

(これで歴史が前より、良い方に変わっていくかな……?)



 オレのその予想は見事に的中していく。
 残りの2試合も、日本代表は勝利することができたのだ。

 前世ではこの大会では“0勝2敗1引き分け”だった。
 それを今世では“3勝0敗”という好成績に変えられたのだ。

 “初戦で勝てた勢い”+“この年代別の本来の力の覚醒”

 この強い二つの力で、“どん底世代”になる運命を回避することができたのだ。
 本当によかった。

「チョット、いいデスか?」

 三試合目が終わってホッとしていた、その時である。
 競技場のトイレか出てきたオレに、話しかけてきた大人がいた。
 片言の日本語で、いったい誰だろう?

「あ。あなたは」

 振り向いた先にいたのは、サングラスをかけた白人系の外人である。
 ヒゲも真っ白なおじいちゃんである。

「あなたは、去年の全国大会の……」
「オー、覚えてイタノデスカ? うれしいデス!」

 その人は去年の全国大会で出会った老人であった。
 閉会式の後に話をした人である。

「私はアナタの3日間のプレイに、感動シマシタ!」
「見ていたんですか? それはありがとうございます!」

 そういえば、この人はオレのファンだった。
 今回のU-15でのプレイのことを、凄く褒めてくれる。

「あなたのプレイのお蔭で、U-15ジャパンのプレイは大きく変わりマシタシタ! 選ンダ私の目に、狂いはナカッタデス!」

 かなりのサッカーマニアなのであろう。
 誰に気が付かない、オレの地味なプレイまで褒めてくれる。

 やっぱりヨーロッパのサッカーファンは、試合を観る目が肥えているのかもしれない。
 話しているだけで、オレも上機嫌になってきた。

「何か、困ったことがアレば、いつでも私に連絡してクダサイ!」
「メアド? はい、外国で困ったことがあれば、メールで相談します」

 老人はメールアドレスが書いた紙をくれた。
 オレも自分のアドレスを渡して、連絡先を交換する。
 サッカー選手たるもの、ファンも大事にしないといけない。

「じゃあ、ボクは戻るので。またね、オジイちゃん!」

 そろそろロッカールームに戻らないといけない。
 陽気なサッカーファンの老人に挨拶して、オレは戻っていく。

 それにしても、こんなU-15のアジア大会まで観戦に来るとは、本当にサッカー好きなんだろうな。
 サッカーについても詳しいみたいなので、オレも話しているだけで楽しい気分になる。

 あれ?

 でも、さっきのトイレは関係者以外は立ち入り禁止の場所。
 どうやって入ってきたのかな?
 あの人の後ろに、スーツを着た日本人の付添人がいたような気がするけど。

 それに『選んだ私の目に、狂いはなかったです』って言っていたけど、あれはどういう意味だったんだろう?
 もしかしたらサッカー協会の関係者だったのかな。

 それにサングラス下のあの顔は、どっかで見たきがする。
 前世のTV番組で視たような気がする……

 うーん。
 でも思い出せない。

 まっ、いっか。
 また、どこかのスタジアムで会えるかもしれない。
 その時にでも聞いてみよう。

 そんな感じでオレは代表メンバーに合流するのであった。



 そして月日は流れ11月になる。
 この月にもアジアで国際親善試合があった。

 連続してオレとヒョウマ君は召集された。
 前回の反省では二人ともスタミナ的に、まだ90分のフル出場をすることは出来なかった。
 だが親善試合でも後半の45分。オレたちは切り札として出場できた。

 こんな感じでU-15の新しいシステムは順調に進んでいた。
 国際試合で勝利を重ねて、選手たちにも自信が付いていく。

 すでに前世での泥沼による悪循環はもうない。
 連勝による好循環で、全員が大幅に成長していった。

 いつの間にか、このU-15は“サンシャイン世代”と呼ばれていた。
 歴史は大きく明るく変わっていたのだ。

 そんな11月の国際親善大会も、順調に終わろうとしていた。

「ふう、ヒョウマ君、お疲れさま!」
「ああ。コータ、お前もな」

 今日の試合も無事に勝てた。
 遠い異国の地でオレは、ヒョウマ君と勝利の美酒を分かち合う。

「ボクたちU-15は一応、今日の試合で終わりだよね?」
「ああ。来年はどうなるか、新監督次第だ」

 今年のU-15の全ての試合スケジュールは、先ほど無事に終わった。
 代表メンバーはここで一度解散となる。

 来年のU-15の監督は、新しい別の人が決定していた。
 オレとヒョウマ君が、世代別の代表に召集されるかは、今のところ不明。新監督のシステム次第だった。

「あそっ⁉ そういえば、ヒョウマ君。日本でも試合が終わっている頃だね!」
「県大会の決勝戦か? ああ、そうだったな」

 オレたちのチームのリベリーロ弘前ひろさきは、なんと県大会の決勝戦まで勝ち進んでいたのだ。

 先月の10月の地区大会は、無事に優勝していた。
 最後の難関。全国大会への切符を勝ち取るため今日まさに、県大会の決勝戦に挑んでいたのだ。

「ちょっと、メールを見てみるね!」

 父親から借りていた、タブレットを起動する。
 試合を応援に行っているオレ親から、県大会の結果の連絡が入っているはずだ。

「大丈夫かな……あおいたち……」

 ドキドキしながらメールを選択する。
 2ヶ月前のオレの予想では、チームが県大会で優勝できる確率は50%であった。

 オレとヒョウマ君抜きの試合結果を見るのが、本当に心臓に悪い。
 もしも負けていたら、どんな顔で帰国すればいいのか。

「大丈夫、コータ。仲間を信じろ」
「そうだね……チームの皆は、2ヶ月前から、何倍も成長していたからね!」

 ヒョウマ君の言葉に勇気を貰う。
 そうだ。リベリーロ弘前は本当に強くなった。
 オレは勇気を出してメールを開く。

「あれ? 文章が無いな? 添付写真が一枚だけ?」

 メールは無題の白紙本文だった。
 少し嫌な予感がする。
 オレは添付された1枚の写真を、更に開封する。

「あっ、これは……そういう、ことか。みんな、いい笑顔だね、ヒョウマ君」

 写っていたのは、チームメイトの集合写真だった。
 県大会の優勝のトロフィーと賞状を持って、満面の笑みを浮べている仲間だった。
 妹の葵が中心になって、全員で写っている。

「ああ。頼もしい仲間たちの笑顔だな」

 リベリーロ弘前は全国大会への切符を、無事に手に入れていた。
 ヒョウマ君とオレ抜きでも、県大会で優勝したのだ。

「さあ。我がチームに帰ろう、ヒョウマ君!」
「ああ、そうだな」

 こうして初の代表の日々は終了となる。
 日本で待っている仲間の元に、オレたちは戻るのであった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ